『シークレット・インベージョン』はマリア・ヒルの「最も深い部分」見せる これまでの活躍をチェック | VG+ (バゴプラ)

『シークレット・インベージョン』はマリア・ヒルの「最も深い部分」見せる これまでの活躍をチェック

© Marvel

『シークレット・インベージョン』配信開始

MCUドラマ最新作『シークレット・インベージョン』が2023年6月21日(水) よりディズニープラスで配信を開始する。『シークレット・インベージョン』は、これまでアベンジャーズを率いてきたニック・フューリーを主人公に据えた作品で、MCUフェーズ5では初のドラマ作品になる。

もちろん、フェーズ4に登場しなかったニック・フューリーが現在どんな状況にあるのかという点も気になるところだが、『シークレット・インベージョン』におけるもう一人の注目人物がマリア・ヒルだ。

コビー・スマルダーズが演じるマリア・ヒルはこれまでS.H.I.E.L.D.のメンバーとして活躍を見せたキャラクターで、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019) 以降はその行方が知られていなかった。『シークレット・インベージョン』ではどんな活躍を見せるのだろうか。

コビー・スマルダーズが語る

マリア・ヒルを10年以上にわたって演じるコビー・スマルダーズは、『シークレット・インベージョン』で描かれるマリア・ヒルについて米TVLineでこう語っている。

マリア・ヒルのこれまでで最も深い部分を見せることができます。マーベルが取り組むドラマの良さは、キャラクターたちのバックストーリーをちゃんと知ることができるという点です。座ってコーヒーを飲んでる時にどんな会話が交わされているのでしょうか。

それは、「悪者を倒そう!」「あれをやっつけよう!」「また世界を救おう!」という感じではありません。「ちょっとお喋りしようよ」とか「散歩しない?」とか、そういうものです。そういう瞬間を垣間見ることで、キャラクターたちともう少しだけ親密になることができます。

2時間に凝縮された映画では描ききれない、登場人物たちの素顔の部分を見られるのがドラマシリーズの良さだとコビー・スマルダーズは語っている。確かに、マリア・ヒルはこれまで優秀なエージェントとしての姿が描かれてきたが、その内面が描かれることはほとんどなかった。『シークレット・インベージョン』では、10年越しで描かれるマリア・ヒルの「深い部分」に注目しよう。

マリア・ヒルのこれまで

マリア・ヒルは映画『アベンジャーズ』(2012) で初登場。S.H.I.E.L.D.の副長官として、長官のニック・フューリーのもとで働く姿を見せている。洗脳されたホークアイことクリント・バートンと交戦する場面もあり、高い戦闘力を持っていることを示した。

映画『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014) では、マリア・ヒルは政府中枢に忍び込んだヒドラの計画に反対し、キャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャースを支持する態度を見せた。捕えられたスティーブ、ナターシャ、バッキーを助け出す場面や、サムと共にS.H.I.E.L.D.本部の通信室を占拠する活躍も見せている。

ドラマ『エージェント・オブ・シールド』(2013-2020) では、政府から自分の身を守るためにスターク・インダストリーズに入社したことが明かされている。『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015) では、スターク・インダストリーズのCEOになったペッパー・ポッツの秘書として働きつつ、有事の際にはフューリーらと共にヘリキャリアでソコヴィアへ向かって任務に就いた。その後は、ウルトロンとの戦いの後に新設された新基地アベンジャーズ・コンパウンドに勤務している

しかし、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018) ではサノスによる指パッチン=デシメーションで消滅してしまう。『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019) では復活した後、ニック・フューリーらとトニーの葬儀に出席している。

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019) ではニック・フューリーの右腕として登場したが、結局これはスクラル人のソレンによる擬態だったことが明らかになる。その後、ニック・フューリーは宇宙にいたことが明らかになるが、マリア・ヒルの消息は明らかになっていない。

そして遂に迎えるドラマ『シークレット・インベージョン』。今度のマリア・ヒルは本物なのか、それともスクラルなのか……。目を凝らして観ていくことにしよう。

ドラマ『シークレット・インベージョン』は2023年6月21日(水)より、ディズニープラスで独占配信。

『シークレット・インベージョン』(Disney+)

¥3,000 (2024/05/27 07:45:59時点 Amazon調べ-詳細)

Source
TVLine

【!ネタバレ注意!】『シークレット・インベージョン』第1話の解説&考察はこちらの記事で。

『シークレット・インベージョン』では、ローディは「大統領の右腕」として登場するとされている。詳しくはこちらから。

サミュエル・L・ジャクソンが語ったニック・フューリーが消えた理由についてはこちらの記事で。

『シークレット・インベージョン』は映画『アーマー・ウォーズ』に繋がっていく要素もあるという。詳しくはこちらから。

齋藤 隼飛

社会保障/労働経済学を学んだ後、アメリカはカリフォルニア州で4年間、教育業に従事。アメリカではマネジメントを学ぶ。名前の由来は仮面ライダー2号。編著書に『プラットフォーム新時代 ブロックチェーンか、協同組合か』(社会評論社)。
お問い合わせ

関連記事

  1. 実写版『カウボーイビバップ』シーズン2は「ビッグプランある」Netflixドラマ版ショーランナーが語る

  2. ネタバレ考察『ホークアイ』第5話 〇〇はどんな意味を持つのか これまでの経緯は?

  3. シーズン3最終回第8話ネタバレ解説『マンダロリアン』ラストの意味は? 名前の謎、二人の今後 あらすじ・考察・感想

  4. ドラマ『シー・ハルク』にグランドマスター登場? 惑星サカールのアレが物語のきっかけに