「JOKER LIVE IN CONCERT」が日本で開催。フル・オーケストラによる『ジョーカー』フィルムコンサート | VG+ (バゴプラ)

「JOKER LIVE IN CONCERT」が日本で開催。フル・オーケストラによる『ジョーカー』フィルムコンサート

©2020 WBEI TM & ©DC Comics

「JOKER LIVE IN CONCERT」が日本開催

2019年に公開され、大ヒットを記録した映画『ジョーカー』。R指定の作品としては史上初となる興行収入1,000億円を突破し、 社会現象を巻き起こした。“悪のカリスマ”のオリジンを描いた同作は、アカデミー賞で作品賞を含む11部門ノミネートを果たし、主人公アーサーを演じたホアキン・フェニックスが主演男優賞を、ヒドゥル・グドナドッティルが手掛けた音楽が作曲賞を受賞した。

そして、そのアカデミーの栄冠にも輝いた『ジョーカー』の音楽が、フル・オーケストラで、そしてこの日本で蘇る。この度、2021年2月20 日(土)・21日(日)に、東京国際フォーラムホールAにて映画『ジョーカー』のフィルムコンサート『JOKER LIVE IN CONCERT』が開催されることが決定した。

『JOKER LIVE IN CONCERT』は、映画『ジョーカー』の全編を超巨大スクリーンと高質なサウンドシステムを用いて上映。さらにフル・オ ーケストラのライブ演奏が伴う究極の観劇体験だ。アイスランドの人気グループ múm(ムーム)の主要メンバーであり、チェリストのヒドゥル・グドナドッティルが作曲を手掛け、第 77 回ゴールデングローブ賞作曲賞、第92回アカデミー作曲賞を受賞した本作の楽曲が、大スクリーンで流される本編映像にシンクロし、豪華フルオーケストラによって生演奏される。 巨大スクリーンに映し出しながら、その映像に合わせて演奏する生のオーケストラによって、世界中で一大旋風を巻き起こした衝撃作が、再び蘇る。

そして、この『JOKER LIVE IN CONCERT』について、『ジョーカー』の音楽を手掛けたヒドゥル・グドナドッティルと、監督のトッド・フィリップスよりコメントが届いている。

ヒドゥル・グドナドッティル (音楽)
「息を飲むようなオーケストラの演奏による、美しいトリップ体験􏰀􏰀 本公演を通じて、観客とそんな時間を共有できることをうれしく思う。」

トッド・フィリップス (監督)
「映画『JOKER』の製作に関わった全ての人々に代わって、本公演が実現することへの喜びと興奮を代弁したい。 「JOKER LIVE IN CONCERT」は、ヒドゥル・グドナドッティルの楽曲の数々に没入し、 狂気へと堕ちていく主役ホアキン・フェニックスを目撃する、究極の観劇体験だ。」

©2020 WBEI
TM & ©DC Comics

公演概要
JOKER LIVE IN CONCERT
日時: 2021 年 2 月 20 日(土) 19:00 開演
21 日(日) 13:00 開演 / 18:00 開演
会場: 東京国際フォーラムホール A

上演時間: 2 時間 2 分 (別途休憩あり)
指揮: 上野正博 演奏:東京 21 世紀管弦楽団

チケット料金(全席指定・税込): S 席 9,800 円、A 席 7,800 円、U-25 チケット 5,000 円 (観劇時 25 歳以下対象、要身 分証明証、当日指定席券引換/「パルステ!」、チケットぴあにて前売販売のみの取扱い)
前売り開始: 2020 年 12 月 5 日(土)
※R15+指定: 15 歳未満のお客様のご来場は、ご遠慮下さい
※英語上映、日本語字幕付き

 

 公演特設サイト

 

主催: 株式会社パルコ、ぴあ株式会社 後援: TOKYO FM、InterFM897

 

■チケットに関するお問合せ=サンライズプロモーション東京 0570-00-3337 (平日 12:00~18:00 ※当面の間は月~金 12:00~15:00 までの営業となります)

 

■公演に関するお問合せ=パルコステージ 03-3477-5858 (時間短縮営業中)
https://stage.parco.jp

 

■チケット取扱い
※各プレイガイドでのチケット取扱いは先行販売、一般発売とも Web のみとなります。
PARCO STAGE スマホアプリ「パルステ!」 パルステ で検索!

チケットぴあ https://w.pia.jp/t/joker/

イープラス https://eplus.jp/joker/
ローソンチケット https://l-tike.com/joker/ (L コード:34029)

■2021 年 2 月下旬 神戸公演開催予定。詳細は後日発表。

『ジョーカー』の音楽が大きな話題を呼んだことは記憶に新しい。作曲家でチェロ演奏家のヒドゥル・グドナドッティルは、脚本を読んで得たフィーリングをもとに曲を制作、撮影開始前にメインの楽曲を全て仕上げたという。このため、グドナドッティルの音楽は主演男優賞を受賞したホアキン・フェニックスの演技にも影響を与えた。詳細はこちらの記事に詳しい。

劇中で使用された楽曲には、それぞれに意味が込められていた。『ジョーカー』で流れた音楽の全曲解説はこちらの記事から。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. ヒップホップにしてSF——2年連続ヒューゴー賞ノミネートを果たしたヒップホップグループ “クリッピング” とは誰か

  2. 【全曲解説】『スパイダーマン: ファー・フロム・ホーム』で流れた音楽まとめ【ネタバレ】

  3. 日本語ラップとSF ラッパー達が描いた未来

  4. ドラマ『ザ・ループ TALES FROM THE LOOP』サントラが聴ける! 全1時間の“リラックス用BGM”公開中。音楽を手がけたのはフィリップ・グラス&ポール・レナード=モーガン