「スター・ウォーズ」新作映画は2026年に2作公開へ。5月と12月に公開後、2027年12月に3作目 | VG+ (バゴプラ)

「スター・ウォーズ」新作映画は2026年に2作公開へ。5月と12月に公開後、2027年12月に3作目

TM & © Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

「スター・ウォーズ」映画最新作は2026年から公開

米時間2023年6月13日(火)、ディズニー関連映画の新たなスケジュールが発表された。注目の新たな「スター・ウォーズ」映画三作品は2026年から公開されることが分かった。第一作目は2026年5月22日(金)、第二作目は2026年12月18日(金)、第三作目は2027年12月17日(金)に公開される予定となっている。

なんと、2026年には2本の「スター・ウォーズ」長編映画が公開されるというのだ。米国では5月の後半からは夏休みシーズンに入る。12月はクリスマスシーズンであり、米国における映画業界の書き入れ時に新たな3作品をぶつけるようだ。

「スター・ウォーズ」の新映画3作品は2023年4月に開催された「スター・ウォーズ」のファンイベント「スター・ウォーズ セレブレーション」で発表された。それぞれの作品をジェームズ・マンゴールド、シャーミーン・オベイド=チノイ、そしてデイヴ・フィローニが監督し、旧共和国以前のジェダイの黎明期、ドラマ『マンダロリアン』(2019-) と同じ新共和国時代、そして『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(2019) の15年後が舞台になる。

発表の詳細はこちらの記事に詳しい。

「スター・ウォーズ」長編映画が1年に2本公開される——驚きの発表となったが、今後の動向に注目したい。

 

キャスリーン・ケネディ社長はドラマで新規ファンの獲得を目指している。詳しくはこちらから。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

関連記事

  1. 『キングコング: 髑髏島の巨神』のキャスト・吹き替え声優まとめ【トムヒ、ブリー・ラーソン、GACKT、佐々木希】

  2. 『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』マイケル・ジャクソン登場と「Beat It」選曲の裏側

  3. ラスト&ポストクレジット解説 『ARGYLLE/アーガイル』最後の意味は? マシュー・ヴォーンのアクション全開 ネタバレ解説&考察

  4. 『ゴジラxコング 新たなる帝国』続編考察 スカーキングを越える敵怪獣の登場は? ネタバレ解説