MCUのプロフェッサーXとマグニートーはどうなる? マイケル・ファスベンダーがエリック役復帰について語る | VG+ (バゴプラ)

MCUのプロフェッサーXとマグニートーはどうなる? マイケル・ファスベンダーがエリック役復帰について語る

© 20th Century Studios. All Rights Reserved.

MCU版プロフェッサーXとマグニートーはどうなる?

2023年11月10日(金)、劇場では映画『マーベルズ』が公開され、Disney+ではドラマ『ロキ』シーズン2の最終話が配信された。共にマルチバースを扱う作品になっており、MCUの未来に一定の方向性を提示する作品になっていた。

MCUで今最も注目が集まっている話題が、MCUへのX-MEN合流だ。2024年のMCU第1作目は2024年7月26日(金) 全米公開の『デッドプール3』が予定されている。同作では映画「X-MEN」シリーズでウルヴァリンことローガン役を演じたヒュー・ジャックマンが同役で復帰することになっており、X-MENのMCUへの本格的な合流が期待されている。

気になるのは「X-MEN」シリーズの中心的な人物であったプロフェッサーXとマグニートーの扱いについてだ。ヒュー・ジャックマン演じるウルヴァリンは治癒能力の影響で老化が遅いという特徴があり、舞台内で数十年を跨いでもヒュー・ジャックマンが演じ続けることに矛盾が生じない設定となっていた。

一方、X-MENを率いるリーダーのプロフェッサーXとヴィランのボスに当たるマグニートーは、「X-MEN」のオリジナル三部作ではパトリック・スチュワートイアン・マッケランという二人のベテラン俳優によって演じられた。しかし、二人のオリジンを描く『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』(2011) からは、プロフェッサーX役はジェームズ・マカヴォイに、マグニートー役はマイケル・ファスベンダーにバトンタッチ。キャストは一気に若返った。

未来と過去を行き来する映画『X-MEN:フューチャー&パスト』(2014) ではパトリック・スチュワート&イアン・マッケランとジェームズ・マカヴォイ&マイケル・ファスベンダーがそれぞれ老年期と若年期の姿で共演する展開も。共に印象的な演技を見せており、「X-MEN」フランチャイズには二人ずつのプロフェッサーXとマグニートーが存在していることになる。

ウルヴァリンを主人公としたスピンオフ三部作の最終作にあたる映画『LOGAN』(2017) では、パトリック・スチュワート演じるプロフェッサーXが死を迎える。一方、MCU映画『ドクター・ストレンジ:マルチバース・オブ・マッドネス』(2022) では、パトリック・スチュワート演じるプロフェッサーXが別ユニバースで登場し話題を呼んだ。今後のMCUでは一体どちらの俳優が両役を演じることになるのだろうか。

(C)2014 Twentieth Century Fox

マイケル・ファスベンダーが語る

2023年11月18日、米Inverseのインタビューに登場したマイケル・ファスベンダーは、現時点ではMCU参戦について「話はありません。待っているんですが、誰も電話して来ないんです」と語っている。真偽のほどは不明だが、続けて以下のように話している。

「X-MEN」での素晴らしい旅路、マグニートーとの素晴らしい旅を経験し、私の中では「終わった」という感覚もあります。しかし、「絶対ない」とは言えません。ですが、今のところ何もありません。

確かに映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』(2019) では、マイケル・ファスベンダーが演じたマグニートーことエリック・レーンシャーと、ジェームズ・マカヴォイ演じるプロフェッサーXことチャールズ・エグゼビアの二人は理想的なラストを迎えている。一方で、ヒュー・ジャックマンのウルヴァリンも同様に『LOGAN』で有終の美を飾りながら復帰が決まっている。

Inverse誌は、マグニートーが登場しないX-MENは考えづらく、85歳を迎えたイアン・マッケランの年齢を考えてもマイケル・ファスベンダーが起用されることは「明白」としている。本人も電話を「待っている」と発言していることから、マイケル・ファスベンダーのマグニートー/エリック役復帰に障壁はないはずだ。

なお、プロフェッサーX役のジェームズ・マカヴォイも、上記のマイケル・ファスベンダーの発言のちょうど1年前に当たる2022年11月に、米GQで復帰について聞かれている。ジェームズ・マカヴォイの方は、マーベル・スタジオが復帰を要請しているという情報について、「全く連絡は来ていません。それにもし来ていたとしても、あなたには言わないでしょう」と回答している。

MCUへの参戦を巡っては、映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(2021) に出演したアンドリュー・ガーフィールドが劇場公開されるまで出演を徹底的に否定していた例がある。映画『マーベルズ』でもサプライズが待っていただけに、水面下では何が起きていてもおかしくはない。まずは『デッドプール3』でどんなサプライズが待っているのか、公開を楽しみに待とう。

映画『マーベルズ』は全国の劇場で公開中。

『マーベルズ』公式サイト

ドラマ『ロキ』はシーズン1とシーズン2がディズニープラスで配信中。

『ロキ』視聴ページ (Disney+)

¥300 (2024/07/23 20:07:01時点 Amazon調べ-詳細)

Source
Inverse / GQ

ヒュー・ジャックマンが明かした『デッドプール3』の時系列についてはこちらから。

『デッドプール3』までのウルヴァリン登場作品のおさらいはこちらの記事で。

『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』にあった『X-MEN:フューチャー&パスト』のオマージュの解説はこちらから。

 

【ネタバレ注意!】映画『マーベルズ』ラストとポストクレジットシーンの解説&考察はこちらから。

【ネタバレ注意!】『ロキ』シーズン2最終話第6話のネタバレ解説はこちらの記事で。

齋藤 隼飛

社会保障/労働経済学を学んだ後、アメリカはカリフォルニア州で4年間、教育業に従事。アメリカではマネジメントを学ぶ。名前の由来は仮面ライダー2号。編著書に『プラットフォーム新時代 ブロックチェーンか、協同組合か』(社会評論社)。
お問い合わせ

関連記事

  1. ネタバレ! ハイ・エボリューショナリーは〇〇〇?『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3』ラストの意外な事実が明らかに

  2. 『ヴェノム3』は「スパイダーマン」から繋がる? 初公開の画像にヒントが…

  3. 『ザ・プレデター』がいよいよ公開! 監督は『アイアンマン3』のシェーン・ブラック、期待の若手俳優が揃った出演者にも注目

  4. マーベル『シャン・チー』に「宮崎駿の影響」との声 ワールドプレミア後に米記者が明かす【テン・リングスの伝説】