第95回アカデミー賞作品賞はクィアSFに!『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』が7冠 | VG+ (バゴプラ)

第95回アカデミー賞作品賞はクィアSFに!『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』が7冠

Copyright © GAGA Corporation. All Rights Reserved.

第95回アカデミー賞『エブエブ』が席巻

米時間の2023年3月12日(日)に第95回アカデミー賞受賞式が米ロサンゼルスのドルビーシアターで開催され、『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』が作品賞に選ばれた。

『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』は最多となる10部門11ノミネートを果たしていたが、エヴリン役のミシェル・ヨーが主演女優賞、ウェイモンド役のキー・ホイ・クァンが助演男優賞、国税局のディアドラ役のジェイミー・リー・カーティスが助演女優賞を受賞。更に脚本賞編集賞監督賞も受賞し、作品賞を合わせて7部門を受賞する圧巻の結果を残した。

『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』は、レズビアンの娘を持つ中国から移民女性のエヴリンがある日、マルチバースの存在を知るという物語。エヴリンはある“脅威”に直面するが……。

日本では『エブエブ』の愛称で親しまれる本作は、2022年3月に全米で公開され、日本では2023年3月3日から全国公開されている。セクシュアルマイノリティの人々を主軸に描いたクィアSFとしても高い評価を受けている。

『エブエブ』の製作費は140万ドル〜250万ドルとされている。ハリウッドにおいては比較的低予算であり、低予算のSF映画がアカデミー賞作品賞を受賞したことの意義も大きい。『エブエブ』の興行収入は世界で1億ドルを超え、予算を工面したA24スタジオ史上最大のヒットを記録している。

『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』はダニエル・クワンとダニエル・シャイナートによる監督ユニットのダニエルズが指揮をとり、名俳優のミシェル・ヨーが主演を務めた。ミシェル・ヨーはアジア人女性初となるアカデミー主演女優賞ノミネートと受賞を果たした。

『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』(1984) のショート・ラウンド役の子役などで知られるキー・ホイ・クァン(ジョナサン・キー)や「ハロウィン」シリーズのジェイミー・リー・カーティスが出演し、いずれもアカデミー賞を受賞する驚異のパフォーマンスを見せている。

作品賞のプレゼンターは俳優のハリソン・フォードが務め、壇上でかつて『インディ・ジョーンズ』で“インディーとショート・ラウンド”として共演したキー・ホイ・クァンと抱き合うシーンも見られた。同作を手掛け、今回は『フェイブルマンズ』で『エブエブ』と作品賞を争ったスティーヴン・スピルバーグ監督も客席から笑顔で拍手を送る姿も映し出されている。

映画『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』は2023年3月3日(金) より、全国の劇場で公開。

『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』公式サイト

『エブエブ』のサントラは配信中。

¥1,800 (2024/06/17 16:44:58時点 Amazon調べ-詳細)

主演のミシェル・ヨーが主人公エヴリンに込めた思いと裏話はこちらの記事で。

【ネタバレ注意!】『エブエブ』ラストのネタバレ解説&考察はこちらの記事で。

【ネタバレ注意!】『エブエブ』の続編&スピンオフについてキャストと監督が語った内容はこちらから。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

関連記事

  1. ブラープのお気に入りの曲は? ジェームズ・ガン監督が発表『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3』

  2. ハリウッドの常識を覆す! 『第9地区』ニール・ブロムカンプ監督が短編映画を作る理由

  3. 『流転の地球 -太陽系脱出計画-』日本で劇場公開決定! 大ヒット中国SFの続編

  4. ヒュー・ジャックマンが『デッドプール3』でのウルヴァリン復帰の理由を明かす 映画『48時間』が鍵に