『ザ・ボーイズ』シーズン3第5話より、あのミュージカルのメイキングが公開! キミコ役の福原かれんが背景を語る | VG+ (バゴプラ)

『ザ・ボーイズ』シーズン3第5話より、あのミュージカルのメイキングが公開! キミコ役の福原かれんが背景を語る

Amazon Prime Video

『ザ・ボーイズ』シーズン3第5話の名シーンのメイキングが公開

Amazonプライムビデオの人気ドラマ『ザ・ボーイズ』は、2019年にシーズン1の配信を開始。シーズン2とシーズン3は前のシーズンの配信開始前に更新が発表される人気っぷりで、遂にシーズン4への更新も決定した。コロナ前とコロナ後を跨ぎながらも全く勢いが衰えない快進撃を見せている。

そんな『ザ・ボーイズ』より、シーズン3第5話に挿入されたあの名シーンのメイキング映像が公開された。それは、キミコとフレンチーが歌って踊る、映画『ラ・ラ・ランド』(2017) を思わせるミュージカルシーンだ。

福原かれん演じるキミコは喋ることができないという設定だが、『ザ・ボーイズ』シーズン3では、随所で「歌」への憧れを見せる。そしてシーズン3第5話では、ある出来事をきっかけにしてミュージカルシーンへと突入。病院で見事な歌唱とキレキレのダンスを見せるキミコ役の福原かれんとフレンチー役トメア・カポンの姿が印象的だった。

今回のメイキング映像で、福原かれんは「誰も見たことのないキミコ」と紹介し、こう話している。

キミコは負傷した状態で病院にいて、フレンチーが看病をしているのですが、愛情から彼女のお気に入りのミュージカルが詰まったノートPCを持ってきてくれます。そして彼女は夢の世界へと入っていき、ミュージカルのダンスナンバーを丸々やるんです。

福原かれんが「このシーズン3全体を通して、キミコ自身のアイデンティティの再発見についてのストーリーが描かれています」と語ると、トメア・カポンは「彼女が成長し、自身の声を発することで、何よりも主導権を握ることができます」と解説する。福原かれんはこう続ける。

このミュージカルとダンスは彼女にとって非常に重要で、彼女はミュージカルに惹かれているんだと思います。彼女はこれまで、自分の中の子どもの部分を解放することができなかったからです。

『ザ・ボーイズ』シーズン3第2話では、キミコは遊園地で楽しむ子ども達の姿を見て、コンパウンドVを投与されてテロ組織で育った自分と弟のケンジが子どもらしい子ども時代を経験できなかったと漏らす。能力によって楽しい子ども時代を奪われたキミコは、シーズン3第5話で歌って踊る“自分らしい”姿を取り戻す。

稽古の様子も

今回のメイキング映像では、ミュージカルの稽古の様子も初日からおさめられている。振付師のエイミー・ライトは昔ながらのミュージカルの要素を組み合わせたダンスを、病院の中で点滴や電気ショックといったあらゆる機材と組み合わせた特殊な振り付けを紹介している。

トメア・カポンは「他のキャストには悪いけど」と断った上で、「シーズン3はかれんが明らかに最も懸命に取り組んでいる」と指摘。福原かれんも、「週2〜3回」ダンスの全ての動きを確認する稽古に臨んだことを明かしている。こうした経験は初めてで、慣れていないためスタントよりも大変だったというが、新たなことに挑戦するのは好きなことだとも話している。

トメア・カポンもダンスが得意と思ったことはなかったとしながらも、今回の経験で「動けることを知りました」と笑顔を見せる。振付師のエイミー・ライトも「トメアとかれんは驚くほど懸命に練習に取り組みました。ダンスの経験がないにもかかわらず動きは素晴らしく、かれんもトメアもたくさんのアクションシーンをやってきたからか、二人とも元からダンサーとしての素地がありました」と称賛している。

アジア系俳優として

この『ザ・ボーイズ』シーズン3第5話のミュージカルは、福原かれん自身の夢を実現したシーンでもあったという。

ミュージカルに出演することを夢見て育ってきて、それが実現したことに気づきました。アジア系アメリカ人の俳優として、あのシーンの主役であり、合唱の中心にいること……私はこれまで、バックダンサーかバックコーラスとしてしか自分の姿を想像することはできませんでした。あのシーンに自分がいて、この機会を得られたことは、とてもとても幸運だと感じました。

最後にトメア・カポンは、「私たちはまだ探究の途中ですが、かれんと一緒にその道を歩めたのはとても素敵なことでした。彼女にはとても感謝しています」と、感謝の言葉で締め括った。

これから福原かれん演じるキミコはどんな活躍を見せるのか。『ザ・ボーイズ』シーズン3の今後の展開に期待しよう。

ドラマ『ザ・ボーイズ』シーズン3はAmazonプライムビデオで独占配信。

原作コミックの日本語版は、G-NOVELSから発売中。

誠文堂新光社
¥3,300 (2022/09/28 21:37:00時点 Amazon調べ-詳細)
¥1,980 (2022/09/29 00:35:53時点 Amazon調べ-詳細)

 

トメア・カポンの過去はこちらから。

スターライト役のエリン・モリアーティは福原かれんのYouTubeに登場し、『ザ・ボーイズ』でもテーマの一つになっている性暴力についての質問に回答している。詳しくはこちらの記事で。

 

第5話の解説はこちらから。

第1話の解説はこちらから。

第2話の解説はこちらから。

第3話の解説はこちらから。

第4話の解説はこちらから。

 

シーズン3までの経緯とスピンオフ番組の内容、アニメ版の注目エピソードはこちらの記事で。

シーズン4の発表についてはこちらの記事で。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 第5話ネタバレ『ロキ』クラシック・ロキ誕生の背景を脚本家が語る 舞台裏も明らかに

    2. ドラマ『オビ=ワン・ケノービ』幼いレイアに重要な役割か Disney+の「スター・ウォーズ」セオリーはどうなる?

    3. ドラマ版『ファウンデーション』“クローン”を取り入れた背景とは 「アシモフは何を言いたかったのか」

    4. ケン・リュウの短編「The Hidden Girl」がドラマ化へ 『メッセージ』製作のフィルムネーションが権利獲得