「驚嘆に値する」 『第9地区』監督が『ライオン・キング』を称賛した理由とは?

ライター

ニール・ブロムカンプ監督が『ライオン・キング』を称賛

『第9地区』(2009) などのSF映画作品を手がけてきたニール・ブロムカンプ監督が、日本でも2019年8月9日(金)に公開された“超実写版”『ライオン・キング』を称賛している。

新しい『ライオン・キング』、本当に大好き。この100年間でここまで映画技術が進化したということは、驚嘆に値する。

『ライオン・キング』の映像技術を称賛し、「大好き」と表明している。更に、ニール・ブロムカンプ監督はこう付け加える。

映画と航空技術は、興味深いことに同じ時代に登場している。そして、歩調を合わせるかのように驚異的な進化を遂げている。

ライト兄弟がアメリカで人類初の有人飛行を実現したのは1903年。リュミエール兄弟が世界初の映画作品として12本の作品を公開したのが1895年、世界初のSF映画とされる『月世界旅行』が公開されたのは1902年だ。ニール・ブロムカンプ監督の言う通り、映像技術は驚くべき速度で進化を遂げている。アニメ版の公開から四半世紀で“超実写版”へと進化した『ライオン・キング』の映像は、VFXにこだわりを持つニール・ブロムカンプ監督をも唸らせるクオリティだったようだ。

残酷描写が特徴のブロムカンプ作品

ニール・ブロムカンプ監督の作品は、CGをふんだんに利用したグロテスクな描写でも知られる。『チャッピー』(2015) の公開時には、日本で配給を担当したソニー・ピクチャーズが、督の同意を得ずに一部の残酷描写をカットしたとして問題になっていた。グロテスクな描写に加え、王道SFの舞台設定と現実の社会問題を交差させる作風がニール・ブロムカンプ作品の特徴だが、全年齢対象の『ライオン・キング』にまさかの「大好き」宣言。監督のファンからは「本当に? 見たくなってきた」というコメントも寄せられている。

『ライオン・キング』は8月9日(金)公開

今回公開された“超実写版”『ライオン・キング』は、「アイアンマン」シリーズで監督、「アベンジャーズ」シリーズで製作総指揮を務め、MCU作品にハッピー・ホーガン役で出演しているジョン・ファヴローが指揮を執る。音楽は、1995年のアニメ版と同じく「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ、「ダークナイト」シリーズを手がけた巨匠ハンス・ジマー。ラッパーとしての名義であるチャイルディッシュ・ガンビーノとしても知られ、『スパイダーマン: ホームカミング』(2017) や『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(2018) への出演でもおなじみのドナルド・グローヴァーが主人公シンバの声を務める。

25年ぶりに蘇った“超実写版”『ライオン・キング』は、2019年8月9日(金)より全国でロードショー。

『ライオン・キング』公式サイト

また、ニール・ブロムカンプが約30年ぶりに「ロボコップ」を復活させる『RoboCop Returns (原題)』は現在製作が進行中。どのような映像技術の進歩が見られるのか、こちらも要注目だ。

– Thumbnail –
©Disney
– Source –
Neil Blomkamp Twitter

VG+編集部

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. 不遇のイギリス時代を乗り越えた、クリストファー・ノーラン監督の脚本力

  2. 第91回アカデミー賞にノミネートされたSF作品は..?

  3. 2018年上半期 SF映画興行収入ランキング【6位〜10位】

人気記事

新着記事

PAGE TOP