映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』マーゴット・ロビーのお気に入りのコスチュームは「スカートを履いてないマリリン・モンロー」【BIRDS OF PREY】VG+ (バゴプラ) | VG+ (バゴプラ)

映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』マーゴット・ロビーのお気に入りのコスチュームは「スカートを履いてないマリリン・モンロー」【BIRDS OF PREY】

©2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC Comics

マーゴット・ロビー主演『ハーレイ・クイン』

2020年2月7日(金)より、映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』が全米で公開されている。「バットマン」シリーズに登場するヴィラン(悪役)であるハーレイ・クインを主役に据えた作品で、映画『スーサイド・スクワッド』(2016)で同役を演じたマーゴット・ロビーが主演を務める。

『アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル』(2017)でアカデミー賞主演女優賞ノミネート、『スキャンダル』(2019)でアカデミー賞助演女優賞ノミネートを果たしたマーゴット・ロビー。『ハーレイ・クイン』ではプロデューサーとしても製作に関わっている。

お気に入りのコスチュームは?

そんなマーゴット・ロビーが、『ハーレイ・クイン』で着用したお気に入りのコスチュームについて、米Entertainment Tonightに語っている。作中、ハーレイ・クインは様々なコスチューム姿を披露する。インタビュアーに「お気に入りのコスチュームはどれですか?」と聞かれたマーゴット・ロビーは、以下のように答えている。

お気に入りのコスチュームはマリリン(・モンロー)の衣装です。なぜなら、あの象徴的な姿を美しく再現していながら、スカートではなくスラックスを履いてるんですよ。

インタビュアーは、この回答に「現代的になっているんですね」と相槌を打っている。

マリリン・モンローを再現

マーゴット・ロビーは『ハーレイ・クイン』の中で、映画『紳士は金髪がお好き』(1953)でのマリリン・モンローの姿を再現している。だが、マーゴット・ロビーがBusiness Insiderに語ったところによると、ハーレイ・クインがマリリン・モンローのコスチュームで踊るシーンでは、当初は全く違うコスチュームでの撮影が想定されていたという。

コスチュームに関する資料を見ていたマーゴット・ロビーは、その中にマリリン・モンローの姿を見つける。スラックスを履いたマリリン・モンローのコスチュームを思いついたマーゴット・ロビーは、監督のキャシー・ヤンにこれを提案。キャシー・ヤン監督はこのアイデアを「素晴らしい。そうしましょう」と、二つ返事で採用し、“スラックスを履いたマリリン・モンロー”が実現したという。

©2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC Comics

マーゴット・ロビーは、果たしてどのようにしてマリリン・モンローを現代によみがえらせたのだろうか。ハーレイ・クイン版モンローにも要注目だ。

また、マーゴット・ロビーは、映画『ハーレイ・クイン』には「ジョーカーが登場しないことが重要だった」とも語っている。マーゴット・ロビーが“ガールギャング映画”に込めた想いは以下の記事に詳しい。

日本ではPG12指定

映画『ハーレイ・クイン』は、北米ではR指定映画として公開されている。興行収入面では苦戦を強いられており、メインターゲットと考えられていたティーネイジャーが鑑賞できないことが理由と分析されている。だが、日本ではPG12 (小学生以下の鑑賞には、成人の保護者の助言や指導が必要) として公開されるため、10代の観客でも鑑賞できる。日本では、どのような受け入れられ方をするのだろうか。

映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』は2020年3月20日(金) より日本公開。

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』公式サイト

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. ガル・ガドットが『ワンダーウーマン 1984』を観て涙した理由とは

  2. 「観るべき映画だ」——『ドクター・スリープ』ユアン、キング、フラナガン監督による特別コメント映像が公開

  3. 映画版『メタルギア ソリッド』監督が製作の進行状況を明かす。登場キャラやコンセプトにも言及 「人々は核の恐ろしさを忘れてしまっている」

  4. 第31回 東京国際映画祭が開幕! ハンガリーSF『ヒズ・マスターズ・ヴォイス』など、注目のSF映画が目白押し (上映作品リスト掲載)