山寺宏一氏「ニンジャバットマンは歴史を変える作品になる」。続編製作の可能性も

via: © 2018 Warner Bros. Entertainment All rights reserved.

グローバルクラウン

「日本のバットマン」が遂に封切り!

6月15日(金)、日本のアニメーションスタジオが手がけたアメコミ戦国絵巻、『ニンジャバットマン』が、いよいよ劇場公開された。翌16日(土)には、東京・新宿ピカデリーなどで製作陣と声優陣による公開記念舞台挨拶も開催された。この舞台挨拶の直前には、ワーナー・ブラザース・ジャパンの公式Twitterにて特別番組「#ニンジャバットマンだけど何か質問ある?」の配信が行われ、アニメーションを手がけた神風動画の水崎純平監督、脚本の中島かずき氏、キャラクターデザインを担当した岡崎能士氏、声優でバットマンを演じた山寺宏一氏、ジョーカー役の高木渉氏が登場した。山寺氏は、『ニンジャバットマン』を「色んな意味で歴史を変える作品になるんじゃないか」と絶賛。続編製作の可能性についても言及され、山寺氏、高木氏による公開アテレコも実施されるなど、サービス精神に溢れた内容で『ニンジャバットマン』の魅力を伝えた。

「妥協は死」を標語に作り上げた作品

番組中には、水崎監督から、「妥協は死」を標語に掲げる神風動画の製作に対する強い想いが語られた他、今年3月に米アナハイムで開催されたワールドプレミアの映像も公開された。この映像では、アメリカのアメコミファン達が『ニンジャバットマン』を絶賛する声も収められており、海外での評価も上々のようだ。前回の記事でもお伝えした通り、現時点(2018年6月)で、『ニンジャバットマン』が劇場公開されるのは日本のみ。日本のアニメファンとアメコミファンにとっては、映画館のスクリーンで同作を体験できるまたとないチャンスなのだ。

続編の可能性は?

『ニンジャバットマン』では、バットマンやジョーカーといったDCコミックスのおなじみのキャラクターたちが戦国時代の日本へタイムスリップ。歴史改変を企むヴィランとそれを阻止しようとするバットマンの戦いを描く。日本のアニメーション作品でありながら、アメコミ映画でもあり、時代劇でもある、歴史的に見ても異質な作品だ。山寺氏は、『レゴバットマン ザ・ムービー』(2017)でもバットマン役を演じていた為、『ニンジャバットマン』の話を受けた当初は、「レゴバットマン」シリーズの新作だと思っていたと告白。それほど突拍子もない設定でありながら、一級品のエンターテイメント作品に作り上げた。出演者、製作陣一同が次回作の製作に意欲を見せており、番組終盤には、高木氏が続編製作につなげる為にも劇場に足を運ぶようファンに呼びかけるシーンも。興行成績によっては次回作の制作もありそうだ。
同番組は、ワーナーブラザーズ公式にて、7月まで公開中。本編をチェックした人も、まだの人も、特別番組をチェックして、『ニンジャバットマン』を更に楽しもう。


『ニンジャバットマン』は新宿ピカデリーほかにて公開中。

『ニンジャバットマン』公式サイト

– Thumbnail –
via: Warner Bros. BATMAN and all related characters and elements ©︎ & ™️ DC Comics. ©︎2018 Warner Bros. Entertainment All rights reserved.

VG+編集部

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. アメコミと猫【ヒーロー編~二人のキャットマン~】

  2. 『バットマン:ホワイトナイト』作者が語る“コミックと政治” 「同意しない信条も描かなきゃいけない」

  3. 「X-MEN」ストームの単独作品をSF作家ネディ・オコラフォが執筆? 本人は乗り気

  4. アメコミの会社に詳しくなろう! 【DCの歴史編】

今週の人気記事

新着記事

オススメの記事

PAGE TOP