2023年ヒューゴー賞発表 T・キングフィッシャーのNettle & Boneが長編小説部門受賞 | VG+ (バゴプラ)

2023年ヒューゴー賞発表 T・キングフィッシャーのNettle & Boneが長編小説部門受賞

©︎The Hugo Award, Tor Press

ヒューゴー賞2023発表!

現地時間2023年10月21日(土)、世界SF大会(ワールドコン)に参加するSFファンによって選ばれるSF賞・ヒューゴー賞の授賞式が、中国・成都で開催されている第81回ワールドコンで行われた。

2022年の発表作品のうち40,000語以上のものを対象としたヒューゴー賞の長編小説部門には、T・キングフィッシャーのNettle & Boneが選ばれた。ジョン・スコルジーの『怪獣保護協会』(内田昌之訳、早川書房)や、『宇宙へ』(酒井昭伸訳、早川書房)のメアリ・ロビネット・コワルの新作を抑えての受賞となった。

キングフィッシャーの作品は、日本ではネビュラ賞、ロードスター賞など5賞を受賞した『パン焼き魔法のモーナ、街を救う』が原島文世訳で早川書房より刊行されているほか、別名のアーシュラ・ヴァーノン名義で執筆した作品もヒューゴー賞・ネビュラ賞を受賞している。本年は中長編部門にもキングフィッシャーの作品であるWhat moves the Deadがノミネートされていた。

¥1,287 (2024/06/20 23:32:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

17,500〜39,999語の作品が対象であるヒューゴー賞中長編小説部門に選ばれたのは、ショーニン・マグワイアのWhere the Drowned Girls Go。昨年のヒューゴー賞シリーズ部門受賞作で、東京創元社より原島文世訳で刊行されている〈不思議の国の少女たち〉シリーズの最新作だ。

¥924 (2024/06/20 23:32:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

7,500〜17,499語の作品を対象とした中編小説部門は中国の作家海漄(Hai Ya)による“时空画师 (The Space-Time Painter)” が受賞。中国のSFアンソロジーシリーズ〈银河边缘(Galaxy’s Edge)〉の第9巻に収録されている。

ヒューゴー賞中編小説部門を受賞した海漄。プレゼンターは劉慈欣が務めた。

7,499語以下の作品が対象となるヒューゴー賞短編小説部門にはSamantha Millsの“Rabbit Test”が選ばれ、ネビュラ賞、ローカス賞、シオドア・スタージョン記念賞の各短編部門とあわせて4冠を達成。

 

ヒューゴー賞シリーズ部門にはエイドリアン・チャイコフスキーによる〈時の子供たちシリーズが選ばれた。シリーズ部門は3作品以上かつ24万ワード以上が発表され、対象年中に新作が刊行されたシリーズが対象になる。本シリーズ第1作の『時の子供たち』は内田昌之訳で竹書房より刊行されている。


¥891 (2024/06/20 23:32:38時点 Amazon調べ-詳細)

 

グラフィックストーリー部門はCyberpunk 2077: Big City Dreamsが受賞。同名RPGゲームのコミカライズで、同世界線のアニメ『サイバーパンク・エッジランナーズ』脚本や『ウィッチャー』コミックシナリオなどを手がけるBartosz Sztyborがシナリオを執筆している。

 

長編映像部門には『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』短編映像部門には『エクスパンス-巨獣めざめる-』シーズン6最終回「バビロンの灰」が選ばれている。



映像部門の発表前には映画『流転の地球』のフラント・グォ監督が登場した。

また、短編部門の受賞作Rabbit Test by Samantha Millsの掲載誌であり、セミプロジン部門(半商業誌)を受賞したUncanny Magazineに関連して、同誌掲載作の“The Desert Glassmaker and the Jeweler of Berevyar”(邦題「砂漠のガラス細工と雪国の宝石」)が Kaguya Planet に翻訳が掲載されている。

2023年のヒューゴー賞受賞作および受賞者は以下の通り。

2023年 ヒューゴー賞受賞作/受賞者一覧

長編小説部門

  • Nettle & Bone, by T. Kingfisher (Tor Books)

中長編小説部門

  • Where the Drowned Girls Go, by Seanan McGuire (Tordotcom)

¥2,424 (2024/06/20 23:32:40時点 Amazon調べ-詳細)

¥924 (2024/06/20 23:32:36時点 Amazon調べ-詳細)

中編小説部門

  • “时空画师 (The Space-Time Painter)”, by 海漄(Hai Ya)  (Galaxy’s Edge, April 2022)

短編小説部門

  • Rabbit Test”, by Samantha Mills (Uncanny Magazine, November-December 2022)

シリーズ部門

  • Children of Time Series, by Adrian Tchaikovsky (Pan Macmillan/Orbit)


¥891 (2024/06/20 23:32:38時点 Amazon調べ-詳細)

関連書籍部門

  • Terry Pratchett: A Life With Footnotes, by Rob Wilkins (Doubleday)
¥4,915 (2024/06/20 23:32:42時点 Amazon調べ-詳細)

グラフィックストーリー部門

  • Cyberpunk 2077: Big City Dreams, by Bartosz Sztybor, Filipe Andrade, Alessio Fioriniello, Roman Titov, Krzysztof Ostrowski (Dark Horse Books)
¥1,800 (2024/06/20 23:32:43時点 Amazon調べ-詳細)

長編映像部門

  • Everything Everywhere All at Once, screenplay by Daniel Kwan and Daniel Scheinert, directed by Daniel Kwan and Daniel Sheinert (IAC Films / Gozie AGBO)

短編映像部門 (90分以内)

  • The Expanse: “Babylon’s Ashes”, written by Daniel Abraham, Ty Franck, Naren Shankar, directed by Breck Eisner (Alcon Entertainment)

短編編集者部門

  • Neil Clarke

長編編集者部門

  • Lindsey Hall

プロアーティスト部門

  • 赵恩哲(Enzhe Zhao)

セミプロジン部門 (半商業誌)

  • Uncanny Magazine, publishers and editors-in-chief: Lynne M. Thomas and Michael Damian Thomas; managing/poetry editor Chimedum Ohaegbu; managing editor Monte Lin; nonfiction editor Meg Elison; podcast producers Erika Ensign and Steven Schapansky.

ファンジン部門(非商業誌)

  • 零重力报(Zero Gravity Newspaper), by 河流(RiverFlow)and 零始真(Ling Shizhen)

ファンアーティスト部門(非商業アーティスト)

  • Richard Man

ファンライター部門(非商業ライター)

  • Chris M. Barkley

ファンキャスト部門(非商業オーディオ・ビデオ部門)

  • Hugo, Girl!, by Haley Zapal, Amy Salley, Lori Anderson, and Kevin Anderson

アスタウンディング新人賞

  • Travis Baldree

ロードスター賞(ヤングアダルト小説)

  • Akata Woman (The Nsibidi Scripts), by Nnedi Okorafor (Viking Books for Young Readers)
¥1,822 (2024/06/20 23:32:44時点 Amazon調べ-詳細)

ロードスター賞を受賞したンネディ・オコラフォー

長編小説部門の発表はロバート・J・ソウヤーがプレゼンターを務めた。

Source
The Hugo Awards

社会評論社
¥1,650 (2024/06/20 22:24:47時点 Amazon調べ-詳細)

社会評論社
¥1,650 (2024/06/20 14:34:50時点 Amazon調べ-詳細)



VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

関連記事

  1. 『ナイトランド・クォータリー』Vol.23は“怪談”特集!小説14編収録の「怪談【KWAIDAN】—Visions of the Supernatural」

  2. 『SF作家はこう考える』&『フェミニスト、ゲームやってる』刊行記念! 近藤銀河&金田淳子 対談レポート

  3. 執筆活動に関するアンケート集計結果

  4. マーベル公式チャンネルに東映版『スパイダーマン』登場! レオパルドンが戦うレア映像を公開