第三回かぐやSFコンテスト 応援キャンペーン第二弾&一人目の審査員発表! | VG+ (バゴプラ)

第三回かぐやSFコンテスト 応援キャンペーン第二弾&一人目の審査員発表!

第三回かぐやSFコンテスト 応援キャンペーン第二弾&審査員発表!

2,000字〜4,000字のSF短編小説を対象にした、第三回かぐやSFコンテストが2023年夏に開催されます!

第三回かぐやSFコンテストのテーマは「未来のスポーツ」で、応募期間は2023年7月27日(木)から8月14日(月)です。大賞作品は英語と中国語に翻訳されます。テーマやコンテストの詳細はこちらから。

そして第三回かぐやSFコンテストは、コンテストを持続可能な形で運営し、更に盛り上げていくために、かぐやSFコンテスト関連のアイテムやイベントのチケットを購入できるキャンペーンを実施しています。

今回はキャンペーンの第二弾と、第三回かぐやSFコンテストの一人目の審査員を発表します!

第二弾はエッセイ集「私の小説の書き方」

第三回かぐやSFコンテストの応援キャンペーン第二弾は、エッセイ集『私の小説の書き方』の販売です! 『私の小説の書き方』は、第一回&第二回かぐやSFコンテストの最終候補者の有志と、Kaguya Books から単著デビューを予定している蜂本みささんによるエッセイ集です。

『私の小説の書き方』では、16名の筆者が執筆ルーティーンタイトルの決め方時間の作り方など、自分の小説の書き方を紹介したエッセイを寄稿しています。AIを使った執筆方法やネタの膨らませ方、文体の話など、小説を書いている人にとってはとても興味深い内容になっています。

第三回かぐやSFコンテストに向けて、過去の受賞者&最終候補者の方々の小説の書き方を学んでみませんか?

エッセイ集『私の小説の書き方』
筆者:葦沢かもめ、泡國桂、大竹竜平、勝山海百合、枯木枕、坂崎かおる、佐々木倫、三方行成、十三不塔、白川小六、苦草堅一、蜂本みさ、正井、水町綜、宗方涼、吉美駿一郎(五十音順)
サイズ:A5サイズ
頁数:70頁

価格:3,000円
※先着30冊までは順次発送、以降はご注文から3週間以内の発送になります。
※価格は消費税・送料込みです。

※このエッセイ集は、Kaguya Booksの立ち上げに際して行ったクラウドファンディングのリターンとして作成されたエッセイ集です。大変好評だったため、かぐやSFコンテストの応援キャンペーンとしてお届けすることを、執筆者の皆様にご許可いただきました。

  • 頂いた個人情報は本キャンペーンの用途以外には一切使用いたしません。
  • 個人情報の取り扱いについては当ウェブサイトのプライバシーポリシーをご参照ください。
  • 商品についてのお問い合わせはこちらから。

応援キャンペーンの第一弾は、第三回かぐやSFコンテストの最終候補作品の作品集です。まだご予約がお済みでない方は、こちらからキャンペーンの詳細をチェックしてみてください!

また、かぐやSFコンテストを主催するSF企業VGプラスでは、第一回、第二回かぐやSFコンテストの最終候補者と選外佳作筆者を中心にした書き下ろしSFアンソロジー『SFアンソロジー 新月/朧木果樹園の軌跡』(Kaguya Books, 2022)を社会評論社から刊行しています。こちらも各作品3,000字〜20,000字と短い短編小説が収録されたアンソロジーになっています。

¥2,970 (2024/05/19 16:54:38時点 Amazon調べ-詳細)

なお、第三回かぐやSFコンテストの最終候補者の皆さんにも『SFアンソロジー 新月#2(仮)』へのオファーを予定しています。

一人目の審査員は井上彼方さん

そして、第三回かぐやSFコンテストの一人目の審査員は……井上彼方さんです!

井上彼方さんは2020年の第一回、2021年の第二回かぐやSFコンテストで審査員をつとめました。かぐやSFコンテストから派生して誕生したSFオンライン誌 Kaguya Planetではコーディネーターを務め、高山羽根子、宮内悠介、久永実木彦ら50名以上の書き手を担当。オンラインで優れたSF短編小説が読める環境を作家の皆さんと共に作り出してきました。

編書には『SFアンソロジー 新月/朧木果樹園の軌跡』、オーガニックゆうきさんによるジェンダーSF「龍とカナリア」を収録した『社会・からだ・私についてフェミニズムと考える本』(社会評論社)があります。2023年夏に社会評論社から刊行予定の『京都SFアンソロジー(仮)』でも編者を務めます。

2022年にはゲンロン 大森望 SF創作講座でゲスト講師を務め、2023年3月にP-VINEから刊行された池澤春菜 監修『現代SF小説ガイドブック 可能性の文学』にはコラム「プロ/アマの垣根を超えたウェブジンとファンジンの世界」を寄稿しています。

Pヴァイン・レコード
¥1,980 (2024/05/19 09:14:42時点 Amazon調べ-詳細)

また、作家で翻訳家の紅坂紫さんとの共編書『結晶するプリズム 翻訳クィアSFアンソロジー』を企画。収録される5編の翻訳SF短編小説は全て、2023年のプライド月間にKaguya Planetで無料公開する予定です。

かぐやSFコンテストは今後も、審査員や応援キャンペーン、テーマの「未来のスポーツ」と関連したKaguya Planetでの特集記事などの新着情報を随時更新していきます! お楽しみに。

コンテストやKAGUYAの新着情報を見逃したくない、という方は、Kaguyaのニュースレターにご登録ください。

※登録に必要なのはメールアドレスのみです。

KAGUYAのニュースレターに登録

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

関連記事

  1. 『SFアンソロジー 新月/朧木果樹園の軌跡』より、表題作正井「朧木果樹園の軌跡」と千葉集「擬狐偽故」を全文公開!

  2. #さなコン 日本SF作家クラブ賞に坂崎かおる「ファーサイド」 特別審査員賞に関元聡「手をつないで下りていく」

  3. 小川哲『ユートロニカのこちら側』と「しあわせな監視文化」

  4. 第41回日本SF大賞は菅浩江『歓喜の歌 博物館惑星Ⅲ』&林譲治《星系出雲の兵站》 立原透耶の功績に特別賞