Netflixドラマ『シスター戦士』シーズン2はある? ショーランナーは「5〜7シーズン作りたい」 | VG+ (バゴプラ)

Netflixドラマ『シスター戦士』シーズン2はある? ショーランナーは「5〜7シーズン作りたい」

Netflix

『シスター戦士』シーズン2は?

2020年7月2日(木)より配信を開始したNetflixオリジナルのファンタジードラマ『シスター戦士』。ベン・ダンの原作コミック『Warrior Nun Areala』(1994-2002)を実写化したドラマで、公開直後から注目を集めている。7月5日現在、レビューサイトのRotten Tomatoesでは、批評家から85%、一般の視聴者から82%という高い評価を受けている。

『シスター戦士』のシーズン1では、主人公エヴァがスーパーパワーを手に入れる場面から始まり、仲間になったシスターたちとの戦いが描かれた。Netflixに登場した新たなオリジナルシリーズ、やはり気になるのはシーズン2の製作についてだ。

アイデアを持ち寄る会議も

ショーランナーを務めるサイモン・バリーは、米Inverseのインタビューにてシーズン2のアイデアを聞かれ、以下のように答えている。

アイデア自体は確実にあります。シーズン1が完成した時も、ストーリーの面では更に多くの展開があり得ました。だから、フォルダを作ったんです。「ねぇ、もし幸運にもシーズン2が作れたら、ここにアイデアがあるよ」って。作品が完成した後にも、アイデアを持ち寄る会議を開きましたよ。

正式にシーズン2にゴーサインが出ているわけではないようだが、サイモン・バリーはやる気満々。更にこう続けている。

かっちり後何シーズンと言うつもりはありませんが、通常は、クレッシェンド (一番盛り上がる部分) に向かうに連れて明らかになることが多いですよね。どこで終わらせるかということが大事になってきます。『シスター戦士』の場合は、まだ物語は始まりの段階なので、少し時間は欲しいですね。5〜7シーズンくらいだと嬉しいです。

Netflixオリジナルドラマの最長シーズン記録は、『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』(2013-2019)の7シーズン。サイモン・バリーは『シスター戦士』をそれに並ぶほどの長寿ドラマとして構想しているようだ。

『シスター戦士』の原作は、秘密結社で戦うシスターたちを物語の軸に置いたことで、キリスト教を侮辱しているという批判も教会を賛美しているという批判も受けた。複雑な立ち位置に立たされたキャラクターたちには、まだまだ語るべき物語が秘められているのだろう。

高い評価受ける『シスター戦士』。シーズン2の登場、延いてはシーズン5〜7まで製作されることに期待しよう。

Netflixオリジナルドラマ『シスター戦士』シーズン1は、2020年7月2日(木)より配信中。

『シスター戦士』(Netflix)

 

Source
Rotten Tomatoes / Inverse

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 2020年配信開始のNetflixオリジナルSFドラマ まとめ

    2. オクティヴィア・E・バトラーの小説『キンドレッド』ドラマ化へ 『ウォッチメン』プロデューサーが手がける

    3. Netflix『ニミュエ 選ばれし少女』は新たなジャンルに——主演キャサリン・ラングフォードが語る。『GOT』『ウィッチャー』……中世ファンタジードラマの流れを変える?

    4. 【独占インタビュー】『レジェンド・オブ・トゥモロー』本多猪四郎を演じた尾崎英二郎が語る撮影秘話——大役抜擢の裏側で綿密な役作り