第78回 世界SF大会 CoNZealandが開幕——史上初のバーチャル開催、世界のSF関係者が集う【ワールドコン2020】 | VG+ (バゴプラ)

第78回 世界SF大会 CoNZealandが開幕——史上初のバーチャル開催、世界のSF関係者が集う【ワールドコン2020】

World Science Fiction Society

2020年の世界SF大会が開幕

ニュージーランド時間の2020年7月29日(水)、第78回目の世界SF大会 (ワールドコン) が開幕した。2019年のワールドコンは、アイルランドの首都ダブリンで開催され、今年は「CoNZealand」と題し、ニュージーランドのウェリントンで開催される予定だった。しかし、新型コロナウイルス感染症の拡大により、ワールドコン史上初のバーチャル開催となることが3月に発表されていた。7月29日にバーチャルで開幕したCoNZealandは、8月2日(日)まで開催される。

CoNZealandのチケット購入者は、世界中のSF関係者による計600以上の企画にDiscordやZoomを利用して参加できる。8月1日(土)に朝からお昼にかけては、SF最高賞の一つであるヒューゴー賞の受賞者/受賞作品の発表セレモニーも開催される予定だ。今回は初の試みとなるバーチャル開催という形になったが、家にいながらこの世界的なSFイベントに参加することが可能になった。

ワールドコンは第一回目が開催された1939年から続くSFイベントで、例年、日本からもSF関係者が参加している。2020年は小谷真理、藤井太洋、橋本輝幸、八島游舷をはじめ、日本から数多くのSF関係者らが企画に出演する予定だ。

CoNZealand Schedule

第78回世界SF大会 CoNZealandは7月29日(水)から8月1日(土)まで開催。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. “京都SFフェスティバル2018”開催 豪華出演者登場で立ち見も出る大盛況

  2. 【リポート】ゲンロンSF創作講座 大森望、藤井太洋、溝口力丸がSFの現在を語る

  3. 国内SFアンソロジー『Genesis 白昼夢通信』 現代SFを牽引する書き手が集結

  4. 「小松左京展」に幻の『新日本沈没』『日本沈没 1999』資料展示 関係者による新たな証言も