ドラマ『ステーション・イレブン』4月29日よりU-NEXTで独占配信 ベストセラーSF小説を映像化 | VG+ (バゴプラ)

ドラマ『ステーション・イレブン』4月29日よりU-NEXTで独占配信 ベストセラーSF小説を映像化

©2021 Paramount Television Studios, a division of Paramount Pictures Corporation. All Rights Reserved

ドラマ『ステーション・イレブン』はU-NEXTで

HBO MaxのSFサスペンスドラマ『ステーション・イレブン』が、U-NEXTで2022年4月29日(金)より日本初、独占配信されることが発表された。『ステーション・イレブン』は、パンデミックによって文明が崩壊してから20年が経過した世界を描く作品。米ニューヨーク・タイムズ紙が「2021年のベストドラマ」に選出し、評論サイトの米ロッテン・トマトで98%の高評価を得るなど、高い評価を集めている。

原作はカナダの作家エミリー・セントジョンマンデルが2014年に発表した同名の小説。小説『ステーション・イレブン』は33ヶ国語に翻訳され、日本でも満園真木による翻訳で小学館から刊行されている。

U-NEXTで配信されるドラマ『ステーション・イレブン』は、ウイルスによって人類の大半が死滅、文明が崩壊してから20年後の世界が舞台。パンデミックを経験した者たちの数奇な運命が、時代を超えて交錯する。終末SF(ポストアポカリプス)としての側面を持ちながらも、登場人物たちの過去が複雑に絡み合うサスペンス要素と共に、新たな世界を創造しようとする人々のメッセージを描き出す。

ドラマ『アトランタ』(2016-)などで知られるヒロ・ムライが幻想的でスタイリッシュな映像美と共に、小説で描かれたパンデミック後の世界を映像作品として生まれ変わらせている。ヒロ・ムライはこのドラマ『ステーション・イレブン』で、全米監督協会賞(テレビドラマ部門)にノミネートされている。

キャストは、『ターミネーター ニュー・フェイト』(2019)のマッケンジ ー・デイヴィス、『TENET』(2020)『イエスタデイ』(2019)のヒメーシュ・パテル、『オールド』(2021)のガエル・ガルシア・ベルナルなど、SF作品でお馴染みの面々が壮大な物語に息を吹き込む。

ドラマ『ステーション・イレブン』あらすじ

新型ウイルスの流行により、人類の大半が死滅し地球の文明が崩壊した。パンデミックの幕開けは、「リア王」の上演中に舞台で倒れたハリウッド俳優アーサー・リアンダーの死。共演者の幼い子役キルステンはアーサーの死を目の当たりにする。

パンデミックにより一変した世界の中、ひとりぼっちになったキルステンを助けたジーヴァンと共に、ふたりは共に生き残りをかけた暮らしを始める。

20年後、キルステンは旅の楽団の一員として巡業をしながら女優を続けていた。20年前、死の前にアーサーがくれた『ステーション・イレブン』というSF漫画を大切に持ち続けながら。

ある日、観客の中から不気味な「預言者」が現れる…。パンデミック当時と、文明崩壊の20年後の世界を交錯しながら、さまざまな人間模様と『ステーション・イレブン』をめぐる謎が解き明かされる、傑作SFサスペンス。

ドラマ『ステーション・イレブン』は、4月29日(金)よりU-NEXTにて見放題で独占配信。0時から全10話が一挙配信される。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 『ホークアイ』ケイトはなぜホークアイに憧れたのか 演じたヘイリー・スタインフェルドが語る

    2. 『ロキ』第5話で「旅が実を結ぶ」 予期できない展開へ…ソフィア・ディ・マルティーノとトムヒが語る

    3. 【あらすじ】任務は“宇宙軍”創設! Netflix『スペース・フォース』はドラマ『アップロード』監督が手掛けるSFコメディ【2020年5月29日配信開始、トレーラー、みどころ】

    4. ドラマ『アップロード』シーズン2 米予告公開! 意識を仮想空間にアップロードした果てに…