『機動戦士ムーンガンダム』初映像化!『機動戦士ガンダム U.C. ENGAGE』プロジェクト発表!! | VG+ (バゴプラ)

『機動戦士ムーンガンダム』初映像化!『機動戦士ガンダム U.C. ENGAGE』プロジェクト発表!!

©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

『機動戦士ガンダム U.C. ENGAGE』プロジェクト発表

2021年11月16日、バンダイナムコエンターテインメントのスマホ向け新作アプリ『機動戦士ガンダム U.C. ENGAGE』(以下、『ガンダムUCE』)プロジェクト発表会が開催された。『ガンダムUCE』のリリース時期は2021年内ということがアナウンスされている。

また、「宇宙世紀」の戦いを時系列に沿って追っていく”ストーリーモード”の中で、『機動戦士ムーンガンダム』の初映像化が発表された。『機動戦士ムーンガンダム』を含む新作ショートアニメを毎月実装していくようだ。

『機動戦士ムーンガンダム』初映像化

『機動戦士ムーンガンダム』はKADOKAWA発行のガンダム専門誌『ガンダムエース』2017年11月号より連載が開始されたコミックス作品だ。

物語の舞台は『機動戦士ガンダムΖΖ』(1986-1987)から『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988)までの、従来の作品ではあまり触れられてこなかった空白期間だ。作品内の暦で言えば、「宇宙世紀0092年」を舞台とする。

物語は、『機動戦士ガンダムΖΖ』に登場したコロニー「ムーン・ムーン」に暮らす自然回帰主義者「光族(ひかりぞく)」の少年「ユッタ・カーシム」が偶然「ムーンガンダム」に乗り込んだことから始まる冒険を描く。

原作は『機動戦士ガンダムUC』を手掛けた福井晴敏の手によるもの。『機動戦士ガンダムUC』以前に提出した企画をブラッシュアップしたとのことだ。主要なメカデザイナーには『ガンダム Gのレコンギスタ』(2014-2015)、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』(2015-2018)などに参加していた形部一平を起用し、アムロ専用に従来の「ディジェ」をリデザインした「リック・ディジェ」を生み出すなど旧作のファンのツボを押さえる。

主役機の「ムーンガンダム」は「HGUC」ブランドでバンダイより2018年にキット化されている。

BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥5,977 (2021/12/01 21:11:35時点 Amazon調べ-詳細)

非映像化作品かつゲームなどで知名度を得た訳でもない作品の主役機がいきなり主要なブランドでキット化されたことに驚いた人も多いだろう。それが布石となったのか、遂に『機動戦士ムーンガンダム』の初映像化が決定した。

今回はアプリ内のショートアニメという位置付けだが、この成功次第では『機動戦士ガンダムUC』に続く公式映像作品化も期待できるのではないだろうか?

『機動戦士ガンダム U.C. ENGAGE』は2021年サービス開始予定。現在、事前登録を受付中。

『機動戦士ガンダム U.C. ENGAGE』公式サイト

ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダム 水星の魔女』の考察はこちらから。

『ガンダムブレイカー バトローグ』の解説はこちらから。

腐ってもみかん

普段は自転車で料理を運んで生計を立てる文字通りの自転車操業生活。けれど真の顔は……という冒頭から始まる変身ヒーローになりたい。文学賞獲ったらなれるかな? ラップしたり小説書いたりしてます。文章書くのは得意じゃないけどそれしかできません。明日はどっちだ!
お問い合わせ

関連記事

  1. Netflixドラマ『ストレンジャー・シングス』シーズン3がゲーム化! TGA2018で発表

  2. 『オルタード・カーボン』ゲーム版が9月発売へ——小説・Netfixドラマの世界観をTRPGで再現。キックスターターで目標額の1000%集める【オルタード・カーボン: RPG】

  3. 「『デス・ストランディング』は全く新しい体験」ファティ・アキン監督が語る

  4. ネビュラ賞にゲームライティング部門が新設 主催団体が正式に規約を改訂