ケン・リュウ「神々」シリーズのアニメドラマ版『パンテオン』詳細が明らかに | VG+ (バゴプラ)

ケン・リュウ「神々」シリーズのアニメドラマ版『パンテオン』詳細が明らかに

pantheon-actors

ケン・リュウ原作アニメ『パンテオン』

「紙の動物園」などで知られるSF作家ケン・リュウの短編小説をアニメドラマ化する『パンテオン (邦題未定, 原題: Pantheon)』より、詳細が公開された。米時間2022年6月19日(日)までニューヨークで開催されたトライベッカ映画祭でプレミア上映され、同映画祭の公式ページで初のビジュアルも公開されている。

PANTHEON (Tribeca)

アニメ『パンテオン』は、日本では2019年に早川書房から発売されたケン・リュウの短編集『生まれ変わり』(翻訳:古沢嘉通、幹遙子、大谷真弓) に収録された3本の短編小説 (「神々は繋がれてはいない」「神々は殺されはしない」「神々は犬死にはしない」)=「神々」三部作を原作としたアニメ作品。

「神々」三部作は、2021年2月3日にハヤカワ文庫SFで発売された『生まれ変わり』からの傑作選集『神々は繋がれてはいない ケン・リュウ短篇傑作集6』にも三作品が収録されている。

なお、今回明らかになった情報によると、『パンテオン』の上映時間は41分、原作者で製作総指揮のケン・リュウの名前は「ケネス・リュウ (Kenneth Liu)」と表記されている。

また、『ブレイキング・バッド』『ウォーキング・デッド』などで知られる米ケーブルチャンネルのAMCが製作を手がけるとされていたが、配給は「AMC+」となっているため、AmazonプライムビデオやAppleTV+といったサービスでも配信される可能性がある。配信プラットフォームのAMC+では、AMC製作の作品をAMC+で先行配信した後、テレビや別の配信プラットフォームで視聴できる仕組みを採用している。

アニメーションを担当したのは、ディズニーの『モーターシティ』(2012) や、Netflix『ミッドナイト・ゴスペル』(2020-) を手掛けた米ティットマウス

『パンテオン』の製作が発表されたのは2020年3月。全8話で1話あたり1時間ほどの作品になること、既に2シーズン分の製作が決定していることを米Deadlineが報じていた。その後、7月と8月に同じくDeadlineが同シリーズの声優陣について報じ、2021年2月に三度、追加キャストが発表された。

豪華声優陣は?

『パンテオン』に声優として出演するのは、『オレンジ・イズ・ニューブラック』のパイパー・チャップマン役で知られるテイラー・シリング、『ダークナイト』のハービー・デント役で知られるアーロン・エッカート、『グッバイ、リチャード!』でヴェロニカ役を演じたローズマリー・デウィット、そして、『ザ・バットマン』でリドラーを演じるポール・ダノ

更にダニエル・デイ・キム、ケイティ・チャン、ポール・ダノ、ローズマリー・デウィット、ロン・リビングストン、クリス・ディアマントポロス、ラザ・ジェフリー、スクート・マクネイリー、アニカ・ノニ・ローズ、グレイ・グリフィン、ソンウォン・チョー、ケヴィン・デュランド、サミュエル・ルーキン、クリスティーナ・アラバドの出演も決定している。

そして2月に入って出演が発表されたのはウィリアム・ハート、モード・アパタウ、コリー・ストール、ララ・パルヴァーの4人。

非常に豪華な俳優陣が声優を担当することになっている。アニメーションのスタイルは「伝統的な2D」で、写実的な表現になるとアナウンスされていた。また、AMCがアニメシリーズをゴールデンタイムに放送するのは初めてのことになる。

『パンテオン』のシーズン1では、原作小説と同じく絵文字だけでコミュニケーションをとる謎の存在から助けを受ける少女マディーを中心にした物語を描くという。マディーを演じるのはケイティ・チャンで、ダニエル・デイ・キムはマディーの父を演じる。意識をクラウド上にアップロードするという同作のコンセプトは、Amazonドラマ『アップロード』でも話題になったものだが、ケン・リュウの独創性をどのように表現していくのだろうか。

なお、AMCの主要なドラマシリーズは、日本ではAmazonプライムビデオで配信されている。日本でもケン・リュウ原作のアニメシリーズをお目にかかれる可能性はある。

『パンテオン』の原作「神々」シリーズを収録したケン・リュウの短編集『生まれ変わり』(翻訳:古沢 嘉通、幹遙子、大谷真弓) は早川書房から発売中。

早川書房
¥2,530 (2022/06/28 00:35:57時点 Amazon調べ-詳細)

2021年2月3日にハヤカワ文庫SFで発売された『生まれ変わり』からの傑作選集『神々は繋がれてはいない ケン・リュウ短篇傑作集6』(翻訳:古沢嘉通、幹遙子、大谷真弓) にも「神々」三部作は収録されている。

Source
Tribeca Film / Deadline 1 / Deadline 2 / Deadline 3

ケン・リュウの短編小説では、『もののあはれ』収録の「円弧」が『Arc』として日本で実写映画化されている。

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 『ホワット・イフ…?』第8話ではアイツが襲来! あのラストが回収される (登場人物のネタバレあり)

    2. ネタバレ解説『バッド・バッチ』第9話 ドラマ『ボバ・フェット』に向けて重要な伏線が あらすじ&考察

    3. 『DEVILMAN crybaby』飛鳥了に再びスポットライト 米FANDOMで「2018年アニメの最も非道な行為」に選出

    4. 【最終話 ネタバレ解説】『BNA ビー・エヌ・エー』第12話 何が美しいかは自分で決める【あらすじ・レビュー・感想】