【ザ・ハイロウズ、ZARD】『名探偵コナン エピソード"ONE" 小さくなった名探偵』で流れた曲は? | VG+ (バゴプラ)

【ザ・ハイロウズ、ZARD】『名探偵コナン エピソード“ONE” 小さくなった名探偵』で流れた曲は?

©️ 青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 2016

2016年公開の『エピソード“ONE” 小さくなった名探偵』

2016年スペシャルアニメとして放送された『名探偵コナン エピソード“ONE” 小さくなった名探偵』。小学生名探偵・江戸川コナンの誕生を描きなおした作品で、『名探偵コナン』の第一話を元に物語を構成しなおし、豪華声優キャストが出演を果たした。

数々のキャラクターが登場し、『名探偵コナン』ファンを唸らせた『エピソード“ONE” 小さくなった名探偵』だが、更に注目したいのはその音楽だ。こちらもファン垂涎の楽曲が起用されている。

「胸がドキドキ」THE HIGH-LOWS

『名探偵コナン エピソード“ONE” 小さくなった名探偵』のオープニングで流れるのは、THE HIGH-LOWSの「胸がドキドキ」。1996年に『名探偵コナン』のアニメ版が放送を開始した際に使用されていた初代オープニングテーマ曲だ。

「胸がドキドキ」がアニメ版のOP曲として使用されていたのは、約8ヶ月間。アニメ初期からのファンは『エピソード“ONE” 小さくなった名探偵』のオープニングに胸を打たれたことだろう。

「胸がドキドキ」では「子どものころに わかりかけてたことが 大人になってもわからないまま」「作戦たててじっと待つより 子どものままでぶつかってゆく」と、子どもになったコナンの視点とリンクする歌詞が歌われている。

なお、「胸がドキドキ」のシングルには、ジャケットにTHE HIGH-LOWSのメンバーが描かれており、アニメ第12話の挿入歌「そばにいるから」も収録されている。

¥126 (2020/11/25 00:07:21時点 Amazon調べ-詳細)

「運命のルーレット廻して」 ZARD

新一と蘭がトロピカルランドに出かけるシーンでは、 ZARDの「運命のルーレット廻して」が使用されている。「運命のルーレット廻して」は、1998年にアニメ『名探偵コナン』の第4代目のオープニングテーマとして起用された曲だ。

蘭に正体を隠して生きることになったコナンの心情とリンクする「あの頃の自分を遠くで見ている そんな感じ」「ほら 運命の人はそこにいる ずっと君を見ていた」という歌詞は、スタンリー・キューブリック監督の映画『時計じかけのオレンジ』(1971)をヒントに執筆されたという。

「運命のルーレット廻して」のシングルには『名探偵コナン』劇場版第二作目の『名探偵コナン 14番目の標的』(1998)の主題歌「少女の頃に戻ったみたいに」が収録されている。

¥860 (2020/11/24 09:50:40時点 Amazon調べ-詳細)

以上が、『名探偵コナン エピソード“ONE” 小さくなった名探偵』で流れた二つの楽曲だ。いずれも『名探偵コナン』ファンにとっては思い出深い曲であり、コナンの心情とリンクする歌詞がなんだか切なくもある。ストーリーや声優はもちろん、楽曲もまた、『名探偵コナン』という作品を構成する重要な要素なのだ。

『名探偵コナン エピソード“ONE” 小さくなった名探偵』は、Blu-ray版とノベライズ版が発売中。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. 【音楽解説】『名探偵ピカチュウ』で流れた曲まとめ【音楽・主題歌・エンディング曲は?】

  2. ドラマ『ザ・ループ TALES FROM THE LOOP』サントラが聴ける! 全1時間の“リラックス用BGM”公開中。音楽を手がけたのはフィリップ・グラス&ポール・レナード=モーガン

  3. 『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』で流れたアノ曲は!? 音楽が示した“ゴジラの系譜”

  4. 『TENET テネット』のエンディングで流れた主題歌 トラヴィス・スコット「The Plan」に注目