第51回星雲賞発表 長編部門は小川一水『天冥の標』メディア部門に『彼方のアストラ』【受賞作リスト掲載】 | VG+ (バゴプラ)

第51回星雲賞発表 長編部門は小川一水『天冥の標』メディア部門に『彼方のアストラ』【受賞作リスト掲載】

諸般の事情により、受賞者コメントを取り下げています。
受賞者コメントが公開されましたら、改めてご案内いたします。

第51回星雲賞各部門の受賞作品が決定

2020年8月22日(土)、第51回星雲賞の発表式が開催された。例年は日本SF大会内で受賞作の発表と授賞式が行われるが、第59回日本SF大会の開催が2021年3月に延期されたため、今回は初めてオンライン配信で受賞者が発表された。

星雲賞は日本で最も歴史が長いSF賞で、日本SF大会の参加者の投票によって受賞作品・受賞者が選ばれる。

注目の日本長編小説部門を受賞したのは小川一水の『天冥の標』。2019年に全10巻が完結した同作は、日本SF作家クラブが主催する日本SF大賞も受賞しており、星雲賞との二冠を達成した。

また、日本短編小説部門に菅浩江「不見の月」、海外長編部門に劉慈欣『三体』(翻訳: 大森望、 光吉さくら、ワン・チャイ、監修: 立原透耶)、海外短編部門にグレッグ・イーガン「不気味の谷」(翻訳: 山岸真)が選ばれている。

メディア部門には『彼方のアストラ』、コミック部門に『バビロンまでは何光年?』『ニンジャバットマン』の二作品、アート部門にシライシユウコ、ノンフィクション部門に宮崎哲弥「NHK 100分de名著『小松左京スペシャル 「神」なき時代の神話』」、自由部門『史上初のブラックホールの撮影』が選ばれた。

第51回星雲賞の授賞式は、2021年3月13日〜14日の第59回日本SF大会「F-CON」の会期中に開催される。ぜひこちらにも参加しよう。

第59回日本SF大会「F-CON」

第51回星雲賞 受賞作および受賞者

日本長編部門『天冥の標』小川一水 早川書房

早川書房
¥880 (2020/09/30 00:57:55時点 Amazon調べ-詳細)

全10巻(17冊)完結
書籍情報: 早川書房 ハヤカワ文庫JA

日本短編部門「不見の月」菅浩江 早川書房

¥1,782 (2020/09/30 07:55:24時点 Amazon調べ-詳細)

書籍情報: 早川書房 単行本『不見の月 博物館惑星Ⅱ』収録

海外長編部門『三体』劉慈欣(りゅう・じきん) 早川書房

早川書房
¥2,090 (2020/09/29 11:49:27時点 Amazon調べ-詳細)

訳者: 大森望、 光吉さくら、ワン・チャイ
監修: 立原透耶

海外短編部門「不気味の谷」グレッグ・イーガン

¥1,030 (2020/09/30 07:55:25時点 Amazon調べ-詳細)

訳者: 山岸真
書籍情報: ハヤカワ文庫SF『ビット・プレイヤー』収録

メディア部門『彼方のアストラ』監督: 安藤正臣 Lerche

¥15,600 (2020/09/30 00:47:26時点 Amazon調べ-詳細)
¥10,250 (2020/09/30 00:47:27時点 Amazon調べ-詳細)
¥2,805 (2020/09/30 00:57:56時点 Amazon調べ-詳細)

原作: 篠原健太

コミック部門 (2作品)

『バビロンまでは何光年?』道満晴明 秋田書店

書籍情報: ヤングチャンピオン烈コミックス

『ニンジャバットマン』久正人 株式会社ヒーローズ
¥299 (2020/09/30 07:55:26時点 Amazon調べ-詳細)

キャラクター・監修: DC COMICS
書籍情報: DC COMICS

アート部門 シライシユウコ

早川書房
¥1,320 (2020/09/30 00:47:32時点 Amazon調べ-詳細)
早川書房
¥1,320 (2020/09/30 00:47:32時点 Amazon調べ-詳細)

ノンフィクション部門『小松左京スペシャル「神」なき時代の神話 (NHK100分de名著)』宮崎哲弥 NHK出版

NHK出版
¥576 (2020/09/30 01:35:22時点 Amazon調べ-詳細)

自由部門『史上初のブラックホールの撮影』EHT (Event Horizon Telescope) プロジェクト

受賞理由: 撮影に成功したのは今回が初めて

第51回星雲賞の授賞式が行われる第59回日本SF大会「F-CON」は、2021年3月13日〜14日、福島で開催。

第59回日本SF大会「F-CON」

受賞作一覧

<日本長編部門>
『天冥の標』
小川一水
早川書房
<日本短編部門>
「不見の月」
菅浩江
早川書房
<海外長編部門>
『三体』
劉慈欣(りゅう・じきん
翻訳 大森望、 光吉さくら、ワン・チャイ
監修 立原透耶
早川書房
<海外短編部門>
「不気味の谷」
グレッグ・イーガン
翻訳 山岸真
早川書房
『ビット・プレイヤー』収録
<メディア部門>
『彼方のアストラ』
監督 安藤正臣
原作 篠原健太
制作 Lerche
<コミック部門>(2作品)
『バビロンまでは何光年?』
道満晴明
秋田書店
ヤングチャンピオン烈コミックス『ニンジャバットマン』
漫画:久正人
キャラクター・監修:DC COMICS
株式会社ヒーローズ
<アート部門>
シライシユウコ
<ノンフィクション部門>
NHK 100分de名著『小松左京スペシャル 「神」なき時代の神話』
宮崎哲弥
NHK出版
<自由部門>
『史上初のブラックホールの撮影』
EHT (Event Horizon Telescope) プロジェクト
受賞理由:撮影に成功したのは今回が初めて

情報提供
日本SFファングループ連合会議

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. SF作家ケン・リュウがブロックチェーンを語る! 仮想通貨イベント“コンセンサス2019”に登場

  2. 2019年 注目された20の話題【SFウェブメディア VG+ バゴプラ】

  3. The Game Awards 2019ノミネート作品発表 『デス・ストランディング』が最多8部門

  4. VG+ 2018年アクセスランキング【6位〜10位】