『サイバーパンク エッジランナーズ』が米アニメアワード制覇クランチロールアニメアワード2023発表 (受賞リスト掲載) | VG+ (バゴプラ)

『サイバーパンク エッジランナーズ』が米アニメアワード制覇クランチロールアニメアワード2023発表 (受賞リスト掲載)

© 2022 CD PROJEKT S.A. All rights reserved.

『サイバーパンク エッジランナーズ』が米アニメアワード制覇

2023年3月4日(土)、アメリカ最大のアニメ配信プラットフォームとして知られるクランチロールが主催する“アニメアワード2023”の受賞作品が発表された。最優秀作品賞にあたるアニメ・オブ・ザ・イヤーに選ばれたのは『サイバーパンク エッジランナーズ』。『進撃の巨人』The Final Season Part 2、『鬼滅の刃』遊郭編、『SPY×FAMILY』第1クールなどを下しての受賞となり、スタジオTRIGGERの大塚雅彦が受賞スピーチを行った。TRIGGER作品のアニメ・オブ・ザ・イヤー受賞はこれが初めて。

Netlix作品がアニメ・オブ・ザ・イヤーに選ばれるのは、2019年に発表された第3回の『DEVILMAN crybaby』以来。第5回は『呪術廻戦』第1期が、第6回は『進撃の巨人』 The Final Season Part 1がアニメ・オブ・ザ・イヤーを受賞しており、スタジオとしてはMAPPAの連覇を止めてTRIGGERの『サイバーパンク エッジランナーズ』が2022年アニメの頂点に輝いた。

一方で、全体としては『進撃の巨人』 The Final Season Part 2が最優秀ドラマ作品賞、エレン・イェーガーへの最優秀主演キャラクター賞をはじめとする6部門を受賞し最多受賞となった。

『鬼滅の刃』遊郭編と『SPY×FAMILY』第1クールが5部門受賞で続いている。『鬼滅の刃』遊郭編は、最優秀アクション作品賞や最優秀アニメーション賞といった主要部門を受賞し、『SPY×FAMILY』第1クールは、アーニャ・フォージャーが最優秀助演キャラクター賞と「何があっても守りたい」キャラクター賞のダブル受賞を果たしている。

クランチロール・アニメアワードは日本のアニメ作品を対象に、専門家が選出したノミネートにファンが投票を行い受賞作を決定する。第7回目を迎えた2023年のアニメアワードは、初めて日本で授賞式が行われ、その模様はソニー・ジャパンのYouTubeチャンネルなどで生配信された。

プレゼンターとして、芸人のケンドー・コバヤシ、元WWE女子タッグ王者のゼリーナ・ベガ、俳優のニック・ウルフハードとフィン・ウルフハード、『アリータ:バトル・エンジェル』(2019) のロバート・ロドリゲス監督らが登場。ALIとAKLOによる『呪術廻戦』第1期エンディングテーマ「LOST IN PARADISE」のパフォーマンスなども行われた。

各賞の受賞作品および受賞者は以下の通り。

クランチロール・アニメアワード2023 受賞リスト

アニメ・オブ・ザ・イヤー

『サイバーパンク エッジランナーズ』(TRIGGER)

最優秀アクション作品賞

『鬼滅の刃』遊郭編(ufotable)

最優秀アニメーション賞

『鬼滅の刃』遊郭編(ufotable)

最優秀キャラクターデザイン賞

松島晃(『鬼滅の刃』遊郭編/ufotable)

最優秀監督賞

外崎春雄(『鬼滅の刃』遊郭編/ufotable)

最優秀ドラマ作品賞

『進撃の巨人』The Final Season Part 2(MAPPA)

最優秀ファンタジー作品賞

『鬼滅の刃』遊郭編(ufotable)

最優秀長編アニメ賞

『劇場版 呪術廻戦0』(MAPPA)

最優秀オリジナルアニメ賞

『リコリス・リコイル』(A-1 Pictures)

最優秀ロマンス作品賞

『かぐや様は告らせたい-ウルトラロマンティック-』(A-1 Pictures)

最優秀コメディ作品賞

『SPY×FAMILY』第1クール(WIT STUDIO, CloverWorks)

最優秀新シリーズ賞

『SPY×FAMILY』第1クール(WIT STUDIO, CloverWorks)

最優秀継続シリーズ賞

『ONE PIECE』(東映アニメーション)

最優秀主演キャラクター賞

エレン・イェーガー(『進撃の巨人』The Final Season Part 2)

最優秀助演キャラクター賞

アーニャ・フォージャー(『SPY×FAMILY』第1クール)

「何があっても守りたい」キャラクター賞

アーニャ・フォージャー(『SPY×FAMILY』第1クール)

最優秀オープニング賞

SiM「The Rumbling」(『進撃の巨人』The Final Season Part 2)

最優秀エンディング賞

星野源「喜劇」(『SPY×FAMILY』第1クール)

最優秀アニソン賞

SiM「The Rumbling」(『進撃の巨人 The Final Season Part 2』)

最優秀作曲賞

KOHTA YAMAMOTO / 澤野弘之『進撃の巨人』The Final Season Part 2(MAPPA)

最優秀声優賞(日本語)

梶裕貴(『進撃の巨人』The Final Season Part 2 エレン・イェーガー役)

各賞のノミネート作品は以下のリンクから。

クランチロール アニメアワード2023

2022年の結果はこちらから。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

関連記事

  1. ネタバレ解説『バッド・バッチ』第7話 クローン兵の“時限爆弾”をアノ人物が… あらすじ&考察

  2. ネタバレ考察『ホワット・イフ…?』第8話 5人目のネクサス・ビーイング登場が示唆する“6人目”の存在

  3. ネタバレ解説!『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 前章』タイトルの「デーモン」の意味は? 前章ラストまでの感想

  4. 『ホワット・イフ…?』X-MEN&ファンタスティック・フォーの登場はない? 製作総指揮が語るその理由とは