実写版『幽☆遊☆白書』のロケ地が明らかに 福岡県のあの場所 Netflixで2023年12月配信開始 | VG+ (バゴプラ)

実写版『幽☆遊☆白書』のロケ地が明らかに 福岡県のあの場所 Netflixで2023年12月配信開始

Netflix

ドラマ『幽☆遊☆白書』ロケ地が明らかに

2023年12月にNetflixで配信を予定している実写ドラマ版『幽☆遊☆白書』のロケ地の一つが明らかになった。2022年8月16日(火)に放送されたバラエティ番組『相席食堂』(2018-)の「青田買いSP」の中で、福岡県北九州市の旦過市場でドラマ『幽☆遊☆白書』のロケ撮影が行われたと明かされた。

旦過市場は「北九州の台所」と呼ばれる市場で、 マーチン・サントフリート監督の映画『ジ・アウトサイダー』(2018)もこの地で撮影が行われたという。『ジ・アウトサイダー』はジャレッド・レトが主演を務め、浅野忠信、椎名桔平、忽那汐里らが出演した。同作は全編日本で撮影されており、『アウトサイダー』のタイトルでNetflixで配信されている。

『幽☆遊☆白書』(1990-1994)は冨樫義博による人気漫画。1992年から1995年にかけて放送されたテレビアニメは幾度も再放送され、世代を越えて愛される作品になっている。海外での人気も高く、2020年12月に発表されたNetflixでの実写ドラマ化には大きな注目が集まっている。実写ドラマ版『幽遊白書』では、主人公の浦飯幽助を北村匠海、桑原和真役を上杉柊平、蔵馬役を志尊淳、飛影役を本郷奏多が演じる。

実写ドラマ『幽☆遊☆白書』は2023年12月にNetflixで独占配信。

¥460 (2023/02/04 00:55:56時点 Amazon調べ-詳細)

Netflix実写ドラマ版『ONE PIECE』のキャストまとめはこちらから。

【ネタバレ注意!】『ONE PIECE FILM RED』ラストの解説&考察はこちらの記事で。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 『GOTHAM/ゴッサム』チームが若き日のアルフレッドを描く『ペニーワース』、主演に若手俳優のジャック・バノンを抜擢

    2. ドラマ『オビ=ワン・ケノービ』最終話のその後についてユアン・マクレガーは「もういくつかお話を」シーズン2はある?

    3. ネタバレ考察『ボバ・フェット』最終回第7話 ラストの意味は? スピンオフか、シーズン2への伏線か

    4. 『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』は“サムが黒人であること”と“バッキーのトラウマ”に向き合う