【製作秘話】Amazonドラマ『アップロード』設定は30年前に作られていた。『グッド・プレイス』との意外な関係も【アップロード ~デジタルなあの世へようこそ】VG+ (バゴプラ) | VG+ (バゴプラ)

【製作秘話】Amazonドラマ『アップロード』設定は30年前に作られていた。『グッド・プレイス』との意外な関係も【アップロード ~デジタルなあの世へようこそ】

©️Amazon Studios

AmazonのSFコメディドラマ『アップロード』

2020年5月1日(金)にAmazonプライムビデオで配信を開始したSFコメディの『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ』。仮想現実に意識をアップロードすることで死後も“余生”を楽しめるという近未来を舞台に、アンディ・アロー演じるノラとロビー・アメル演じるネイサンの物語がコミカルに描かれる。

ドラマ『アップロード』のあらすじと基本情報については、以下の記事をチェックしてほしい。

ドラマ『アップロード』の製作・監督を務めたのは、コメディシリーズ『The Office』(2005-2013)の監督・脚本で知られるグレッグ・ダニエルズ。5月29日(金)からNetflixで配信されるSFコメディドラマ『スペース・フォース』も手がけるなど、人気プロデューサーの一人だ。“宇宙軍”をテーマにした『スペース・フォース』の詳細は以下の記事に詳しい。

『アップロード』でも安定の面白さを提供してくれているが、実は同作の製作は一筋縄ではいかなかったそうだ。

製作まで30年!?

グレッグ・ダニエルズが米Mashableに話したところによると、実は『アップロード』のアイデアは30年以上前に存在していたのだという。それは、ダニエルズが人気コメディ番組『サタデー・ナイト・ライブ』(1975-)に作家として携わっていた1987年から1990年ごろの話。ニューヨークのミッドタウンを歩いていたダニエルズは、電気屋さんのディスプレイの中に映し出されていた“デジタルvsアナログ”の図式を見て、「デジタル化できる究極のものは何か」ということを考えたのだという。

未来SFが好きだったグレッグ・ダニエルズは、すぐに「死後の世界のデジタル化」という着想を得て、短編小説にすることや本の企画書に落とし込むことを試みた。結果的にAmazonプライムビデオでのドラマ化という着地点を得たこのアイデアだが、長年の間、誰もそれを作品化しようとはしなかったのだという。

ドラマ『グッド・プレイス』との意外な関係

そうこうしている間に、同じようなアイデアが登場する。マイケル・シュアが製作を手がけたファンタジーコメディドラマの『グッド・プレイス』(2016-2020) だ。人間の生前の行いが“ポイント制”で換算されており、善行を積んだ人間は死後に“いい所”に住むことができるという設定のドラマで、エミー賞ノミネートも果たした傑作だ。

実はマイケル・シュアとグレッグ・ダニエルズはそれぞれ『アップロード』と『グッド・プレイス』の脚本執筆に取り組んでいた時期に食事をする機会があったのだという。共に進行中のプロジェクトがあることを共有し、後日原案をシェアしあうことを約束しながらも、それは実現しなかった。

その後『グッド・プレイス』が世にでることを知ったグレッグ・ダニエルズだったが、そもそも「死後の世界」という設定に専売特許はないと考え、『グッド・プレイス』を鑑賞することなく、『アップロード』の製作を続けたのだという。

『グッド・プレイス』ファンだったロビー・アメル

だが、『グッド・プレイス』の登場に影響を受けた人物もいた。それは、『アップロード』でネイサン役を演じたロビー・アメルだ。『グッド・プレイス』とSFドラマアンソロジー『ブラック・ミラー』(2011-)の大ファンだったというロビー・アメルは、脚本を読むたびに「これは『ブラック・ミラー』を想起させるな」と感じる場面に直面していたという。結果的に後発作品となった『アップロード』は、時には他の作品と被るジョークをカットするという判断も下しながら製作が進められた。

ロビー・アメルは「彼 (グレッグ・ダニエルズ) は昔から (この設定を) 考えていましたが、誰もそれに取り組む準備ができていませんでした。今、私たちは『ブラック・ミラー』以後の世界に生きていて、人々はその類のSFを以前よりも受け入れることができるんです」と語っている。

それでも、『アップロード』というドラマは独特でオリジナルな作品に仕上がっている。その面白さは折り紙つきだ。『アップロード』の製作が成功した理由は、ほかでもないグレッグ・ダニエルズの類い稀なセンスによるものだということは明らかだろう。

30年の構想期間を経て登場したSFコメディドラマ『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ』は、Amazonプライムビデオで配信中。

シーズン2の製作も決定している。

『アップロード ~デジタルなあの世へようこそ』のあらすじは、以下の記事をチェックしてほしい。

グレッグ・ダニエルズが手掛ける5月29日(金)からNetflixドラマ『スペース・フォース』の詳細は以下の記事に詳しい。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. 【第1話ネタバレレビュー】大人だって何も知らない——『ザ・ループ TALES OF THE LOOP』が思い出させてくれたこと【解説】

  2. 【特報】尾崎英二郎がDCドラマでゴジラを生んだ巨匠・本多猪四郎を演じる!本人コメントとエグゼクティヴ・プロデューサー ケト・シミズのコメントが到着

  3. 『GOTHAM/ゴッサム』シーズン5、最終回を迎える 出演者から“ゴッサム市民”へのメッセージ動画を公開

  4. スウェーデン政府、SFドラマ『ザ・ループ TALES FROM THE LOOP』を応援