トランプの「国に帰れ」発言にSF作家達も怒り「みんな、大統領はレイシストです」

トランプの発言に怒り

トランプ大統領が差別ツイート

ドナルド・トランプ米大統領の差別発言が、多くの人々を傷つけている。トランプ大統領は7月14日(日)、アレクサンドリア・オカシオ=コルテス下院議員を含む非白人の民主党女性議員へ向けて「出身国へ帰り、自国の腐敗した政府を立て直せ」という内容のツイートを投稿。これに対してオカシオ=コルテスは、「大統領、私たちの出身国と、忠誠を誓っている国はアメリカ合衆国です」と反論した上で、「しかし、あなたが国境を破壊し、非人道的なキャンプを作り出し、それによってあなたと企業群が利益を得ているのを見れば、足元に腐敗があるというあなたの主張は全く正しい」と皮肉った。トランプの非白人の女性議員を狙った差別発言は、男性議員には向けられていないことから、性差別であるとする批判も起きている。

台湾系SF作家は悲痛ツイート

ずっと「自国に帰れ」と言われ続けてきた

米国市民である民主党女性議員に対する「国へ帰れ」発言の影響は、様々なルーツを持つ人々に波及している。『Time Salvager』(2015) で知られる台湾系SF作家のウェズリー・チュウはトランプの差別発言を受けて、差別を受け続けてきた自身の人生を振り返り、悲痛な思いをツイートした。

私は、この人生において、ずっと「自国に帰れ」と言われ続けてきました。ネブラスカ州で育った時もそうでした。シカゴで働いていた時も。Twitter上でもそうでした。今、ホワイトハウスまでもがそう言っているようです。

変わらない点は、そのようなことを言うのはいつも無知な人間だということです。

大統領からの差別

台湾生まれのウェズリー・チュウは、6歳の頃にアメリカに移住。イリノイ大学を卒業後、俳優やスタントマンとして活躍し、2011年に『The Lives of Tao』で作家デビューを果たした。2015年には同作が評価され、ヒューゴー賞授賞式で発表されるジョン・W・キャンベル新人賞を受賞、小説『Time Salvager』は出版前にマイケル・ベイ監督による実写映画化が決定したことも報道されていた。
SF作家として結果を残しても、社会から差別を受けるどころか、遂に大統領から差別を受ける時代に。ウェズリー・チュウは更に、「自分たちは標的になっていない」という理由から、比較的トランプへの支持率が高かったアジア系アメリカ人コミュニティに、「国へ帰れ」発言の是非を問うた。

SF作家らが次々発信

「大統領はレイシストです」

声をあげた作家はウェズリー・チュウだけではない。ファンタジー作家のマイク・コールは、トランプの発言を明確に「人種差別」と批判しないマスコミの報道姿勢を揶揄し、『老人と宇宙』(2005) で知られるSF作家のジョン・スコルジー「みんな、大統領はレイシストです」とツイート。黒人女性作家のN・K・ジェミシンは、月曜日に「他者を助け、レイシストウジ虫野郎の弾劾を要求する新たな一週間の準備はできていますか? もちろんですよね! 新鮮な果物を食べてくださいね。食物繊維なしではファシズムと戦うことはできません」と投稿した。

『GOTHAM/ゴッサム』俳優も

DCドラマ『GOTHAM/ゴッサム』で主役のジム・ゴードン役を演じたベンジャミン・マッケンジーは、二週間ぶりのツイートを投稿。「それで……まだ大統領がレイシストかどうかについて議論してるんですか? それとも、もうそう呼んでいい?」と、差別発言に対して煮え切らない態度のメディアや世間に問いかけた。ベン・マッケンジーは、以前よりトランプ政権に対して批判的な態度を示している。

日本では7月21日(日)に参議院選挙を控え、俳優や有名人による政治的なツイートが増加している。良い傾向ではあるが、普段から政府や政治家の言動に目を光らせ、発信していくことにも大きな意義があるだろう。

Source
Wesley Chu Twitter / John Scalzi Twitter / N.K.Jemisin Twitter / Ben McKenzie Twitter / Myke Cole Twitter

齋藤 隼飛

齋藤 隼飛

VG+編集長。1991年生まれ。
社会保障/労働経済学を学んだ後、アメリカはカリフォルニア州で4年間、教育業に従事。アメリカではマネジメントを学ぶ。名前の由来は仮面ライダー2号。
編著書に『プラットフォーム新時代 ブロックチェーンか、協同組合か』(社会評論社)。
お問い合わせはコチラから

関連記事

  1. ディズニー最新作『マレフィセント2』 ScreenX版 特別映像が到着!

  2. メディアを超えていくSF作家たち——ジェミシンはアメコミ原作、劉慈欣は映画脚本を執筆へ

  3. ジェームズ・ガン監督解任、スカヨハ降板…デップー2、ハン・ソロに垣間見える「ポリコレ疲れ」と、ファン…

  4. 【リポート】ゲンロンSF創作講座 大森望、藤井太洋、溝口力丸がSFの現在を語る

今週の人気記事

新着記事

今月の人気記事

PAGE TOP