注目の記事 PICK UP!

「ファンタスティック・フォー」新連載が遂に開始。MCU合流への布石となるか

「ファンタスティック・フォー」の新連載開始で高まる期待

三年ぶりの連載開始

マーベルの人気ヒーローチーム、「ファンタスティック・フォー」の新連載が始まった。米時間の8月8日に『Fanstastic Four #1』が刊行され、アメコミファンは盛り上がりを見せている。2015年以来、三年ぶりの連載となる。ファンタスティック・フォーは、1961年にスタン・リーとジャック・カービーが生み出した4人組のヒーローチーム。今年で同シリーズの誕生から57年を数えることになったが、「ファンタスティック・フォー」の連載再開が注目を集めている背景には、ある特別な理由が存在している。

これまでに4度の映画化

「ファンタスティック・フォー」は、アメリカで根強い人気を誇るタイトルだ。「正体を隠さないヒーロー」として、その後のヒーロー作品にも大きな影響を与えた。これまでに4回も映画化 (劇場未公開のものも含む) されている。

いずれも高い評価を得られない結果となりながらも、繰り返し実写映画化されてきた。裏を返せば、それだけ期待度が高く、愛されている作品だということだ。では、ここにきて「ファンタスティック・フォー」の新連載が注目されている理由はどこにあるのだろうか。

MCU合流へ向けて高まる期待

その理由は、やはり映画化と結びついているようだ。これまで、同シリーズの映画化の権利を握っていたのは20世紀フォックス。マーベルスタジオが主導するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)には組み込まれていない。
だが、昨年末になり、マーベルの親会社であるディズニーによる20世紀フォックスの買収話が浮上。7月中旬には、同じく20世紀フォックスの買収を目指していたケーブルテレビ大手のコムキャストが、ディズニーとの争奪戦から撤退することを発表した。いよいよディズニーによる20世紀フォックス買収が現実味を帯び、ファンの間では、20世紀フォックスが権利を保有する「X-MEN」や「ファンタスティック・フォー」といった作品のMCU合流も期待されている。今回の新連載開始についても、MCUへの合流を目指した土台作りとする見方も広がっており、これまでに無い大きな注目を集めているということだ。
前回の連載時にはジョシュ・トランク監督による映画『ファンタスティック・フォー』(2015)も公開されている。今回の連載がMCUにとってどのような意味を持つのか、引き続き注視しよう。

– Thumbnail –
via: ©2018 MARVEL

関連記事

  1. ブラックパンサーの「紫」に込められた意味とは? 「色」から見えるストーリーの裏側

  2. 実はアニメオタク!?『ブラックパンサー』のキルモンガー役で話題をかっさらったマイケル・B・ジョーダン…

  3. 『ニンジャバットマン』が6/15(金)に公開!日本のアニメスタジオが10年ぶりに手がけるバットマン

  4. アメコミと猫【ヒロイン編~二人の”キャット”とアメリカ女性史~】

  5. アメコミの会社に詳しくなろう! 【DCの歴史編】

  6. アメコミヒーロー映画とスーツ 【DCヒーロー達のスーツ事情】

  7. W杯にワカンダ代表!? NYのデザイナーが『ブラックパンサー』を題材にしたユニフォームデザインを公開…

  8. アメコミヒーロー映画とスーツ 【マーベルヒーロー達のスーツ事情】

  9. 山寺宏一氏「ニンジャバットマンは歴史を変える作品になる」。続編製作の可能性も

PAGE TOP