『ワンダヴィジョン』最終話と『ラーヤ』でアクセス集中か 世界的にDisney+の表示に問題との報告 | VG+ (バゴプラ)

『ワンダヴィジョン』最終話と『ラーヤ』でアクセス集中か 世界的にDisney+の表示に問題との報告

Disney+

Disney+でアクセスに問題

Disney+の人気ドラマ『ワンダヴィジョン』の最終話にあたる第9話の配信が日本時間の2021年3月5日(金)よりスタートする予定だったが、世界中でDisney+にアクセスできないとの報告が相次いでいる。この日は、ディズニーアニメ映画最新作『ラーヤと龍の王国』の配信開始も同時刻の午後5時に設定されており、世界的にアクセスが集中した結果と見られる。

『ラーヤと龍の王国』は3月5日に劇場公開されると同時に、2980円 (税抜) を追加で支払うことで視聴できるDisney+プレミアアクセスでオンライン配信される予定になっていた。『ワンダヴィジョン』を巡っては、2月19日の第7話配信の際にも一部デバイスで再生ができないというエラーが発生し、Disney+公式が謝罪を行なっていた。

『ワンダヴィジョン』はMCU最新作となる連続ドラマで、1月15日より毎週最新話を公開してきた。パンデミックに見舞われた2020年はMCU作品の公開がなく、ファンにとっては『スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム』(2019) 以来の新作。『ラーヤと龍の王国』も『アナと雪の女王2』(2019) 以来のディズニーアニメ最新作とあって期待が高まっていた。また、主人公ラーヤの声を「スター・ウォーズ」続三部作でローズ役を演じたケリー・マリー・トランが担当することになり、話題となっていた。

17時28分、ディズニープラス公式はTwitterアカウントにて「アプリが起動しない」「齋藤隼飛が正しく表示されない」という事象が発生していることを報告し、謝罪した。

また、米Hollywood Reporterも同様に英語圏におけるこの事象を報じている。

追記:3月5日(金)17時45分ごろより、アクセスが復旧した模様。

配信プラットフォームでのドラマ配信では、Amazonプライムの『ザ・ボーイズ』第7話が日本でのみ一時削除され、話題となったこともあった。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 第56回ネビュラ賞発表! 長編部門はマーサ・ウェルズ「マーダーボット・ダイアリー」最新作、ゲーム部門は『Hades』 (受賞リスト掲載)

    2. 2021年ヒューゴー賞最終候補発表 SF最高賞 特設のゲーム部門に『あつ森』『FF7リメイク』

    3. コロナ禍に“SFマスク”で注目を浴びた“中央町戦術工芸” 未踏領域に挑戦する グラフィックデザイン×機械工芸サークルのこれから

    4. 『うる星やつら』の高橋留美子がアイズナー賞「コミックの殿堂」に—ラブコメにSFを取り入れた開拓者