漫画『鬼灯の冷徹』 星雲賞受賞で30巻無料キャンペーン開始 | VG+ (バゴプラ)

漫画『鬼灯の冷徹』 星雲賞受賞で30巻無料キャンペーン開始

(c)江口夏実/講談社

星雲賞コミック部門に『きみを死なせないための物語』&『鬼灯の冷徹』

2021年7月21日(水)、日本最高のSF賞の一つである星雲賞が発表され、第52回星雲賞コミック部門に吟鳥子『きみを死なせないための物語(ストーリア)』(作画協力:中澤泉汰)江口夏実『鬼灯の冷徹』の二作品が選ばれた。

『鬼灯の冷徹』が連載されてきた「モーニング」を刊行する講談社は、これに合わせて『鬼灯の冷徹』30巻(計262話)の無料キャンペーン実施を発表。7月25日(日)までの間、漫画プラットフォームのコミックDAYSで全31巻の内の30巻が4連休中に無料で楽しむことができる。

コミックDAYS

また、コミックDAYSでは『鬼灯の冷徹』著者の江口夏実による受賞コメントも公開。「『鬼灯の冷徹』は内容としては王道なSFものとは言えませんが、作者の私自身は映画でも漫画でも小説でもゲームでもSF作品が大好きですので相当影響を受けたと思います」とし、幼少の頃好きだったという星新一や「スター・ウォーズ」シリーズから受けた影響について触れている。「大好きなSF世界に関わる賞を頂けて大変光栄です」と喜びの気持ちを記したコメントはこちらから読むことができる。

漫画『鬼灯の冷徹(ほおずきのれいてつ)』は地獄を舞台に、閻魔大王の第一補佐官・鬼灯を中心とする“楽しい地獄の日々”を描いていくコメディ作品。数々の神話や怪談、西洋の伝説からのキャラクターが次々と登場し、忙しくも楽しい地獄の様子が描かれる。

『鬼灯の冷徹』は2011年に「モーニング」誌で連載を開始。2014年にはアニメ化される人気作品となり、2020年6号に連載を終了した。2020年9月時点でシリーズ累計発行部数は1400万部以上にのぼる。2020年9月に最終巻となる31巻が刊行されたことで、完結したコミックシリーズを対象にする星雲賞コミック部門の対象となり、今回晴れて『きみを死なせないための物語』と共に同賞受賞を果たした。

『鬼灯の冷徹』は全31巻が講談社より発売中。

¥21,764 (2021/08/01 13:02:51時点 Amazon調べ-詳細)

第52回星雲賞の全受賞作品はこちらから。

 

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. DCコミックスCCOのジム・リーが、『るろうに剣心』のトリビュートイラストを公開

    2. 影響を受けたSF作品は『大奥』!? ヒューゴー賞3連覇のN・K・ジェミシンが語るSFの定義

    3. 夏のお供に! 『小松左京の怖いはなし ホラーコミック短編集』が電子書籍で配信開始

    4. 『それでも町は廻っている』が星雲賞受賞!! 作者の石黒正数も困惑!?