キャスト&キャラクター紹介『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』 | VG+ (バゴプラ)

キャスト&キャラクター紹介『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』

©2023 「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」製作委員会 ©LUCKY LABD COMMUNICANTIONS/集英社

2023年5月26日全国公開予定

荒木飛呂彦原作の大人気漫画シリーズ『ジョジョの奇妙な冒険』(1986-)。現在、ウルトラジャンプにおいて、ハワイ・オアフ島を舞台に大富豪を目指す少年のジョディオ・ジョースターを主人公にした第9部『The JOJOLands』まで連載されている。そのような「ジョジョの奇妙な冒険」の中でも高い人気を誇る岸辺露伴をナビゲーターにした『岸辺露伴は動かない』(2020-)がNHKでドラマ化され、その映画である『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』が2023年5月26日に全国公開される。

ルーヴル美術館での撮影許可が下りたのは日本では9年ぶり2作目という『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』。「この世で最も黒く、最も邪悪な絵」を観に行く中で岸辺露伴が巻き込まれる奇妙な出来事を豪華キャストたちが描き出す。本記事ではそんなキャストとキャラクターを紹介していきたい。なお、以下の内容は公式から発表されている範囲のキャラクターの設定に関する情報を含むので、情報を入れずに鑑賞したいと思われている方は注意していただきたい。

岸辺露伴 演:高橋一生(青年期:長尾謙杜)

『ピンク・ダークの少年』を連載している日本の人気漫画家が岸辺露伴だ。初登場は『ジョジョの奇妙な冒険第四部 ダイヤモンドは砕けない』(1992-1995)で、『岸辺露伴は動かない』や『岸辺露伴 ルーヴルに行く』などでは設定が多少異なり、パラレルワールドとされている。岸辺露伴はヘブンズ・ドアーというスタンドを持ち、自身の原稿を見た人間や対象を本にして、その記憶を読むことができる。

ドラマシリーズ『岸辺露伴は動かない』ではスタンドという名称は登場せず、ヘブンズ・ドアーは一種のギフト、才能とされている。ヘブンズ・ドアーの攻撃を受けた人間は顔や体の一部が本のように捲れてページとなるか、もしくは本そのものになってしまう。また『ジョジョの奇妙な冒険第四部 ダイヤモンドは砕けない』では「スタンド使いはスタンド使いにひかれ合う」とされ、ドラマ版『岸辺露伴は動かない』でも似たような怪異や才能の持ち主と出会うことになる。

岸辺露伴は過去に出会った奈々瀬という女性の語った「この世で最も黒く、最も邪悪な絵」を観に行くべく、ルーヴル美術館へと向かうことになる。そんな岸辺露伴を演じるのは『耳をすませば』で天沢聖司の声優を演じ、『怪奇大作戦』(2004)で連続ドラマ初出演を果たし、『シン・ゴジラ』(2016)や『シン・ウルトラマン』(2022)にも出演した高橋一生だ。

また、奈々瀬と出会った青年期の岸辺露伴は『俺のスカート、どこ行った?』(2019)で連続ドラマに初出演を果たしたなにわ男子のメンバーの長尾謙杜が演じる。高橋一生と長尾謙杜によってどのような岸辺露伴像が描かれるのか。注目していきたい。

泉京香 演:飯豊まりえ

岸辺露伴の担当編集者で、岸辺露伴と共に怪異などに巻き込まれるのが飯豊まりえ演じる泉京香だ。泉京香は漫画版『岸辺露伴 ルーヴルに行く』には登場しないが、映画版『岸辺露伴 ルーヴルに行く』では狂言回しの一人として登場する。

泉京香自身はスタンドやギフト、その類いの才能を持ってはいないが、ドラマ版『岸部露伴は動かない』でも全体の狂言回しとして登場している。そして、岸辺露伴の担当編集となったことで様々な怪異や超常現象に巻き込まれていくことになる。しかし、その一方で巻き込まれても意外にけろっとしていることが物語を巧く動かしていく。

泉京香を演じる飯豊まりえは『世にも奇妙な物語 ’12春の特別編』(2012)で俳優デビューを果たした。以降は『獣電戦隊キョウリュウジャー』(2013)などドラマから映画に渡るまで幅広く活動している。

辰巳隆之介 演:安藤政信

辰巳隆之介はルーヴル美術館東洋美術学部門の調査員だ。辰巳隆之介は漫画版『岸辺露伴 ルーヴルに行く』には登場しないキャラクターであり、似た設定のキャラクターとしてルーヴル美術館東洋美術学部門の責任者のゴーシェや「この世で最も黒く、最も邪悪な絵」が保管されているZ-13倉庫が老朽化しているため同行してきた消防士などが登場している。その役割を映画版『岸辺露伴 ルーヴルに行く』では辰巳隆之介が担うようだ。

オリジナルキャラクターである辰巳隆之介を演じるのが安藤政信である。安藤政信は『キッズ・リターン』(1996)でデビューし、数多くの賞を受賞している。その後、深作欣二監督作『バトル・ロワイヤル』(2000)に出演し、以降は映画を中心に活動している。映画版『岸辺露伴 ルーヴルに行く』におけるオリジナルキャラクターである辰巳隆之介を安藤政信がどのように演じるのか注目したい。

エマ・野口 演:美波

岸辺露伴と泉京香を案内するルーヴル美術館の職員がエマ・野口である。漫画版『岸辺露伴 ルーヴルに行く』では野口という同名のキャラクターが登場しており、この野口というキャラクターを掘り下げたキャラクターがエマ・野口だと思われる。

エマ・野口を演じる俳優の美波はフランスと日本にルーツを持ち、現在はロサンゼルス、パリ、日本を中心に活動している。辰巳隆之介を演じる安藤政信と同じく、深作欣二監督作『バトル・ロワイヤル』にも出演している。その後、深作欣二監督が製作に関わった『クロックタワー3』(2002)の主人公のアリッサ・ハミルトンのモデルを務めている。映画版『岸辺露伴 ルーヴルに行く』では漫画版の野口と異なるキャラクターを演じるのか。その点にも注目が高まる。

奈々瀬 演:木村文乃

漫画版『岸辺露伴 ルーヴルに行く』における藤倉奈々瀬の立ち位置になると思われるキャラクターが奈々瀬だ。藤倉奈々瀬は岸辺露伴がまだ青年だったころ、露伴の祖母が経営する元旅館のアパートに入居してきた人物で、本来は露伴の祖母の課した様々な入居条件の一つである独り暮らしであることを満たしていない既婚女性だったが、近いうちに離婚することを理由に入居を許されている。

ミステリアスな雰囲気を漂わせる藤倉奈々瀬は長尾謙杜演じる青年期の岸辺露伴と打ち解けていき、その中で話したルーヴル美術館に存在する「この世で最も黒く、最も邪悪な絵」が物語の鍵を握ることになる。藤倉奈々瀬は謎が多く、それもまた物語の鍵を握ることになる

そんな藤倉奈々瀬がもとになっていると思われる奈々瀬を演じるのは、映画『アダン』(2004)ヒロインオーディションで映画デビューを果たし、以降は多くの舞台や映画、ドラマで活躍する木村文乃だ。木村文乃は前述の高橋一生や安藤政信、美波と同じく蜷川幸雄演出舞台の経験を持つ俳優だ。その演技力は折り紙付きと言える。木村文乃の演じる謎めいた奈々瀬像にも注目したい。

多くの豪華キャスト陣

この他にも、キャラクターの名前は明かされていないが、「狂気女優」として評判を博した白石加代子や前原滉、ドラマ版『岸部露伴は動かない』において毎シーズンの冒頭で何らかの形で毎回登場している増田朋弥など、豪華なキャストが集まっている。バンドデシネとして前編、中編、後編でセピアやピンク、ブルーなど色を使い分ける芸術性の高い作品となった『岸辺露伴 ルーヴルに行く』。

その脇も実力派のキャストが固め、作品世界を壊さないように細心の注意が払われている。ドラマ版『岸部露伴は動かない』でも高い評価を得た「岸辺露伴」シリーズの実写化だが、今回の映画はどうなるのだろうか。期待していきたい。

映画『岸辺露伴 ルーヴルに行く』は2023年5月26日(金)公開。

映画『岸辺露伴 ルーヴルに行く』公式サイト

集英社
¥2,934 (2024/04/23 03:01:04時点 Amazon調べ-詳細)

新書版 岸辺露伴 ルーヴルへ行く
ノーブランド品

¥3,520 (2024/04/23 05:57:21時点 Amazon調べ-詳細)

アニメ『岸辺露伴は動かない』はNetflixにて配信中

鯨ヶ岬 勇士

1998生まれのZ世代。好きだった映画鑑賞やドラマ鑑賞が高じ、その国の政治問題や差別問題に興味を持つようになり、それらのニュースを追うようになる。趣味は細々と小説を書くこと。
お問い合わせ

関連記事

  1. ドクター・ストレンジの思想とワンダの苦難 『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』を理解するために

  2. ソーの背中にロキのタトゥー?『ソー:ラブ&サンダー』予告に注目 タトゥーは過去作にも

  3. エディはヴェノムを愛してる? 『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』未公開シーンが明らかに ネタバレあり

  4. モンスター・ヴァースの事件や出来事の時系列まとめ