「映画を撮りたい!」『アクアマン』ワン監督が未来のクリエイターに贈った助言とは? | VG+ (バゴプラ)

「映画を撮りたい!」『アクアマン』ワン監督が未来のクリエイターに贈った助言とは?

via: Screenshot on DC Kids YouTube

ジェームズ・ワン監督が未来のクリエイターにアドバイス

ヒーロー映画を“万人向け”に引き上げた『アクアマン』

大ヒットを記録し、続編の制作・公開も決定した『アクアマン』。指揮を撮ったジェームズ・ワン監督は、子ども達に伝わるメッセージや表現を取り入れながらも、同作を完成度の高い作品に仕上げた。“大人向け”コンテンツになりつつあったスーパーヒーロー映画を、万人向けのジャンルへと引き上げたのだ。

そんなジェームズ・ワン監督が、映画製作を志す若い人々へ向け、あるメッセージを贈っている。『アクアマン』を、スーパーヒーローの単独映画としては史上最大のヒットに導いた名監督は、未来のクリエイターにどのような助言を贈ったのだろうか。

ワン監督からのメッセージ

ジェームズ・ワン監督のメッセージを確認できるのは、DCコミックスの公式チャンネル・DC Kidsが配信するインタビューでの一コマ。ティーネイジャーのアナレイ・T・ソンとジェット・ベッドナーがワン監督にインタビューを行う企画だ。

インタビューの途中、アナレイが「監督をやってみたいと思っているのですが、」と切り出すと、ワン監督は間髪入れずに「ファンタスティック!」と応答。「私のような映画監督になりたいと思っている若い人たちに向けて、アドバイスはありますか」というアナレイの質問に、以下のように答えた。

今は映像を撮ることは簡単にできますよね。スマホや小さいカメラを使ってね。何かを撮って、編集するだけです。それが一番の近道でもあるんです。たくさん撮って、たくさん脚本を書いて、どんどん成長していく。大切なのは実践です。

映画製作に取り組み続けてきたワン監督

『アクアマン』は、ジェームズ・ワン監督にとって初めてのアメコミ作品。これまでは、「ソウ」シリーズをはじめとするホラー作品や、『ワイルド・スピード SKY MISSION』(2015)などの作品で知られていた。自身11作目となる監督作品の『アクアマン』で、アメコミスーパーヒーロー映画の歴史を塗り替える名作を生み出したのだ。「大切なのは実践です」——作り続けること、取り組み続けることの大切さを知るジェームズ・ワン監督らしい、未来のクリエイターへの助言だと言える。このワン監督の言葉を受け、将来、どのような新たな才能が登場するのだろうか。

映画『アクアマン』は、2019年2月7日(金)より全国でロードショー。

Source
DC Kids YouTube

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 【ギャレゴジ】『GODZILLA ゴジラ』のキャスト・吹き替え声優まとめ【ハリウッド版】

    2. ネタバレ解説『ブラック・ウィドウ』の時系列はどうなってる? ラストシーンもまとめて解説

    3. 『流転の地球2』製作決定! 中国初のSFブロックバスター続編が2023年春節公開へ

    4. 新入場者プレゼントも! 『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』国内興収30億円突破、全世界累計は2,000億円目前