『デッドプール3』のMCU入りをライアン・レイノルズが語る ヒュー・ジャックマンとケヴィン・ファイギも納得の形に | VG+ (バゴプラ)

『デッドプール3』のMCU入りをライアン・レイノルズが語る ヒュー・ジャックマンとケヴィン・ファイギも納得の形に

© Marvel

デッドプールのMCU入りをライアン・レイノルズが語る

2024年11月の米公開を予定している映画『デッドプール3』は、『デッドプール』(2016)、『デッドプール2』(2018)に続くライアン・レイノルズ主演の「デッドプール」シリーズ最新作。同時に、ヒュー・ジャックマンのウルヴァリン復帰作でもあり、デッドプールがMCUに合流する記念すべき作品でもある。

もちろん「デッドプール」シリーズとしても期待の新作であり、注目度の高さは折り紙つき。そんな『デッドプール3』が抱える難題について、主演で製作総指揮も務めるライアン・レイノルズは米The Wrapにこう話している。

綱渡りだと思いますね。こうした映画の多くは常に綱渡りのようになりますが、特に今回は“マーベル・付属品・ユニバース”に属する象徴的な二人のキャラクターがぶつかり合うわけですからね(笑)今のところマーベル・シネマティック・ユニバースということになっていますが。

MCUに属さない象徴的なキャラクターである二人が揃ってMCUに参加する本作を「綱渡り」と語るライアン・レイノルズ。一方で、ウルヴァリンとデッドプールのキャラクターを変えることはしないと約束している。

この二人のキャラクターを、本物であると感じられる方法で向き合わせることが重要です。この二人のワルは素晴らしい方法で正しい道をいくことになると思いますよ。

デッドプールとウルヴァリンの復活に自信を見せるライアン・レイノルズは、2022年11月に米人気トーク番組の『The Tonight Show Starring Jimmy Fallon』に出演した際には、自身が気にかけていた二人の存在を挙げている。

ウルヴァリンを連れてくるために、私たちはヒュー・ジャックマンとケヴィン・ファイギが認めてくれるやり方で、『ローガン』が残したレガシーをそのまま完全に守ることができました。それをめちゃくちゃにすることはありません。私はそのことにワクワクしています。

ヒュー・ジャックマンとマーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギが納得する形で、映画『LOGAN/ローガン』(2017)で迎えたローガンのラストを台無しにしないという困難な条件をクリアしたと語るライアン・レイノルズ。“ヒュー・ジャックマン演じるウルヴァリンを伴ってのデッドプールのMCU入り”という様々な人を納得させなければいけない難題をあっさり乗り越えたのだとすれば、それはとても“デッドプールっぽい”所業だ。

また、ライアン・レイノルズはヒュー・ジャックマンをからかいながら、こうも述べている。

少し歳をとって、言いたいことは——この業界で働けること自体が幸運なことです。それもこんなに長く働けるなんて本当にラッキーですよ。しかし、本当に一緒に働きたいのは、とても才能がある人か、私が大好きで純粋に親友である人たちです。残念ながらヒューはどちらにも当てはまりません。でも、私はローガンのファンなので楽しみですよ。

一方で、ヒュー・ジャックマンはウルヴァリン役への復帰について、いつもライアン・レイノルズから依頼されていたと明かしている。一周して仲の良さを見せつけている二人は、ケヴィン・ファイギも納得したという『デッドプール3』でどんな“綱渡り”を見せるのだろうか。

映画『デッドプール3(原題:Deadpool 3)』は2024年11月8日(金)米公開予定。

『デッドプール』『デッドプール2』は2枚組のBlu-rayコレクションが発売中。

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥1,900 (2024/04/16 20:14:01時点 Amazon調べ-詳細)

映画『LOGAN/ローガン』は4枚組Blu-ray + 4K ULTRA HDが発売中。

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥6,200 (2024/04/16 22:07:42時点 Amazon調べ-詳細)

映画版のウルヴァリンのこれまでと、デッドプールとの絡みについてのまとめ&解説はこちらの記事で。

Source
The Wrap / The Tonight Show Starring Jimmy Fallon

『ブラックパンサー3』についての情報はこちらから。

『アントマン&ワスプ:クアントマニア』本予告の解説&考察はこちらの記事で。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

関連記事

  1. マーベル『シャン・チー』に「宮崎駿の影響」との声 ワールドプレミア後に米記者が明かす【テン・リングスの伝説】

  2. ネタバレ解説 あのカメオの真相は?『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』

  3. 『TENET テネット』飛行機激突シーン、ノーラン流 驚異の節約術が明らかに

  4. アカデミー新会員の招待者に細田守、新海誠、菅野よう子。#MeToo、#OscarSoWhiteの影響も