映画『名探偵ピカチュウ』のキャスト・声優まとめ アニメ版の声優が多数登場【吹き替え・出演者・俳優】VG+ (バゴプラ) | VG+ (バゴプラ)

映画『名探偵ピカチュウ』のキャスト・声優まとめ アニメ版の声優が多数登場【吹き替え・出演者・俳優】

(C)2019 Legendary and Warner Bros. Entertainment, Inc. All Rights Reserved.(C)2019 Pokemon.

映画『名探偵ピカチュウ』のキャストと声優は?

2019年5月に公開され、大ヒットを記録した映画『名探偵ピカチュウ』。「ポケットモンスター」シリーズが初めてハリウッド実写化された作品で、俳優のライアン・レイノルズがピカチュウの声をあてるなど、大きな注目を集めた。

とりわけ日本の「ポケモン」ファンが気になったのは、吹き替え版における声優陣のチョイスだろう。今回は、出演キャストとともに吹き替えを担当した声優陣を紹介しよう。

映画『名探偵ピカチュウ』に出演したキャスト/声優まとめ

人間編

ティム・グッドマン役 ジャスティス・スミス / 竹内涼真

主人公ティムを演じたのは『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(2018)でフランクリン・ウェブを演じたジャスティス・スミス。公開時点で23歳の俳優だ。

日本語吹き替えの声を担当したのは竹内涼真。『仮面ライダードライブ』(2014-2015)で主人公・泊進ノ介を演じた。『名探偵ピカチュウ』では声優だけでなくカメオ出演も果たしている。スタジアムでモンスターボールを投げるポケモントレーナーの役だ。

なお、竹内涼真は、当初は声優のみの起用が予定されていたが、日本での製作報告会見でロブ・レターマンが竹内涼真を気に入り、本編への出演が決定したという。

ルーシー・スティーヴンス役 キャスリン・ニュートン / 飯豊まりえ

ヒロインのルーシー役を演じたのはキャスリン・ニュートン。『スリー・ビルボード』(2017)でアンジェラ役、ドラマ『スーパーナチュラル』(2014-)でクレア・ノヴァック役、Netflixドラマ『ザ・ソサエティ』(2019-)での主人公アリー・プレスマン役などで知られる。

ルーシーの吹き替えを担当したのはモデル・俳優として活躍する飯島まりえ。映画『暗黒女子』(2017)など主演を務めた作品も多い。吹き替えでは『劇場版シティーハンター 〈新宿プライベート・アイズ〉』(2019)でモデルの進藤亜衣役を演じている。

ヒデ・ヨシダ役 渡辺謙

ハリウッド版「ゴジラ」に「トランスフォーマー」に「ポケモン」にと大忙しの渡辺謙は、ヒデ・ヨシダ役の俳優として出演し、吹き替えは自ら声をあてている。『ラストサムライ』(2003)での勝元盛次役から始まり、クリストファー・ノーラン監督の『バットマン ビギンズ』(2005)、『インセプション』(2010)など、数多くのハリウッド映画に出演している。

ハワード・クリフォード役 ビル・ナイ / 中博史

CMNの会長ハワードを演じたのはベテラン俳優のビル・ナイ。「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズでデイヴィ・ジョーンズを演じている。

吹き替えを担当した中博史は『ONE PIECE』(2001-)でのガープ役、『グラップラー刃牙』(2001-)での渋川剛気役などで知られる。『BNA ビー・エヌ・エー』(2020)では立木勇次を演じている。

ロジャー・クリフォード役 クリス・ギア / 三木眞一郎

CMNの社長、ロジャー・クリフォードを演じたのはコメディ映画やドラマで知られるクリス・ギア。『You’re the Worst』(2014-2019)では主演を務めた。

吹き替えを担当したのは三木眞一郎。アニメ「ポケットモンスター」(1997-)では長年コジロウ役を演じている。吹き替えではマイケル・ファスベンダーの声を担当し、「X-MEN」シリーズでは若き日のマグニートーことエリック・レーンシャーを演じている。

セバスチャン役 オマール・チャパーロ / 三宅健太

ポケモンバトル場のリザードン使いであるセバスチャンを演じたのはオマール・チャパーロ。実はチャパーロはメキシコの名物司会者だ。世界的な人気を誇る「ポケモン」ならではの起用である。

吹き替えを担当した三宅健太はアニメ「ポケットモンスター」でサカキ役を演じている。また、クリス・ヘムズワースの吹き替えも担当しており、MCUのソーの声も三宅健太が担当している。

アン・ローラン博士役 リタ・オラ / 林原めぐみ

研究所にいた研究者のアン・ローランを演じたのは歌手として活躍するリタ・オラ。母はカトリック、父は文化的ムスリムで、自身はフェミニストという人物だ。

リタ・オラは『名探偵ピカチュウ』の挿入歌「Carry On」も歌っている。『名探偵ピカチュウ』で流れた音楽については以下の記事に詳しい。

吹き替えを担当したのはアニメ「ポケットモンスター」のムサシ役で知られる林原めぐみ。『新世紀エヴァンゲリオン』(1995-1996)の綾波レイ役や『名探偵コナン』(1996-)の灰原哀役など、代表作は挙げ始めるとキリがない。

ジャック役 カラン・ソーニ / 梶裕貴

ティムの友人で冒頭に登場するジャック役を演じたのはカラン・ソー二。「デッドプール」シリーズに登場するタクシー運転手のドーピンダー役でお馴染みだ。

吹き替えを担当したのは梶裕貴。アニメ「ポケットモンスター」でシトロンやバージルなどの声を担当している。『進撃の巨人』(2013-)のエレン・イェーガーなど、数多くの作品で主演を務める人気声優だ。

ティムの祖母役 ジョゼット・サイモン / 犬山イヌコ

ティムの祖母を演じたのはジョゼット・サイモン。Netflixドラマ『ウィッチャー』(2019-)ではエイスネ役を演じている。

吹き替えを担当したのはアニメ「ポケットモンスター」のニャース役で知られる犬山イヌコ。そう、ムサシ・コジロウ・ニャースのロケット団3人組の全員が『名探偵ピカチュウ』に出演しているのだ。

DJ役 ディプロ / 石川界人

世界的な人気を誇るDJ/プロデューサーのディプロも『名探偵ピカチュウ』にカメオ出演している。違法バトル場で皿を回すDJがディプロだ。

声を当てたのは石川界人。アニメ「ポケットモンスター」ではカキ役を演じている。アニメ『BNA』ではアラン・シルヴァスタ役を演じる。

ポケモン編

名探偵ピカチュウ役 ライアン・レイノルズ / 西島秀俊 / 大谷育江

名探偵ピカチュウの人間ボイスを担当したのは映画「デッドプール」シリーズの主演俳優として知られるスター俳優のライアン・レイノルズ。『名探偵ピカチュウ』では、モーションキャプチャでピカチュウの表情も演じている。

吹き替え版の声を担当したのは俳優の西島秀俊。実写版『ダンボ』(2019)ではコリン・ファレルが演じたホルト・ファリアの吹き替えを担当した。また、2021年公開予定の『シン・ウルトラマン』への出演が決まっている。

そして、日米共通でピカチュウの鳴き声を担当したのは、もちろん大谷育江。アニメ版の「ポケットモンスター」では、世界共通で大谷育江がピカチュウの声を担当しているほか、アニメ『ONE PIECE』のチョッパー役などでも知られている。

コダック / ゼニガメ役 愛河里花子

ピカチュウ以下、日本語吹き替え版『名探偵ピカチュウ』における多くのポケモンの声はアニメオリジナル版の声優が起用されている。コダックゼニガメの声を演じたのもオリジナルと同じ愛河里花子。愛河里花子は『とっとこハム太郎』(2000-2013)のこうしくん役などでも知られている。

フシギダネ役 林原めぐみ

同じくフシギダネもオリジナル版と同じ林原めぐみが演じている。林原めぐみは『名探偵ピカチュウ』でアン・ローラン博士と二役を演じている。

プリン役 かないみか

ゲーム「大乱闘スマッシュブラザーズ」シリーズでもお馴染みのプリンを演じているのはかないみか。『名探偵ピカチュウ』でも「うたう」の技を披露している。

なお、英語版のプリンの声で起用されているレイチェル・リリスは、『名探偵ピカチュウ』への登場を事前に知らされていなかったことを明らかにし、話題となっていた。詳細は以下の記事に詳しい。

ミュウツー役 / 山寺宏一、木下紗華

吹き替えでミュウツーの声を演じたのは山寺宏一木下紗華。山寺宏一はアニメ版でミュウの声を担当しているため、これでミュウとミュウツー両方の声をすることになった。

木下紗華は、吹き替えではクリステン・スチュワートを担当しており、「トワイライト」シリーズのベラ・スワンなどを演じている。

なお、英語版では星埜李奈コタロー・ワタナベが声を当てており、日系の面々で配役を固めている。

以上が、映画『名探偵ピカチュウ』に出演したキャストと日本語版吹き替え声優の面々だ。ポケモンに限らずオリジナル版の声優が多数起用されており、アニメ版「ポケットモンスター」への愛情が感じられる。映画『名探偵ピカチュウ』は、日本語吹き替えと字幕版、両方で楽しめる映画に仕上がっている。

映画『名探偵ピカチュウ』はDVD&Blu-rayが発売中。

¥2,400 (2020/08/04 10:36:50時点 Amazon調べ-詳細)

『名探偵ピカチュウ』で流れた音楽については以下の記事から。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. 『ファー・フロム・ホーム』ゼンデイヤはMJをどう生まれ変わらせたか

  2. 2018年 夏休み公開のSF映画7選!! 大作、家族映画、アメコミまで充実のラインナップ

  3. ジェームズ・マースデン『ソニック・ザ・ムービー』のデザイン修正騒動を語る。「私にとっては、とても良いこと」

  4. 『ドクター・スリープ』が前作『シャイニング』から転用した3つのシーンとは エレベーターシーンの製作秘話も明らかに