チョン・ウソン製作総指揮 Netflixの次なる韓国ドラマはSFスリラー『サイレント・シー』

via: Netflix Media Center

Netflixが韓国SFドラマを製作

Netflixから韓国発の新たなオリジナルドラマが製作される。タイトルは『サイレント・シー (原題: The Silent Sea)』で、映画『アシュラ』(2016) などの作品で知られる俳優のチョン・ウソンが製作総指揮を務める。『パラサイト 半地下の家族』(2019) のポン・ジュノ監督と共に『母なる証明』(2009) で第4回アジア・フィルム・アワード脚本賞を受賞したパク・ウンギョが脚本を手がける。

月に旅立つ科学者たち

ドラマ『サイレント・シー』の舞台は、水不足に悩まされる未来の地球。見捨てられた研究所からサンプルを採取するため、月に旅立つ科学者たちの物語が描かれる。2014年にミザンセーヌ短編映画祭で公開され注目を集めた短編映画を原作としたミステリーSFスリラー作品になるという。

チョン・ウソンの手腕に期待

製作総指揮として『サイレント・シー』のプロダクションに関わることになったチョン・ウソンは、これまでにもミュージックビデオや短編映画の監督経験がある。映画『私を忘れないで』(2015) では、プロデューサーを務めている。『サイレント・シー』で韓国SFドラマの新境地を開拓してくれるだろうか。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Woo Sung Jung(@tojws)がシェアした投稿

世界各国のドラマを製作・配信

Netflixでは、国境を越えて様々な国と地域のSFドラマ作品が製作され、190以上の国と地域に住む1億5,800万人以上の会員のもとに届けられている。2020年配信開始が決定している作品だけでも日本、ブラジル、ノルウェー、ベルギー、マレーシアなどのSFファンタジードラマ作品が並んでいる。韓国から登場する『サイレント・シー』も配信開始を楽しみに待とう。

Source
Netflix Media Center

VG+編集部

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

hulu

関連記事

  1. Amazonが『ワイルドシード』ドラマ化! バトラー原作、脚本にネディ・オコラフォ

  2. フェミニストで共産党員でブラックパンサー——『高い城の男』ベルのモデルになったアンジェラ・デイヴィス…

  3. 「現実が作品に追いついた」『高い城の男』シーズン4 プロデューサーが語る危惧

  4. 『ウエストワールド』を手がけるジョナサン・ノーラン&リサ・ジョイ夫妻の“役割分担”  兄クリストファ…

日テレドラマ

今週の人気記事

新着記事

今月の人気記事

PAGE TOP