『ハン・ソロ』続編、キーラのスピンオフは? ランド主役のドラマは決定。公開後の動きを振り返る | VG+ (バゴプラ)

『ハン・ソロ』続編、キーラのスピンオフは? ランド主役のドラマは決定。公開後の動きを振り返る

TM & © Lucasfilm Ltd.

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリーズ』続編は?

2018年に「スター・ウォーズ」シリーズのスピンオフ作品として公開された『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリーズ』は、若き日のハン・ソロの活躍を描いた冒険譚として高い評価を受けた。「スター・ウォーズ」本編は2019年の『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』で続三部作の幕を閉じたが、気になるのは魅力的なキャラクターが多数登場した『ハン・ソロ』の続編やスピンオフだ。

ファンの支持も根強く、『ハン・ソロ』公開直後から続編・スピンオフ制作の噂が出ては消えていた。「スター・ウォーズ」続三部作を終え、Disney+のドラマシリーズ『マンダロリアン』(2019-) が成功を収めたた今、『ハン・ソロ』関連作品製作の可能性はあるのだろうか。現状を確認してみよう。

契約は結んだが……

まず、2018年4月の時点でハン・ソロ役のオールデン・エアエンライクは、米Esquireに、少なくとも三作品の契約を結んだと語っている。その内の一つが『ハン・ソロ』であり、残りの二作品はまだ実現していない。少なくとも、『ハン・ソロ』公開1ヶ月前の時点では、スタジオ側も若き日のハン・ソロを別の作品で再登場させる考えがあったようだ。

複数の出演契約を結んだのは主演のオールデン・エアエンライクだけではない。キーラ役を演じたエミリア・クラークは2018年5月、米The Hollywood Reporterに対して、複数の「スター・ウォーズ」作品出演の契約を結んだと語っている。

だが、これらの契約について、オールデン・エアエンライクは「公式なものかは分からない」と話し、キーラ役を演じたエミリア・クラークは「実現するかは分からない。保険のようなもの」と語っている。出演の契約は結んだが、確実に続編の製作が決まっているわけではなかったようだ。

一方で、2018年5月には、ルーカスフィルム社長のキャスリーン・ケネディが仏PREMIEREに「いつかランド・カルリジアンの物語も描きたい」と話したことも話題になった。ランドを演じて人気を集めたドナルド・グローヴァーも再演に前向きな姿勢を示していた。

『ハン・ソロ』公開の影響

風向きが悪くなったのは『ハン・ソロ』の公開後だ。『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017) から半年を経たずに公開された『ハン・ソロ』は、興行収入が4億ドルを下回り、「スター・ウォーズ」フランチャイズとしては決して成功とは言えない結果を残してしまった。

2016年に公開された『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は10億ドル超、2017年の『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は13億ドル超の興行収入を記録しており、『ハン・ソロ』の成績は同フランチャイズにとって”急ブレーキ”となってしまった。2018年6月には米Colliderが「スター・ウォーズ」シリーズのスピンオフ製作に関する計画が全て止まってしまったと報じた。

だが、ルーカスフィルムは即座にこの報道を否定し、複数のスピンオフ映画の製作が進んでいることを明らかにした。そして、その後に待っていたのは新型コロナウイルス感染症によるパンデミックであり、ドラマシリーズ『マンダロリアン』の大成功だった。これらの事件は、『ハン・ソロ』の続編製作を取り巻く状況を変える要因になったのだろうか。

『ハン・ソロ』続編の今

『ハン・ソロ』公開から1年が経過した2019年5月と、2年が経過した2020年5月には、『ハン・ソロ』のファン達がTwitter上でハッシュタグ「#MakeSolo2Happen」を使って続編製作を呼びかけ、トレンド入りを果たした。『ハン・ソロ』に根強いファンが付いていることは、「スター・ウォーズ」フランチャイズのファンにとっても、製作陣にとっても語り草になっている。これらの声の中では、単なる続編の製作だけでなく、キーラ、ランド、エンフィス・ネストらのスピンオフ製作も呼び掛けられている。

『ハン・ソロ』のロン・ハワード監督は、同作の続編やスピンオフについて、2020年11月に出演したポッドキャストのLights Camera Barstool「今は何も製作されていないと断言できます。映画もそうですし、Disney+もそうです」と明言。ロン・ハワードは繰り返し“ファンの声”が続編やスピンオフを実現すると発言していた。

しかし、その翌月の2020年12月、遂にランド・カルリジアンを主役に据えたスピンオフドラマの制作が正式に発表された。この段階では、『Bad Hair』(2020) のジャスティン・シミエンが制作を務めることがスター・ウォーズ公式Twitterで紹介されている。

だが、やはりハン・ソロ自身の物語については、続編製作の話が上がってこない。Disney+の実写作品では、『マンダロリアン』シーズン3に、ボバ・フェットを主人公に据えた『ザ・ブック・オブ・ボバ・フェット』(2021)、キャシアン・アンドーを主人公に据えた『アンドー』(2022) に加え、公開日未定の『オビ=ワン・ケノービ』『アコライト』『アソーカ』『ランド』『レンジャーズ・オブ・ザ・ニュー・リパブリック』(いずれも原題) の製作が決定している。

映画作品では、『最後のジェダイ』を指揮したライアン・ジョンソン監督による新たな三部作の公開が決まっており、2022年以降に1年おきに公開されることになっている。また、「ワンダー・ウーマン」シリーズのパティ・ジェンキンス監督が指揮する『ローグ・スコードロン (原題)』の公開も2023年末に決定。

『ジョジョ・ラビット』(2019) で知られ、『マンダロリアン』の各話監督も務めたタイカ・ワイティティ監督が指揮する長編実写映画の製作も明らかになっているが、こちらは「全く新しいスター・ウォーズ」であることがキャスリーン・ケネディによって語られている。

ここまでの流れをまとめると、2021年3月現在、映画『ハン・ソロ』の続編に関する動きはない。『ランド』の製作こそ決定したが、これが『ハン・ソロ』の流れを汲んだものなのか、老いた後のランドを主役に据えたものなのかは未だ不明だ。

盛り上がりを見せるルーカス・フィルムの中では、『ハン・ソロ』はすっかり目立たない存在になってしまった感もあるが、同時に、ルーカスフィルムには積極的に「スター・ウォーズ」の関連作品を作っていこうという姿勢があることは確かだ。2021年の5月もまた「#MakeSolo2Happen」のハッシュタグが盛り上がりを見せるはず。満を持しての千両役者の登場に期待しよう。

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリーズ』はBlu-rayセットが発売中。

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥6,800 (2021/04/11 11:51:44時点 Amazon調べ-詳細)

『ハン・ソロ』の出演キャストと吹き替え声優についてはこちらから。

Source
Esquire / The Hollywood Reporter / Colider / Lights Camera Barstool

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 【独占】『アイアンスカイ/第三帝国の逆襲』VFXは『ゲーム・オブ・スローンズ』クオリティだった! メイキング写真が到着

    2. 【ファッション】『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』でマーティが着ていたアイテムをチェック【NIKE MAG、虹色キャップ】

    3. 『アクアマン』ジェームズ・ワン監督からファンへお願い「この映画を嫌う人を叩かないで」

    4. トム・ハーディ「ヴェノムは純粋で無邪気。知性を与えることもできる」【ネタバレ】