【ファッション】『バック・トゥ・ザ・フューチャー』でマーティが着ていたブランドをチェック【ナイキ、カルバン・クライン…etc.】VG+ (バゴプラ) | VG+ (バゴプラ)

【ファッション】『バック・トゥ・ザ・フューチャー』でマーティが着ていたブランドをチェック【ナイキ、カルバン・クライン…etc.】

©️Universal City Studio, Inc. All Rights Reserved.

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のファッションに注目

名作SF映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(1985)。誕生から35年以上の時を経ても、多くの人々に愛されている。デロリアンを改造したタイムマシンで時を超え、両親の恋愛を成就させるというアイデアや、ユーモア溢れるコメディ要素、「ジョニー B. グッド」をはじめとするセンス溢れる音楽のチョイスなど、その魅力は枚挙にいとまがない。

今回はその中でも、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』でマーティが身を包んだファッションに焦点を当ててみよう。当時は最新だったファッションも、今振り返れば80年代のオールドスクールなファッションに仕上がっている。

おなじみのベスト

マーティと言えば、劇中でも“救命胴衣”としていじられるオレンジのベスト。ファンの間では1971年創業の米Class-5のダウンベストだと言われている。実はこのベスト、マーティを演じたマイケル・J・フォックスが「(駐車場での撮影が) 本当に寒くて、そうじゃなかったらあのベストは着ていません」と2009年に英Guardianで述べている。

ジャケットはマルチーノ

ベストの下に着ているのは米ゲス (Guess) のアッパーラインであるマルチーノのデニムジャケット。ツートーン柄になっており、胸にはフェンダーのベースとブーメラン型のピックのピンバッチ、「ART IN REVOLUTION」と書かれた缶バッチが付いている。

シャツはShah Safari

マーティは赤い無地Tシャツの上にチェック柄のシャツを着ている。これは、1975年に創業し、米シアトルに拠点を置くShah Safariの商品だ。

ジーンズはゲス

パンツはゲスのジーンズ。ゲスは1981年に生まれたブランドで米ロサンゼルスに拠点を置いている。裾を巻き上げてハイウェストで着こなすのが1980年代の流行だった。

GUESS(ゲス)
¥10,811 (2020/07/03 21:11:49時点 Amazon調べ-詳細)

スニーカーはナイキとコンバース

キックスは1973年に登場した米ナイキのブルーイン。1964年に創業したナイキも1955年には存在しない。なお、スケートボードでビフから逃げるシーンでは、マーティのキックスは米コンバースのオールスター (ハイカット) に履き替えている。コンバースは1908年に創業、オールスターは1917年に誕生しているので、1955年の世界でもおなじみだ。

CONVERSE(コンバース)
¥5,280 (2020/07/03 20:33:37時点 Amazon調べ-詳細)

アンダーウェアはカルバン・クライン

マーティンが履いている紫のアンダーウェアは、劇中のギャグとしても利用されている通り、米カルバン・クラインのもの。カルバン・クラインがこのブランドを創業したのは1968年のこと。1955年に同ブランドは存在せず、マーティのアンダーウェアに書かれた「カルバン・クライン」のロゴを見たロレインが、マーティの名前を「カルバン」だと勘違いする。

ck Calvin Klein(カルバンクライン)
¥3,850 (2020/07/03 21:11:49時点 Amazon調べ-詳細)

腕時計はカシオ

マーティが腕につけている時計はCASIO CA-50。電卓付きの腕時計だ。1984年に登場したこの腕時計は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』への登場をきっかけに世界的な知名度を得ることになる。メーカーはもちろん1957年に日本で設立されたカシオ計算機。

CASIO STANDARD(カシオ スタンダード)
¥2,350 (2020/07/03 21:15:05時点 Amazon調べ-詳細)

カセットプレーヤーはアイワ

マーティが音楽を聴くのはAiwa HS-P07。日本で1951年に創業したアイワのカセットプレーヤーだ。マーティはトヨタの車に憧れ、カシオの腕時計を付け、アイワの音楽プレーヤーを使っている。日本資本が入ってくる1980年代のアメリカの空気感が伝わってくる設定だ。なお、アイワはソニーが2002年に吸収合併している。

以上が、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』におけるマーティンのスタンダードなファッションだ。公開から35年が経過した今、同作は歴史の一部になりつつあるが、そのファッションには新たにオールドスクールな味わいも生まれている。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の誕生秘話と、続編またはリメイク製作の可能性については以下の記事に詳しい。

Source
Guardian

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. 映画『ジョーカー』を評価できない理由

  2. 『アクアマン』“水”を駆使したメイキング映像に注目 ワン監督「見たことのない世界を創り出した」

  3. 『ダークナイト』公開から10年。クリストファー・ノーラン監督がシリーズ全作の脚本を執筆できた「贅沢な時代」

  4. オーストラリアのSFスリラー映画『アイ・アム・マザー』がNetflixで配信へ トレーラーが公開