ウェブメディアにSFの波到来——Vergeに続き、米WIREDもSFシリーズ公開 | VG+ (バゴプラ)

ウェブメディアにSFの波到来——Vergeに続き、米WIREDもSFシリーズ公開

via: WIRED © 2018 Condé Nast. All rights reserved.

ウェブメディアにSFの波

米WIREDがSF短編小説を公開

米WIREDのウェブ版が、短編SFシリーズ8作品を一挙公開した。「仕事の未来 (Future of Work)」をテーマにしており、執筆者には、ヒューゴー賞やネビュラ賞の受賞経験者など、錚々たる顔ぶれが並ぶ。アメリカでは先日、カルチャーウェブマガジンのThe Vergeが「より良い世界 (Better Worlds)」をテーマとしたSFシリーズ公開を発表したばかり。海外ではSF系のウェブメディアは一般的だが、SF系ではないウェブメディアにも、SFの波が訪れているのだ。

SFが未来を捉える

Vergeの「Better Worlds」は、10人のSF作家が描き出した作品の内、5作品をアニメーション作品に、残りの5作品をオーディオブックとして配信する試み。よりウェブメディアに適応させたフォーマットで、SF作家たちの作品を発信していく狙いだ。

一方、WIREDの「Future of Work」は、短編小説のみを集めたオールドスクールなスタイル。それでも、ブロックチェーンとスマートコントラクトを題材にしたケン・リュウの「The Trustless」など、最新技術を題材にした興味深い作品が集まっている。

「Future of Work」の狙い

AI技術等の発展により、人間の労働が大きな変革期を迎えている現代において、「仕事の未来」が人々の関心を集めている。ここ数年で、「○年後になくなる仕事」という特集を数多く目にするようになった。WIREDの「Future of Work」はレポートやチャート、ホワイトペーパーでは掴めないリアルな感覚を、サイエンス・フィクションの物語を通して捉えようという試みだ。
“if”の物語を通して、起こり得る (起こり得た) 世界を提示できることが、SFが持つ魅力の一つだ。目まぐるしく生活が変化する現代において、指針を示してくれるSFというジャンルは、今後より一層重要性を増していくことになるだろう。

WIREDの「Future of Work」で配信されている作品は以下の通り。

「リアル・ガールズ」by ローリー・ペニー
「ザ・トラストレス」 by ケン・リュウ
「プラシーボ」 by  チャールズ・ユー
「ザ・ファーム」 by チャーリー・ジェーン・アンダース
「ザ・サードペタル」 by ニシ・シャウル
「ザ・ブランチ」 by ユージーン・リム
「マキシマム・アウトフロー」 by アダム・ロジャース
「コンパルソリー」 by マーサ・ウェルス

WIRED「Future of Work」

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. Kaguya Planet5月先行公開、大木芙沙子「かわいいハミー」配信開始

    2. 『ベストSF2021』11月22日発売! 第一回かぐやSFコンテスト大賞の勝山海百合「あれは真珠というものかしら」収録

    3. 第40回日本SF大賞 最終候補作発表 『なめらか』『宿借りの星』『零號琴』等が選出

    4. 第二回かぐやSFコンテスト結果発表 「未来の色彩」をテーマにしたSF短編小説を世界へ