Kaguya Booksのサイトオープン! ニュースレターも開始! | VG+ (バゴプラ)

Kaguya Booksのサイトオープン! ニュースレターも開始!

Kaguya Booksのサイトオープン

SFメディアバゴプラ(VG+)の運営するSFレーベル、Kaguya Booksのサイトがオープンしました。

Kaguya Booksは2021年12月に始動した新しいSFのレーベルです。2022年8月には、井上彼方編『SFアンソロジー 新月/朧木果樹園の軌跡』(社会評論社)を最初の書籍として発行しました。

¥2,970 (2024/03/03 16:46:54時点 Amazon調べ-詳細)

2022年12月には蜂本みささんの単著、2023年夏には「京都/大阪SFアンソロジー」の刊行を予定しています。その後も、書籍の企画・編集・製作を手がけるSFレーベルとして、様々な方や団体とコラボしながら書籍を発行していきます。今後のKaguya Booksの活動にご注目ください。

Kaguya Booksのサイトを見る

KAGUYAのニュースレター開始!

Kaguya Booksと、同じくバゴプラの運営するオンラインSF誌Kaguya Planetの最新情報をお届けするニュースレターを開始します。ニュースレターでは、月に一回程度、Kaguya BooksとKaguya Planetの情報をお届けします。

ニュースレターの登録に必要なのはメールアドレスのみ!KAGUYAの最新情報を見逃したくないという方は是非ご登録ください。

3つのKAGUYAを盛り上げていきます

バゴプラでは現在、“Kaguya” を冠した三つのSF小説の事業を行なっています。2020年と2021年に開催した かぐやSFコンテスト と2020年12月に始動したオンラインSF誌 Kaguya Planet、そして2021年12月に始動した新しいSF書籍のレーベルKaguya Books、役割や目的の異なる三つの “Kaguya” の事業を、相乗的に盛り上げていきたいと思います。

“Kaguya”では、以下の三つの“架け橋”になることを目指しています。詳細はこちらをご覧ください。

① 優れたSF作品を読者の皆様に届ける架け橋
② 世界のSFと日本のSFを繋ぐ架け橋
③ 紙の書籍とウェブのSF小説を繋ぐ架け橋

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

関連記事

  1. 2020年のヒューゴー賞発表! 長編部門はアーカディ・マーティーン、中編部門にN・K・ジェミシン、『モンストレス』は四連覇ならず(受賞リスト掲載)

  2. 中国・北京に“SFシティ”建設 SF産業を集約、2021年にはSFテーマパークの設置目指す

  3. 第59回日本SF大会 F-CON、オンライン即売会“comicVket”への参加が決定、プログレスレポート第5号も公開

  4. 京都SFフェスティバル2022は10月15日&16日開催! 3年ぶりの対面とオンラインを併用