DCコミックスCCOのジム・リーが、『るろうに剣心』のトリビュートイラストを公開 | VG+ (バゴプラ)

DCコミックスCCOのジム・リーが、『るろうに剣心』のトリビュートイラストを公開

via: Jim Lee Instagram (@jimlee)

アメコミ界屈指のイラストレーターが緋村剣心のイラストを公開

ファンからは絶賛の声

DCコミックスのCCO (チーフ・クリエイティブ・オフィサー) でイラストレーターのジム・リーが、自身のインスタグラムで漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』(1994-1999)の自作イラストを公開した。『るろうに剣心』の主人公・緋村剣心が、逆刃刀を手に斬りかかる躍動感溢れるイラストとなっており、イラストの左下にはジム・リーのサインが入っている。ファンからは素晴らしい!」、「ゴージャス」と絶賛の声があがっている。

「X-メン」、「バットマン」シリーズを手がけた大物

ジム・リーは韓国生まれのアメリカ人クリエイター。マーベルでは、『Uncanny X-Men』(1963-)や、1991年から始まった『X-Men』の第2シリーズを手がけた。92年にはインディペンデント系アメコミ出版社のイメージ・コミックスを立ち上げ、90年代後半にはDCコミックスに移籍。「バットマン」シリーズ「スーパーマン」シリーズの作画を手がけ、2018年6月よりDCコミックスのCCOに就任している。

今後の展開は…?

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』は、1994年に『週刊少年ジャンプ』で連載を開始した大ヒット漫画。アメリカでは『Samurai X』のタイトルで劇場版およびOVAが公開され、海外でも人気を博している。
日本を代表する漫画作品と、X-メン、バットマン、スーパーマンなどを描いてきたアメコミ界の大物との、まさかのコラボレーション。今後の展開に期待を寄せるファンも多いが、ジム・リーは、2018年8月5日には『もののけ姫』(1997)、10月7日には『ウルトラマン』(1966-1967)のイラストを公開している。

実は、これらのイラストは、Twitchのストリーミング番組内で描き上げられたもの。ジム・リーによるファンサービスなのだ。だが、何が新たなコラボレーションのきっかけになるかは分からないということも事実。ジム・リーのTwitchをチェックして、その時を待つとしよう。

Jim Lee Twitch

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. 『それでも町は廻っている』が星雲賞受賞!! 作者の石黒正数も困惑!?

  2. 萩尾望都、中沢啓治が米アイズナー賞 “コミックの殿堂” にノミネート

  3. 夏のお供に! 『小松左京の怖いはなし ホラーコミック短編集』が電子書籍で配信開始

  4. 高橋留美子に仏アングレーム国際漫画賞グランプリ——ル・モンド紙も特集を掲載