『呪術廻戦』第2期が米アニメアワード制覇 圧巻の9部門受賞 クランチロールアニメアワード2024発表 (受賞リスト掲載) | VG+ (バゴプラ)

『呪術廻戦』第2期が米アニメアワード制覇 圧巻の9部門受賞 クランチロールアニメアワード2024発表 (受賞リスト掲載)

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

『呪術廻戦』第2期が米アニメアワード制覇

2024年3月2日(土)、アメリカ最大のアニメ配信プラットフォームのクランチロールが主催する“アニメアワード2024”の授賞式が開催され、受賞作品が発表された。MAPPAが手がけた『呪術廻戦』第2期最優秀作品賞にあたるアニメ・オブ・ザ・イヤーを含む全9部門を制覇。今回のアニメアワードでは200を超える国と地域から3,400万を超えるファンの投票が集まったとされており、改めて『呪術廻戦』の世界的な人気を証明することになった。

英語圏では頭文字をとった「JJK」の愛称で親しまれている『呪術廻戦』は前々年に第1期がアニメ・オブ・ザ・イヤーを受賞しており、2期連続での栄冠となった。今回のアニメアワードでは、最優秀アクション作品賞、新設の最優秀撮影賞最優秀キャラクターデザイン賞を受賞した他、キタニタツヤ「青のすみか」が最優秀オープニング賞、崎山蒼志「燈」が最優秀エンディング賞、五条悟が最優秀助演キャラクター賞、五条悟役の中村悠一が最優秀声優賞(日本語)、御所園翔太監督が最優秀賞監督賞を受賞し、『呪術廻戦』第2期が9部門受賞を達成している。

『ONE PIECE』は、昨年に引き続き最優秀継続シリーズ賞を受賞した他、最優秀主演キャラクター賞にモンキー・D・ルフィが選ばれた。『鬼滅の刃』刀鍛冶の里編は最優秀アニメーション賞を含む3部門を受賞。『SPY×FAMILY』のアーニャ・フォージャーが「何があっても守りたい」キャラクター賞を昨年に続いて受賞し、連覇を達成している。

最優秀賞監督賞の発表では、映画『パラサイト 半地下の家族』でアカデミー賞監督部門を受賞したポン・ジュノ監督がプレゼンターを務めた。ポン・ジュノ監督は、日本のアニメ制作に取り掛かっていることをサプライズ発表し、会場には驚きの声が広がった。

授賞式にはドラマ『ミズ・マーベル』、映画『マーベルズ』のミズ・マーベルことカマラ・カーン役で知られるイマン・ヴェラーニも登場し、『進撃の巨人』や『ハウルの動く城』への愛を語るとともに、最優秀キャラクターデザイン賞のプレゼンターを務めた。

また、授賞式では『サムライチャンプルー』(2004) の20周年を記念してラッパーのShing02が「battlecry」を披露。オースケトラによる『宇宙戦艦ヤマト』『機動戦士ガンダム』『ドラゴンボール』『ONE PIECE』『鋼の錬金術師』の主題歌メドレーの演奏、YOASOBIによる『【推しの子】』主題歌「アイドル」のライブパフォーマンスも行われ、式を盛り上げた。

クランチロール・アニメアワード2024の24部門の受賞作品および受賞者は以下の通り。

クランチロール・アニメアワード2024 受賞リスト

アニメ・オブ・ザ・イヤー

『呪術廻戦』第2期(MAPPA)

最優秀アニメーション賞

『鬼滅の刃』刀鍛冶の里編(ufotable)

最優秀キャラクターデザイン賞

『呪術廻戦』第2期(MAPPA、平松松禎史、小磯沙矢香)

最優秀監督賞

御所園翔太 (『呪術廻戦』第2期/MAPPA)

最優秀撮影賞

『呪術廻戦』第2期(MAPPA)

最優秀美術賞

『鬼滅の刃』刀鍛冶の里編(ufotable)

最優秀作曲賞

KOHTA YAMAMOTO / 澤野弘之『進撃の巨人』The Final Season 完結編(前編)(MAPPA)

最優秀長編アニメ賞

『すずめの戸締まり』(コミックス・ウェーブ・フィルム)

最優秀オリジナルアニメ賞

『Buddy Daddies』(P.A.WORKS)

最優秀アクション作品賞

『呪術廻戦』第2期(MAPPA)

最優秀ドラマ作品賞

『進撃の巨人』The Final Season 完結編(前編)(MAPPA)

最優秀ファンタジー作品賞

『鬼滅の刃』刀鍛冶の里編(ufotable)

最優秀ロマンス作品賞

『ホリミヤ -piece-』(CloverWorks)

最優秀コメディ作品賞

『SPY×FAMILY』第2クール(WIT STUDIO, CloverWorks)

最優秀日常系作品賞

『ぼっち・ざ・ろっく!』(CloverWorks)

最優秀新シリーズ賞

『チェンソーマン』(MAPPA)

最優秀継続シリーズ賞

『ONE PIECE』(東映アニメーション)

最優秀主演キャラクター賞

モンキー・D・ルフィ(『ONE PIECE』)

最優秀助演キャラクター賞

五条悟(『呪術廻戦』第2期)

「何があっても守りたい」キャラクター賞

アーニャ・フォージャー(『SPY×FAMILY』 第2クール)

最優秀オープニング賞

キタニタツヤ「青のすみか」(『呪術廻戦』第2期)

最優秀エンディング賞

崎山蒼志「燈」(『呪術廻戦』第2期)

最優秀アニソン賞

YOASOBI「アイドル」(『【推しの子】』)

最優秀声優賞(日本語)

中村悠一(『呪術廻戦』第2期 五条悟役)

各賞のノミネート作品は以下のリンクから。

クランチロール アニメアワード2024

2023年の結果はこちらから。

【ネタバレ注意!】『呪術廻戦』第2期最終話の解説&感想はこちらの記事で。

齋藤 隼飛

社会保障/労働経済学を学んだ後、アメリカはカリフォルニア州で4年間、教育業に従事。アメリカではマネジメントを学ぶ。名前の由来は仮面ライダー2号。編著書に『プラットフォーム新時代 ブロックチェーンか、協同組合か』(社会評論社)。
お問い合わせ

関連記事

  1. 第2期18話/42話ネタバレ感想『呪術廻戦』ナナミンの表情…涙なしで見られない名シーン。そして虎杖vs真人

  2. 『ホワット・イフ…?』最終話ポストクレジットはハッピーエンド? キャプテン・カーターの今後を脚本家が語る

  3. 「スター・ウォーズ」クローンの歴史に転換期 『バッド・バッチ』で何が起きているのか

  4. ミッシングリンク発売記念『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』第60話「トランスフォームを止めろ!」配信