『GOTHAM/ゴッサム』シーズン5、最終回を迎える 出演者から“ゴッサム市民”へのメッセージ動画を公開

ライター

メインキャストからメッセージ

『GOTHAM/ゴッサム』シーズン5最終回を放送

米時間2019年4月25日、人気ドラマ『GOTHAM/ゴッサム』のシーズン5 第12話が放送され、遂にフィナーレを迎えた。今回放送されたタイトルが同作の通算100話目に当たり、5年に及んだ人気シリーズに幕を閉じた。シーズン5の第1話放送時にはネット上で“祭り”となる盛り上がりを見せていたが、最終回もNFLドラフトの裏番組ながら219万人が視聴したという。

5年間の締めくくりに…

『GOTHAM/ゴッサム』は、バットマンが登場する前のゴッサムの街を舞台にした「バットマン」シリーズの前日譚。新米刑事時代のジム・ゴードン、少年時代のブルース・ウェイン、傘持ち時代のペンギンなど、映画やコミックでおなじみの面々を中心に、混沌に陥っていくゴッサムの街が描かれた。

『GOTHAM/ゴッサム』の公式Twitterアカウントは、シリーズのフィナーレに合わせて、主要登場人物からの「ゴッサム市民へ」と題したメッセージ動画を公開。『GOTHAM/ゴッサム』シーズン5最終回の中身は日本公開を待つこととして、今回は、5年間のシリーズを完走した面々からのコメントをご紹介しよう。

5名のキャラクターが登場

コメント動画は、『GOTHAM/ゴッサム』シーズン5の最終回放送に向けて、5日間に渡って1日1本ずつ公開された。最終回の4日前には、エリン・リチャーズ演じるバーバラ・キーンが登場。

ゴッサムの女性たち、私たちの旅に参加するために“バッドアス”でいてくれてありがとう。共に未来を切り開いていきましょう。

3日前には、ロビン・ロード・テイラーが演じたペンギンことオズワルド・コブルポットのメッセージを公開。

兄弟姉妹たち、あなた方がゴッサムを作り、ゴッサムが私を作り上げました。感謝の意を表します。

2日前には、キャムレン・ビコンドヴァが演じたセリーナ・カイルが登場。

Yo ゴッサム、私たちはストリートで育ちました。この街は私たちのDNAに刻み込まれています。あなたが生きている限り、ゴッサムも生き続けます。生かしてくれてありがとう。

最終回前日は、ベンジャミン・マッケンジーが演じたジム・ゴードンからのゴッサム市民へのメッセージが公開された。

ゴッサム市民の皆さん、インスピレーションとサポートに感謝します。それが私たちの戦う理由でした。皆さんに敬礼を。

そして放送日に公開されたのは、デヴィッド・マズーズが演じたブルース・ウェインからのコメント。

ゴッサム市民の皆さん、新しい家族になってくれてありがとう。戦う理由、守るものができました。いつの日か、救ってみせます。

5年間のシリーズを締めくくる感動的なコメントだ。ドラマ『GOTHAM/ゴッサム』の物語は、ブルース・ウェインが家族を失ったところから始まった。5年の歳月を経て、バットマンとしてゴッサムの街の平和を背負っていくことになるブルース・ウェインの成長した姿が、このコメントからも感じ取ることができる。

日本では、『GOTHAM/ゴッサム』シーズン4のDVD&Blu-rayが好評発売/レンタル中。シーズン5の公開を楽しみに待とう。

– Thumbnail –
via: FOX © 2018 FOX and its related entities. All rights reserved.

VG+編集部

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. 『GOTHAM/ゴッサム』シーズン5完成間近! キャットは「まじか…」リドラーとペンギンはあの姿に……

  2. 『高い城の男』シーズン3であの日本人キャラクターを演じたのは誰? 日系の新キャストまとめ

  3. 『高い城の男』シーズン1でナチス側のキャラを演じたキャストをおさらい―Vol.3 ヘレン・スミスを演…

人気記事

新着記事

hulu
PAGE TOP