『メカ・サムライ・エンパイア』へのトリビュート曲を『スマブラ』シリーズの川田宏行が発表 | VG+ (バゴプラ)

『メカ・サムライ・エンパイア』へのトリビュート曲を『スマブラ』シリーズの川田宏行が発表

via: Hayakawa Books & Magazinez (β)

『メカ・サムライ・エンパイア』作中ゲームのテーマ曲が登場!?

川田宏行が「キャット・オデッセイ」のテーマを制作!

『大乱闘スマッシュ・ブラザーズ』シリーズ等で作曲・編曲を手がける川田宏行が、ピーター・トライアスによる歴史改変SF小説『メカ・サムライ・エンパイア』(2018)のトリビュート曲を発表した。曲名は「theme from Cat Odyssey inspired by “Mecha Samurai Empire”」で、『メカ・サムライ・エンパイア』に登場するゲーム「キャット・オデッセイ」のテーマ曲となっている。同曲は、川田宏行のScoundCloudで試聴できる。

トリビュートが現実に

『メカ・サムライ・エンパイア』作者のピーター・トライアスは、自身のTwitterで、川田宏行へのトリビュートとして作中に作曲家の“河田”を登場させていたことを紹介。

劇中では、この“河田”は「キャット・オデッセイ」の作曲を手がけている。今回、川田宏行が実際に「キャット・オデッセイ」のテーマ曲を制作したことで、ピーター・トライアスが仕掛けたトリビュートが現実のものになったのだ。川田宏行も、自身がカメオ出演した『メカ・サムライ・エンパイア』を「特別な作品」と述べている。

川田宏行は3rdミニアルバム『oto no ha – オトノハ -』を発表

川田宏行は、言わずと知れた有名ゲームミュージッククリエイターだ。ナムコ、バンダイナムコゲームス、バンダイナムコスタジオでゲーム音楽を手がけ、2015年に独立。近年では、2018年に発売された『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』の音楽を手がけている。2019年には3rdミニアルバム『oto no ha – オトノハ -』を発表。2月23日(土)に開催される東京ゲーム音楽ショー (大田区産業プラザPiO) で先行発売される。「theme from Cat Odyssey inspired by “Mecha Samurai Empire”」も同アルバムに収録されている。

東京ゲーム音楽ショー

個性豊かなキャラクターを描いた『メカ・サムライ・エンパイア』

『メカ・サムライ・エンパイア』は、ピーター・トライアスによる歴史改変SF「USJ」シリーズの第二弾。同シリーズでは、第二次世界大戦で日本とナチスが勝利を収めた世界のアメリカを舞台に、個性豊かなキャラクター達が人種の違いや歴史、圧政に翻弄されながらも、それらを乗り越えていこうと奮闘する姿が描かれている。第一弾の『ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン』(2016)は日本を含む8ヶ国以上で出版され、第48回星雲賞海外部門を受賞した。

¥2,640 (2020/09/27 20:21:44時点 Amazon調べ-詳細)

国を超えた活発なコラボレーション

ピーター・トライアスは、兼ねてから日本のクリエイター達と活発に交流を行なっている。2018年10月には、「メタルギア ソリッド」シリーズなどで知られる小島監督の作品への熱い想いを語った。

また、同年末には、VG+編集部にも、ピーター・トライアス本人より、ウメグラフィックスこと梅野隆児 @umegrafix がデザインしたカードのギフトが届いている。

国や業種を超えて活発なコラボレーションを見せるピーター・トライアス。今後の更なる展開に期待しよう。

Source
Peter Tieryas Twitter

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. 『空のあらゆる鳥を』チャーリー・ジェーン・アンダーズ、最新作がドラマ化へ ソニーが『The City In The Middle Of The Night』のドラマ化権を獲得

  2. 東京創元社より「宇宙」と「時間」をテーマにしたSFアンソロジーが同時発売 酉島伝法、八島游舷ら創元SF短編賞受賞者が勢ぞろい

  3. 「最近出た本を読もう」呼びかけに謎の批判。米SF作家たちが擁護

  4. 麦原遼「GかBか」英訳がスコットランドのSF誌に掲載決定 Toshiya Kameiによる翻訳