『ザ・ボーイズ』シーズン4と『ジェン・ブイ』最終話ラストの繋がりをエリック・クリプキが明かす やっぱり〇〇が… | VG+ (バゴプラ)

『ザ・ボーイズ』シーズン4と『ジェン・ブイ』最終話ラストの繋がりをエリック・クリプキが明かす やっぱり〇〇が…

Amazon Prime Video

『ザ・ボーイズ』シーズン4へ

Amazonプライムビデオきっての人気ドラマ『ザ・ボーイズ』(2019-) はいよいよシーズン4へ突入する。配信予定時期は2024年内とされており、2023年12月に開催されるComic Con Experienceでは『ザ・ボーイズ』シーズン4のトレイラーも公開される予定となっている。

『ザ・ボーイズ』は2022年6月からシーズン3が配信され、2023年9月からはスピンオフドラマの『ジェン・ブイ』が配信された。『ジェン・ブイ』もシーズン2への更新が発表されるなど、Amazonプライムビデオの新たなフランチャイズとして快進撃を見せている。

スピンオフドラマの『ジェン・ブイ』シーズン1の見どころは、若きスープスがキャンパス内の陰謀に挑んでいく展開、そして本家『ザ・ボーイズ』とのクロスオーバーだ。『ジェン・ブイ』と『ザ・ボーイズ』はどのようにつながっていくのか、『ザ・ボーイズ』のショーランナーを務めるエリック・クリプキが米メディアに語っている。

ネタバレ注意
以下の内容は、ドラマ『ジェン・ブイ』シーズン1最終話の結末に関するネタバレを含みます。

『ジェン・ブイ』ラストに待っていたカメオ

『ジェン・ブイ』シーズン1最終話のラストでは、『ザ・ボーイズ』からホームランダーが登場。さらにポストクレジットシーンではビリー・ブッチャーが登場するサプライズが待っていた。ブッチャーはわずかな時間の登場だったが、対能力者用のウイルスが開発されていたゴドルキン大学の地下での登場ということで、シーズン4での展開を示唆するものでもあった。

Men’sHealthのインタビューに登場したエリック・クリプキは、『ジェン・ブイ』シーズン1最終話のラストについて、以下のように話している。

ホームランダーの登場は『ジェン・ブイ』シーズン1の絶頂点と言えます。そしてブッチャーのカメオは何よりも(『ザ・ボーイズ』の)シーズン4をセットアップするためのものです。ブッチャーはシーズン4へ向けて、スーパーヒーローたちを殺せるウイルスの存在をよく知ることになりました。その瞬間のゼロ地点を見たかったんです。それが、『ジェン・ブイ』シーズン1の最後の最後にやったことでした。

やはり『ジェン・ブイ』シーズン1のラストは、ビリー・ブッチャーと対スーパーヒーロー用のウイルスの存在が繋がるという展開を見せるためのものだったようだ。

『ザ・ボーイズ』シーズン4ではブッチャーにとっては“特効薬”、スープスにとっては“弱点”となるウイルスの存在が物語に加わることになる。シーズン3では即時性コンパウンドVの“V24”によってゲームバランスが調整されたが、一般人側に圧倒的に有利と思われるウイルスというアイテムをシーズン4ではどのように扱っていくのだろうか。

また、エリック・クリプキは『ジェン・ブイ』から『ザ・ボーイズ』シーズン4へとつながっていく別の要素についても語っている。

ヴィクトリア・ニューマンと大統領選はシーズン4の大きな関心事です。ウイルスもシーズン4の大きな関心事です。『ジェン・ブイ』での多くのことがシーズン4のための準備になったと思います。同時にルールは同じです。シーズン4を理解するために『ジェン・ブイ』を観ることは役立つでしょうし、更なる文脈や深みを得ることができるでしょう。しかし、それは決して観なければならないということではありません。

もしあなたが『ジェン・ブイ』を観ずに『ザ・ボーイズ』だけを観たいのであれば、それはとても良いことです。『ザ・ボーイズ』を観ずに『ジェン・ブイ』だけを観たいというのも、とても良いことです。もし二つの番組の両方でなくても、どちらか一つだけでも観て欲しいですし、ドラマを観ることを宿題のように感じてほしくはありません。

『ジェン・ブイ』と『ザ・ボーイズ』はどちらかだけを観ても楽しめるとしつつも、『ザ・ボーイズ』シーズン4ではヴィクトリア・ニューマンと大統領選が物語に絡んでくることを認めている。『ザ・ボーイズ』シーズン3では、ニューマン議員はディープに副大統領候補を殺させ、謀略によって副大統領候補となった。『ジェン・ブイ』では大統領選に向けた活動に入っており、さらにニューマンのパワーが血を操るものであることが明かされた。

この現状とバックグラウンドが『ザ・ボーイズ』シーズン4でもカギになるのだろうか。まずはシーズン4トレイラーの公開を楽しみに待とう。

『ザ・ボーイズ』シーズン1からシーズン3までと、『ジェン・ブイ』シーズン1はAmazonプライムで世界独占配信中。

『ザ・ボーイズ』原作コミックの日本語版は、G-NOVELSから発売中。

誠文堂新光社
¥3,300 (2024/03/03 13:27:23時点 Amazon調べ-詳細)

『ジェン・ブイ』のベースになったチャプター〈We Gotta Go Now〉(23話〜30話)は日本語版の第2巻に収録されている。

¥3,960 (2024/03/03 05:12:37時点 Amazon調べ-詳細)

『ジェン・ブイ』シーズン2についての情報はこちらから。

エリック・クリプキが語った『ザ・ボーイズ』と『ジェン・ブイ』のヴィラン観についてはこちらから。

「ザ・ボーイズ」フランチャイズの更なるスピンオフ展開についてはこちらの記事で。

『ジェン・ブイ』シーズン1最終話第8話のネタバレ解説はこちらから。

齋藤 隼飛

社会保障/労働経済学を学んだ後、アメリカはカリフォルニア州で4年間、教育業に従事。アメリカではマネジメントを学ぶ。名前の由来は仮面ライダー2号。編著書に『プラットフォーム新時代 ブロックチェーンか、協同組合か』(社会評論社)。
お問い合わせ

関連記事

  1. ネタバレ解説『ムーンナイト』第5話の展開について監督が語る「マーベルドラマの中で最もエモーショナル」

  2. 『高い城の男』シーズン3 出演キャストが米中間選挙への投票を呼びかけ

  3. メイキング公開! 『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』が『マーベル・スタジオ アッセンブル』に登場 コロナ対策にワイヤーアクションも

  4. ウォーマシンは「大統領の右腕」 『シークレット・インベージョン』での状況が明らかに 『エンドゲーム』後の変化とは