米Vergeが短編SF小説 & アニメシリーズ公開へ 流行の“ダークさ”を排し「明るい未来」を描く

ライター

VergeのSFシリーズが始動

“より良い未来”を描く

アメリカのテクノロジー&カルチャーサイトのVergeは、短編SFシリーズの公開を発表した。このシリーズは「Better Worlds」と名付けられ、2019年1月14日より週二本のペースで短編小説のオーディオブックとアニメ作品の公開を予定している。特に近年のスーパーヒーロー作品で顕著なダークな作風を払拭し、“より良い未来”を描くシリーズになるという。

 

制作には豪華ラインナップ

作品制作には、豪華作家陣が勢ぞろいしている。2018年4月に発売した歴史改変ゾンビSF『Dread Nation』が高い評価を受けているジャスティナ・アイルランドや、日本でも4月に発売された『メカ・サムライ・エンパイア』の著者ピーター・トライアスらが名を連ねる。全10話が配信される予定となっており、この内5作品がアニメ化作品となっている。

もう一度、ポジティブなSFを

「Better Worlds」のコンセプトは、暗いニュースばかりの現代において、SFを通して明るい未来を創造していくことにある。編集を務めるローラ・ハドソンは、自身はSF黄金期におけるポジティブな作品と共に育ってきたと語り、「スタートレック」シリーズのような作品が、多くの優秀な技術者を生み出した、としている。若い世代にも親しみやすいアニメを取り込んだVergeの新シリーズもまた、人々に希望を与えるプロジェクトとなるだろうか。

「Better Worlds」で配信が予定されている作品と配信日は以下の通り。

“A Theory Of Flight”
2019年1月14日公開
作:ジャスティナ・アイルランド
アニメーション:All In Pixel

“Move The World”
2019年1月16日公開
作:カーラ・スピード・マクニール

“A Model Dog”
2019年1月21日公開
作:ジョン・スコルジー
アニメーション:ジョエル・プロズ

“Online Reunion”
2019年1月23日公開
作:リー・アレクサンダー

“St. Juju”
2019年1月28日公開
作:リバーズ・ソロモン
アニメーション:アレン・レセター

“Monsters In Their Season”
2019年1月30日公開
作:キャドウェル・ターンブル

“Overlay”
2019年2月4日公開
作:エリザベス・ボーンスティール
アニメーション:Device

“Skin City”
2019年2月6日公開
作:ケリー・ロブソン

“A Sun Will Always Sing”
2019年2月11日公開
作:カリン・ロワチー
アニメーション:Yeah Haus

“The Burn”
2019年2月13日公開
作:ピーター・トライアス

Better Worlds (The Verge)

– Thumbnail –
via: Screenshot on The Verge YouTube
– Source –
The Verge

VG+編集部

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. 固定価格制に国策仮想通貨? 近未来SFは仮想通貨をどう描いたか―2018年を舞台にした小説『アンダー…

  2. ウェブメディアにSFの波到来——Vergeに続き、米WIREDもSFシリーズ公開

  3. ラップが原作! 海底文明描いたSF小説『The Deep』米で6月発売へ

人気記事

新着記事

PAGE TOP