実写ドラマ版『カウボーイビバップ』11月19日よりNetflixで配信開始 スパイク、フェイらの場面写真公開! | VG+ (バゴプラ)

実写ドラマ版『カウボーイビバップ』11月19日よりNetflixで配信開始 スパイク、フェイらの場面写真公開!

Netflix

『カウボーイビバップ』11月19日配信開始

日本の名作SFアニメ『カウボーイビバップ』(1998) が、実写ドラマで帰ってくる。Netflixは、2019年から製作中と伝えられていたドラマ『カウボーイビバップ』を2021年11月19日(金) より配信すると発表した。

また、ジョン・チョー演じるスパイク、ムスタファ・シャキール演じるジェット、ダニエラ・ピネダ演じるフェイ・ヴァレンタイン、そして犬のアインが並ぶ写真を含む8枚の場面写真が公開された。

ヘッドホンをつけるスパイクや木人椿で訓練するスパイクの姿も。また、燃え盛る車も写真に映り込んでおり、原作アニメ同様のド派手なアクションシーンにも期待できそうだ。

さらに、Netflix Geekedのアカウントは、全体を映し出した縦長の写真を投稿している。

実写ドラマ版『カウボーイビバップ』は、2017年に企画が始動。翌2018年にはNetlfixで配信されることが決定した。人気アニメのいわゆる“ハリウッド実写版”にあたる。前述の3人以外のキャストでは、アレックス・ハッセルビシャス役エレナ・サチンジュリア役ジェフ・スタルツチャルマーズ役タマラ・チュニーアナ役メイソン・アレクサンダー・パークグレン役レイチェル・ハウスマオ役アン・トルーオンシン役ホア・ザンデリン役を演じることが報じられている。

また、2021年6月に開催されたNetflixのオンラインイベントGeeked Weekでは、アニメ版の音楽を手掛けた菅野よう子が実写ドラマ版でも音楽を手がけることが正式に発表された。この時、発表の映像では「よう子なしのビバップはあり得ない」との言葉も表示されていた。ドラマ版でも『カウボーイビバップ』のお馴染みの音楽を聴くことができそうだ。

そして、ドラマ『カウボーイビバップ』ではアニメ版で監督を務めた渡辺信一郎がコンサルタントを務める。今回の場面写真を見る限り、原作アニメの雰囲気を重視した作品に仕上がっているように思える。20年以上の時を経て実写版で蘇る『カウボーイビバップ』はどのような姿に生まれ変わるのか。続報に期待しよう。

実写ドラマ『カウボーイビバップ』は2021年11月(金) よりNetflixで独占配信。Netflixでは番組視聴ページが登場している。

ドラマ『カウボーイビバップ』(Netflix)

なお、ドラマ『カウボーイビバップ』はコミック化とスパイク&ビシャスニよる前日譚を描く小説の刊行が決定している。詳しくはこちらから。

ドラマ『カウボーイビバップ』の吹き替え声優予想はこちらの記事で。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 第4話ラストはなぜ重要か『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』が加速させる“ヒーロー不信”のMCUフェーズ4

    2. ドラマ『スノーピアサー』シーズン2 Netflixで1月26日配信開始!衝撃のラストのその後…

    3. 第1話から最終話まで! 『ザ・ボーイズ』シーズン2 全話ネタバレ解説まとめ

    4. ネタバレ解説!『ワンダヴィジョン』第7話 遂に正体が… “ネクサス”の意味は? あらすじ&考察