劉慈欣「三体」ドイツでも完結へ 2019年4月に最終巻が発売 | VG+ (バゴプラ)

劉慈欣「三体」ドイツでも完結へ 2019年4月に最終巻が発売

via: Amazon.de.com

「三体」シリーズがドイツでも完結

4月に最終巻発売へ

劉慈欣 (リュウ・ジキン) によるアジア作品初のヒューゴー賞長編小説部門受賞作品「三体」シリーズが、ドイツでも完走する。「三体」シリーズは、『三体』、『黒暗森林』、『死神永生』からなる三部作。ドイツでは、「三体」は“Trisolaris”トリロジーと呼ばれている。カリン・ベッツ (Karin Betz) による同シリーズのドイツ語訳は、一作目の『三体』が2016年12月に発売され、二作目の『黒暗森林』は2018年3月に発売されている。最終巻となる『死神永生』は、2019年4月8日に発売される予定だ。中国語でスタートした同シリーズは、ドイツ語圏をも飲み込み、世界へと広がっている。

世界を席巻する劉慈欣

『三体』が、中国で発売されたのは2007年。2014年にSF小説家で翻訳家のケン・リュウが英語に翻訳し、翌2015年のヒューゴー賞で長編小説部門を受賞した。2018年3月には、Amazonスタジオが10億ドルをかけてドラマ化するとの報道も。ドイツでも報道各社がこの噂を報じていた。
2018年10月には、フランス語版の最終巻が発売された他、日本でも第一部の『三体』が早川書房から2019年に発売されることが発表された。11月には劉慈欣の社会貢献が評価され、イギリスで開催されたアーサー・C・クラーク賞で表彰を受けている。中国では、リ劉慈欣の短編「さまよえる地球」(2008)の映画化作品が、旧正月の2019年2月5日に公開される。
世界を席巻する劉慈欣旋風は、しばらく止みそうにない。

Source
Amazon.de.com

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 勝山海百合「あれは真珠というものかしら」スペイン語版がキューバ誌に掲載 Toshiya Kameiによる翻訳

    2. 第41回日本SF大賞は菅浩江『歓喜の歌 博物館惑星Ⅲ』&林譲治《星系出雲の兵站》 立原透耶の功績に特別賞

    3. 牧野楠葉「彼女は二度」の英訳がThe Shanghai Literary Review誌に掲載へ Toshiya Kameiによる翻訳

    4. NHK Eテレ『100分de名著』で「小松左京スペシャル」を放送 第一回目は「地には平和を」