き、きれい! 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』冒頭シーンが4K版で公開【35周年記念】 | VG+ (バゴプラ)

き、きれい! 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』冒頭シーンが4K版で公開【35周年記念】

©️Universal City Studio, Inc. All Rights Reserved.

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』が4Kで復活

ロバート・ゼメキス監督が手掛けたSF映画の金字塔『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(1985)の公開から、2020年で35年が経過。日本では金曜ロードショーにて3週連続で「バック・トゥ・ザ・フューチャー」三部作が放送されるなど、35周年の年にブームが再燃している。

35周年を記念して、10月21日(水)には4K Ultra HD+Blu-ray版が発売される予定となっており、こちらには、宮川一郎太が主人公マーティの声を演じる新TV吹替版 (BSジャパン版) が追加収録されている。そのほかにも未公開映像や音声解説、主演を務めたマイケル・J・フォックスのインタビューなど、特典は盛り沢山の内容となっている。

加えて、ユニバーサル・ピクチャーズは10月21日を“バック・トゥ・ザ・フューチャーの日”に指定。更に、三ツ矢雄二がマーティの声を演じた「日曜洋画劇場」日本語吹替版と字幕版のでの劇場公開も決定。全三部作が4Kニューマスター版で12月4日(金)から新宿ピカデリーほかにて、順次公開されることになっており、35周年の祝賀ムードを盛り上げている。

そんな中、ユニバーサル・ピクチャーズの公式YouTubeチャンネルにて、4K Ultra HD版の『バック・トゥ・ザ・フューチャー』から、冒頭の10分間の映像が公開されている。その圧倒的な映像美をぜひご覧いただきたい。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の冒頭といえば、ドクの“ピタゴラスイッチ”に、巨大スピーカー、ヒューイ・ルイスの「パワー・オブ・ラヴ」(1985)をBGMにしたスケボーシーン、学校でのバンドオーディションなど、数々の名シーンが収められている。

この圧倒的な映像美が三部作の全編に渡って楽しめる『バック・トゥ・ザ・フューチャー』トリロジー 35th アニバーサリー・エディション4K Ultra HD+Blu-rayは2020年10月21日(水)発売。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』3部作 4Kニューマスターの日本語吹替版&字幕版は2020年12月4日 (金) より新宿ピカデリーほか順次公開。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』4Kニューマスター上映 公式サイト

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. 二人のウィル・スミスが視界いっぱいに飛び回る!? 『ジェミニマン』ScreenXでの公開が決定

  2. 『シャイニング』の恐怖再び——『ドクター・スリープ』11月29日公開決定、日本版特報が到着

  3. 【独占】『アイアンスカイ/第三帝国の逆襲』VFXは『ゲーム・オブ・スローンズ』クオリティだった! メイキング写真が到着

  4. 『名探偵ピカチュウ』に登場の実写版プリン、オリジナル版の声優が明かした意外な事実とは