『E.T.』の音楽に注目!テーマ曲・サントラ・作曲家は? | VG+ (バゴプラ)

『E.T.』の音楽に注目!テーマ曲・サントラ・作曲家は?

(c)Universal Music

『E.T.』のサントラに注目!

 1982年公開、スティーヴン・スピルバーグ監督のE.T.は、公開から40年近く経ったいまでも、人と人(宇宙人?)との心温まる出会いの物語を人々に与え続けている。その魅力はなんだろうか。今回は、E.T.で流れるサントラに注目してみよう。

E.T.の重要なシーンで流れるテーマ曲Flyingは、本作品のみならず、現在多くのコンテンツで使われており、聴いたことのあるひとも多いのではないだろうか。

このメインテーマ曲を含むE.T.の音楽は、第55回アカデミー賞において作曲賞を受賞した。その作曲者は、スピルバーグ作品ではお馴染みのジョン・ウィリアムズだ。スティーヴン・スピルバーグジョン・ウィリアムズは『ジョーズ』や『ジュラシックパーク』など、多くの作品でタッグを組んでいる。

後年語り継がれる名作映画の多くは、監督の音楽へのこだわりが感じられることに特徴があるといえるだろう。ロバート・ゼメキス監督の『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(1985)の音楽を手掛けたアラン・シルヴェストリや、クリストファー・ノーラン監督とハンス・ジマーは、ほとんどの作品でタッグを組んでいる。ジョン・ウィリアムズスティーヴン・スピルバーグはそんな名監督には名作曲家のさきがけともいえるだろう。

『E.T.』の主なサントラ作品

メインテーマ曲が収録されている作品のうち、現在手軽に入手できるものは2つある。1982年映画公開年にリリースされたオリジナルサウンドトラックE.T.と、2002年に公開20周年を記念して製作されたE.T. <20周年アニヴァーサリー特別版>である。

Mca Records
¥1,800 (2020/10/31 17:25:15時点 Amazon調べ-詳細)

1982年のオリジナル版ではメインテーマFlyingのほか、映画に流れる主な曲を8曲収録している。それだけでは物足りないという方には、20周年版がおすすめだ。こちらの作品では映画のシーンを丁寧に追っており、E.T.の世界に浸ることができる。

¥890 (2020/10/31 17:25:17時点 Amazon調べ-詳細)

マイケル・ジャクソンとの意外なつながり

ちなみに、現在入手困難な作品ではあるが、実はオーディオ・ブックとサウンドトラックを収録したアルバム版が1982年にリリースされており、そのオーディオ・ブックのナレーションを務めたのが、なんとマイケル・ジャクソンであった。

マイケル・ジャクソンは、E.T.が見知らぬ惑星に来て戸惑いながらも子供たちに夢を与えた姿を、ツアーのために世界中の大都市を旅する自身の姿に重ね合わせ、深い共感を得たと198212月号エボニー誌のインタビューのなかで答えている。マイケルはこの作品で、グラミー賞の最優秀子供向け音楽アルバム部門を受賞している。

メインテーマ曲Fryingを聴くだけで、自転車に乗って飛び立ってしまいそうになる。そんなE.T.の世界観を包み込み、より魅力を引き立たせるサントラは必聴だ。

Mca Records
¥1,800 (2020/10/31 17:25:15時点 Amazon調べ-詳細)
¥890 (2020/10/31 17:25:17時点 Amazon調べ-詳細)

『E.T.』に出演しているキャストや関連記事はこちらから。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. 『TENET テネット』のエンディングで流れた主題歌 トラヴィス・スコット「The Plan」に注目

  2. 【ザ・ハイロウズ、ZARD】『名探偵コナン エピソード“ONE” 小さくなった名探偵』で流れた曲は?

  3. ケミカル・ブラザーズ最新MVは『エクス・マキナ』『アイ, ロボット』を思わせるSF作品に 自由を求めてロボット達が…

  4. 【最新曲編】『スパイダーマン: スパイダーバース』で流れたヒップホップまとめ