第一回『Kaguya Planet』読書会を開催します! | VG+ (バゴプラ)

第一回『Kaguya Planet』読書会を開催します!

マガジン『Kaguya Planet』の読書会を開催! 第一回は誰でも参加可能

ウェブマガジンKaguya Planetは、2024年4月にリニューアルオープンいたしました。また、マガジン『Kaguya Planet』の創刊号として、『Kaguya Planet vol.1 気候危機』を紙と電子書籍で刊行いたしました。これに伴って、最新のマガジン『Kaguya Planet』を読んで感想をシェアしあう読書会を発足いたします!『Kaguya Planet vol.1 気候危機』を読む初回の読書会は4月29日(月・祝)18時〜。開催方法はZoomです。

4月29日に開催を予定していた読書会ですが、キュレーターの堀川夢さんの体調不良により、5月26日(日)18時〜に変更いたしました。無料で参加できますのでぜひご参加ください!

『Kaguya Planet vol.1 気候危機』刊行

マガジン『Kaguya Planet』の創刊号は特集「気候危機」です。気温上昇、海洋汚染、エネルギー問題など、地球環境と人間や生物たちに大きな影響を及ぼしている気候変動。身近な生活の中でも感じられるほどの変化が顕在化し、早急な改善や解決が叫ばれる一方、さまざまな社会問題と絡み合っている複雑な問題でもあります。気候ききをテーマにしたSF短編小説のほか、テーマにまつわるレビューやコラムを収録しました。フィクションや批評を通して、気候危機が抱える〈交差性〉の一端をのぞき見てみませんか。

『Kaguya Planet vol.1 気候危機』
⚫︎小説
化野夕陽「春の魚」
津久井五月「われらアルカディアにありき」
エラ・メンズィーズ「雨から離れて」(川崎遥佳訳)
⚫︎ブックレビュー
堀川夢 アンナ・カヴァン『氷』
⚫︎コラム
鯨ヶ岬勇士「バルタン星人と気候危機〈二〇億三〇〇〇万人の移住〉」
齋藤隼飛「気候危機の時代のSF映画」
⚫︎インタビュー
ゲーム『Rise of the Ronin』英語版 高杉晋作役 声優・リック・クマザワ
映画『ペナルティループ』監督・荒木伸ニ 俳優・山下リオ
⚫︎PICK UP  『流転の地球 ─太陽系脱出計画─』コラムサイズ:A5
ページ数:64ページ
一般価格:1650円(税込)
ISBN:978-4-911294-00-0

『Kaguya Planet』は、Kaguya Planetのベーシック(年間)会員の方にPDF版を、そしてプレミアム会員の方にはPDF版と紙版をお送りしております。Kaguya Planetの会員に登録すると年に4回マガジンが届く他、お得な特典が複数ありますので、これを機にぜひご登録ください。Kaguya Planetについて詳しく知りたい方はこちらから。

Kaguya Planetのサイト

また、オンラインストアにて、マガジン単体での販売も行っております。オンラインストアでは、1500円(税込1650円)+送料でマガジンの各号を販売しております。

オンラインストア

マガジンをより楽しめる読書会に

読書会のファシリテーターを担うのは、Kaguyaの編集者/ブックキュレーターである堀川夢さん。読書会では、Kaguya Planetおよびマガジン『Kaguya Planet』を一つのテーマに沿って創作、批評、ブックレビューと様々なジャンルの文章が集められたアンソロジーとして読み、感想や新たな視点をシェアし合います。

通常はKaguya Planetの有料会員の方と、読書会のチケットを購入してくださった方を対象に開催する予定ですが、第一回である今回は誰でも無料で参加可能です。はじめに、収録されている3つの小説作品についてそれぞれ話したあと、批評やブックレビューも交えたマガジン全体について話し合う予定です。また、参加申し込みのフォームにて、お話ししたい作品やテーマ、質問なども募集しております。開催方法はZoom。マイクとビデオをオフで、聞くだけの参加も歓迎しておりますので、ぜひお気軽にご参加くださいませ。

開催概要

日時2024年4月29日(月)18:00-20:30 2024年5月26日(日)18:00-20:30(途中参加・途中退出OK)
会場:オンライン(Zoom)
取り上げる作品:マガジン『Kaguya Planet』第1号 特集:気候危機
・エラ・メンズィーズ「海から離れて」
・化野夕陽「春の魚」
・津久井五月「われらアルカディアにありき」
・Kaguya Book Review
・バゴプラ ライターズルーム
ファシリテーター:堀川夢(VG+編集部)
料金:無料
参加方法こちらのGoogleフォームからお申し込みくださいませ。準備が整いましたら、ZoomのURLをお送りします。

備考、注意事項
・読書会は記録のために録画いたします。
・事前に話したいテーマや質問のある方は、ぜひGoogleフォームにその内容を書き込んでくださいませ。
・ファシリテーターの側から参加者の方を指名して発言を促すことはありません。発言せず、聞くだけの参加も歓迎します。
・マガジン掲載のすべての文章・コンテンツを読んでいなくても参加可能です。
・『Kaguya Planet』読書会は、できるだけ多くの人が安心して参加できる場作りを目指します。特定の個人や属性に対する攻撃的な発言やハラスメント行為がありましたら、会を中断したり、該当の参加者を退出させるなどの措置を取ることがあります。

 

Kaguya Planetの最新情報を各種SNSで発信しております。また月に一回程度、最近の活動や最新情報をお知らせするニュースレターもお送りしております。フォロー&ご登録よろしくお願いいたします。

X(Twitter):https://twitter.com/vagopla
Instagram:https://www.instagram.com/kaguyabooks/
bluesky:https://bsky.app/profile/kaguya-sf.bsky.social
ニュースレター:こちらから登録→ https://forms.gle/eHvukwxmuZ4dAo3H7

『SF作家はこう考える 創作世界の最前線をたずねて』発売間近!

SFレーベルのKaguya Booksから、日本SF作家クラブ編『SF作家はこう考える 創作世界の最前線をたずねて』2024年4月27日に刊行いたします。60年以上の歴史を持つ日本SF作家クラブのSF作家たちが、どんなふうにデビューして、どこからインスピレーションを得て、どうやって創作をつづけているのかを本音で語る。編集者、校正者など作家の周りの職業や、書籍の制作過程の紹介も満載。これを読めばSF創作の地図が描ける、作家志望者必携の入門書です!

こんな人におすすめ
・SF小説を書いてみたい人
・作家としてデビューしたい人
・創作を続けるコツや、ほかの仕事と両立する方法を知りたい人
・ビジネスでSFを利用したい人
・SFの可能性と危険性を両方知りたい人

お近くの書店のほか、honto楽天ブックス、Amazonから予約可能です。

社会評論社
¥2,090 (2024/05/27 05:55:58時点 Amazon調べ-詳細)

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

関連記事

  1. 『空のあらゆる鳥を』チャーリー・ジェーン・アンダーズ、最新作がドラマ化へ ソニーが『The City In The Middle Of The Night』のドラマ化権を獲得

  2. 東京創元社がSFアンソロジー《Genesis》創刊へ 国内SFの新たな源流に

  3. 2024年、Kaguya Booksから刊行する単著の著者発表!

  4. Kaguya Planet 1月のジェンダーSF特集、執筆者紹介!