感謝祭後に本格始動!『コンスタンティン2』は“本物のR指定”にと監督コメント | VG+ (バゴプラ)

感謝祭後に本格始動!『コンスタンティン2』は“本物のR指定”にと監督コメント

© Warner Bros. Japan LLC All rights reserved.

フランシス・ローレンス監督がR指定の『コンスタンティン2』に意欲的なコメント

キアヌ・リーブス主演の映画『コンスタンティン』(2005)の続編である『コンスタンティン2』が脚本家組合ストライキ終了に伴い、企画が進み始めているとフランシス・ローレンス監督が発言し、11月後半の感謝祭後には会議などが行われることを米comicbook.comと米THE Hollywood REPORTERが報じた。2023年10月28日の記事によれば、フランシス・ローレンス監督は『コンスタンティン2』は“本物のR指定作品”にしたいと考えているとのことだ。

映画『コンスタンティン』はDCコミックスの『ヘルブレイザー(原題:Hellblazer)』(1988-2020)の実写化作品であり、タイトルはその登場人物で映画の主人公のジョン・コンスタンティンから取られている。天界・人間界・地獄の三つに分断された世界を舞台に、ヘビースモーカーで末期の肺がんの悪魔祓いジョン・コンスタンティンとそれぞれの世界から干渉してくる存在であるハーフ・ブリードなどとの戦いを描いた作品だ。

2023年10月28日の記事でのインタビューではランシス・ローレンス監督は全米脚本家組合ストライキによって『コンスタンティン2』の企画が一時中断されていたことについて述べつつ、主演のキアヌ・リーブスと制作のアキヴァ・ゴールズマンたちとミーティングを重ね、ストーリーを練り上げてきたと語った。そして、脚本を書く上で『コンスタンティン2』を“本物のR指定作品”にしていきたいと続けた。

また、2023年11月21日のインタビューでは、フランシス・ローレンス監督は自身が監督した『ハンガー・ゲーム0』(2023)のインタビューで『コンスタンティン2』の製作状況について以下のように述べている。

DCの体制が変わり、彼らには彼らの計画があります。でも幸運なことに、なんとかコントロールできるようになり、『コンスタンティン2』のアイデアを練り始めました。だから、おそらく感謝祭が終わったら、また一緒に再開し、それを完成させるためにまた掘り下げるつもりです。

感謝祭はアメリカでは11月の第4木曜日に開かれるため、11月後半には企画に関する会議が再開され、そこに米脚本家組合ストライキと全米俳優組合ストライキ以前から企画が進行していたことを加えて考えると、早ければ2023年末から2024年の年始には脚本やスケジュールなどの『コンスタンティン2』の基礎が完成するものと思われる。

また、2023年10月28日の記事でのインタビューで監督が共に『コンスタンティン2』をつくるメンバーとして名前を挙げたアキヴァ・ゴールズマンは『バットマン フォーエヴァー』(1995)や『バットマン & ロビン Mr.フリーズの逆襲』(1997)の脚本を務め、前作『コンスタンティン』でも制作のメンバーとして参加している脚本家だ。

かつて2022年11月のインタビューでフランシス・ローレンス監督は、監督を務めた前作『コンスタンティン』においてMPAは宗教色が強い作風からR指定されたと答えている。MPAはモーション・ピクチャー・アソシエーション・インクの略称で、日本における一般財団法人映画倫理機構、俗に映倫と呼ばれる機関に近い。

そのインタビューではフランシス・ローレンス監督にとって前作『コンスタンティン』はワーナー・ブラザーズの規定に伴い、暴力描写、血、性描写、台詞などPG-13の作品をつくったつもりだったとのことだ。そのため、“本物のR指定作品”として『コンスタンティン2』を撮影するならば、より恐ろしく、より暴力的な作品にしたいといった旨の発言を残している。

2023年11月後半にキアヌ・リーヴス、アキヴァ・ゴールズマン、フランシス・ローレンス監督が再集結するとされる『コンスタンティン2』。主演、プロデューサー、監督の3名で進められる『コンスタンティン2』はDCEU(DCエクステンデッドユニバース)やCU(DCユニバース)に属さず、『THE BATMAN-ザ・バットマン-』(2022)から始まるバットバースや、『ジョーカー』(2019)やその続編『ジョーカー:フォリ・ア・ドゥ(原題:Joker: Folie à Deux)』(2024)などと同じくDCエルスワールドに属すると考えられている。その後の情報に注目していきたい。

¥400 (2024/03/03 19:15:17時点 Amazon調べ-詳細)

Source
comicbook.com/THE Hollywood REPORTER

ジェームズ・ガンが発表したDCU10作品の全作解説はこちらから。

『コンスタンティン2』とこれまでの実写化されたジョン・コンスタンティンについての記事はこちらから。

映画『コンスタンティン』(2005) Blu-rayが発売中。

ワーナーホームビデオ
¥1,210 (2024/03/03 19:15:18時点 Amazon調べ-詳細)

ドラマ版『コンスタンティン』のワーナー公式ページはこちらから。

ドラマ『コンスタンティン』ワーナー公式

ドラマ版『コンスタンティン』とクロスオーバーをしたNetflix制作ドラマ『LUCIFER/ルシファー』(2016-2021) はこちらから。

『LUCIFER/ルシファー』Netflix

ジョアンナ・コンスタンティンが登場するNetflix制作ドラマ『サンドマン』(2022) はこちらから。

『サンドマン』Netflix

鯨ヶ岬 勇士

1998生まれのZ世代。好きだった映画鑑賞やドラマ鑑賞が高じ、その国の政治問題や差別問題に興味を持つようになり、それらのニュースを追うようになる。趣味は細々と小説を書くこと。
お問い合わせ

関連記事

  1. ジェームズ・マカヴォイ「X-MEN」シリーズでお気に入りのマイケル・ファスベンダーを語る

  2. 2023年公開のSF映画まとめ! 『シン・仮面ライダー』にMCUは3本、ゴジラとジブリ新作も

  3. コング族とイーウィス族は滅びたはず? 『ゴジラxコング 新たなる帝国』新予告考察&解説

  4. リメイク版『ニューヨーク1997』ワイアット・ラッセルはスネーク役「絶対にやりたくない」