小松左京『首都消失』が復活上映 「妖怪・特撮映画祭」が7月16日(金)より開催 | VG+ (バゴプラ)

小松左京『首都消失』が復活上映 「妖怪・特撮映画祭」が7月16日(金)より開催

©️ KADOKAWA

「妖怪・特撮映画祭」で『首都消失』上映

「大魔神」三部作の4K修復版や昭和ガメラシリーズ8作品など、30本以上の映画を一挙上映する「妖怪・特撮映画祭」が、7月16日(金)より開催される。

この中で、小松左京の代表的シミュレーション作品『首都消失』(1987) が上映される。『首都消失』の原作小説は1985年に刊行され、ベストセラーとなった作品。第6回日本SF大賞も受賞した名作だ。

¥550 (2021/08/02 09:38:25時点 Amazon調べ-詳細)

1987年に関西テレビ・徳間書店・大映映画によって映画化された本作は、『首都消失』は東京が謎の雲に包まれ音信が途絶えた時に人々がどのように動くのかをシミュレーションしたSF作品。現実世界を異常事態が襲った際の状況をリアルに描き出していく、『日本沈没』(1973) などに連なるジャンルの作品だ。

映画版は『嵐を呼ぶ男』(1966) やアニメ「宇宙戦艦ヤマト」シリーズを手掛けた舛田利雄監督が指揮をとった。首都を失い、危機に直面した日本の姿から得られる教訓とヒントは多い。

今回、「妖怪・特撮映画祭」の開催に合わせて、KADOKAWA映画では『首都消失』の予告編が公開されている。

映画『首都消失』は、角川シネマ有楽町では7月27日(火) 15時10分、ところざわサクラタウンでは8月5日(木) 15時30分に上映される。

「妖怪・特撮映画祭」では、『大魔神』『大魔神怒る』『大魔神逆襲』からなる「大魔神三部作」の4K修復版、55周年プロジェクトが進行中の『大怪獣ガメラ』をはじめとする昭和ガメラシリーズ8作品『小さき勇者たち~ガメラ~』などが上映される。7月16日(金)より角川シネマ有楽町にて一挙上映、7月23日(金) より、ところざわサクラタウン ジャパンパビリオン ホールBにて上映、ほか全国順次上映されるので、スケジュールと上映作品は公式サイトでチェックしていただきたい。

「妖怪・特撮映画祭」公式サイト

上映作品情報

小松左京作品では、2021年10月からは、TBSの日曜劇場にて小栗旬主演の新ドラマ版『日本沈没ー希望のひとー』が放送される。

また、2020年12月には『日本沈没』(上・下) がハルキ文庫より新装版で登場している

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 『ソニック・ザ・ムービー』登場キャラを原作ゲームと比較してみた【ソニック、ドクター・エッグマン】

    2. あらすじ&考察! 映画『ブラック・ウィドウ』はナターシャの過去をどう描く? 原作コミックの設定、タスクマスターとの関係は?

    3. ロバート・デ・ニーロ「『ジョーカー』は『タクシードライバー』『キング・オブ・コメディ』とは違う」

    4. ネタバレ感想!『ゴジラvsコング』続編では小栗旬演じる芹沢蓮とメカゴジラの活躍に期待