注目の記事 PICK UP!

『未来のミライ』が本日公開! 8月にはアジア各地でも続々公開

三年に一度、「細田守の夏」がやってきた!

待望の夏休み映画

『サマーウォーズ』(2009)の細田守監督による最新作『未来のミライ』がいよいよ本日、7月20日全国で公開される。細田監督にとっては、『バケモノの子』(2015)以来、三年ぶりの新作長編映画となる。細田監督の夏休み映画は、『時をかける少女』(2006)以来、三年に一度のペースで公開されている。『未来のミライ』の作画は、『時をかける少女』、『サマーウォーズ』や『バケモノの子』も手がけた青山浩行。カンヌ映画祭の「監督週間」での上映時にはその描写の美しさを絶賛されたという同作、細田映画らしく、夏休み映画にピッタリの爽やかな作品に仕上がった。

アジア各地でも続々公開

既に88の国と地域で公開されることが決まっており、タイでは8月23日に公開されることが決定した。タイでの配給を担うのは、JAM (Japan Animation Movie) Thailand。JAM Thailandはこれに合わせてタイ語字幕のトレーラーを公開している。香港と中国でも、同じく8月23日に公開される。台湾では、一週間早い8月17日に公開予定だ。北米では年内の公開とされており、アジアでは一足早く『未来のミライ』を楽しむことができる。

『未来のミライ』タイ語字幕予告

映画祭にも次々出品

先述の通り、5月には第71回カンヌ国際映画祭と並行して開催される「監督週間」で公式上映が実施された。同イベントに招待された20本の長編作品の内、アニメーション作品は『未来のミライ』のみ。6月にはオーストラリア最大の映画イベントであるシドニー映画祭でも上映された他、アヌシー国際アニメーション映画際では長編コンペティション部門に出品されている。世界規模の展開を見せるスタジオ地図の本気度が伺える。

不思議な兄妹の物語

『未来のミライ』のストーリーは、甘えん坊の男の子“くんちゃん”と、彼の妹である“ミライちゃん”を中心に展開される。未来からやってきたミライちゃんは、くんちゃんを冒険に連れ出す。見たこともない世界での様々な出会いを通して、くんちゃんは少しずつ成長を遂げながら、様々な「家族の愛」の形を知っていく…。
「最小のモチーフを用いて、最大のテーマを語り切りたい」(公式ウェブサイト)と語る細田監督が新たに紡ぎ出したストーリーを、ぜひ劇場でチェックしよう。

『未来のミライ』は7月20日(金)より、全国でロードショー。

『未来のミライ』公式サイト

– Thumbnail –
via: © 2018 スタジオ地図
– Source –
Anime News Network

関連記事

  1. DEVILMAN crybabyの主人公は飛鳥了。「大衆」と「個人」を描いた新デビルマン

  2. 細田守最新作! 『未来のミライ』が7月20日より公開。88の国と地域で配給予定

  3. 「人間」は英語で〇〇!? 英語版『DEVILMAN crybaby』の意外なこだわり

  4. 【レビュー】『未来のミライ』から読み取る「他者への想像力」—「家族の物語」を越えて

  5. ギレルモ・デル・トロ監督 メキシコ人の若者三名に「アニメキシコ奨学金」授与

  6. 『機動戦士ガンダム』実写化決定! 『パシフィック・リム』のレジェンダリーとサンライズが共同制作

  7. 電子音とラップが蘇らせたデビルマン。音楽から見る『DEVILMAN crybaby』

  8. Netflixにて『GODZILLA 決戦機動増殖都市』独占配信開始! 海外ゴジラファンからも反響

人気記事

最近の記事

PAGE TOP