2020年のヒューゴー賞発表! 長編部門はアーカディ・マーティーン、中編部門にN・K・ジェミシン、『モンストレス』は四連覇ならず(受賞リスト掲載) | VG+ (バゴプラ)

2020年のヒューゴー賞発表! 長編部門はアーカディ・マーティーン、中編部門にN・K・ジェミシン、『モンストレス』は四連覇ならず(受賞リスト掲載)

© The Hugo Awards

ヒューゴー賞2020 発表!

SFファンタジー界における最高賞の一つ、ヒューゴー賞の2020年の受賞作品および受賞者が発表された。ヒューゴー賞の発表は例年、世界SF大会=ワールドコンの中で行われるが、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、2020年のワールドコン“CoNZealand”は史上初のバーチャル開催に。2020年はヒューゴー賞の授賞式もバーチャル開催となり、受賞者はリモートで自宅などから受賞のスピーチを行った。

長編部門は

2020年のヒューゴー賞長編小説部門に選ばれたのは、アーカディ・マーティーンの『A Memory Called Empire』。アーカディ・マーティーンはクィアのユダヤ系アメリカ人作家で、歴史家でもある。『A Memory Called Empire』は長編デビュー作であり、いきなりのヒューゴー賞初受賞となった。

テッド・チャンの『息吹』もノミネートされた中編小説部門は、N・K・ジェミシンの「Emergency Skin」が受賞。中長編小説部門は、アマル・エル=モータル&マックス・グラッドストーンの「This Is How You Lose the Time War」がネビュラ賞とのダブルクラウン、英国SF協会賞とローカス賞を合わせた4冠を達成した。短編小説部門にはS・L・ファンの「As the Last I May Know」が選ばれている。

『モンストレス』は四連覇逃す

グラフィックストーリー部門はネディ・オコラフォ、タナ・フォード、ジェームズ・デヴリンの『LaGuardia』に贈られた。昨年まで三連覇を達成していたマージョリー・リュー&タケダ サナの『モンストレス』は四連覇はならなかった。『LaGuardia』の原作を手掛けたネディ・オコラフォは、小説『Binti』で2016年のヒューゴー賞中長編小説部門を受賞している。

関連作品部門 (Best Related Work)には、ジャネット・ン (吳志麗) による2019年のジョン・W・キャンベル新人賞 (現アウトスタンディング新人賞) の受賞スピーチが選ばれた。ジョン・W・キャンベルの生前の差別的な言動を改めて指摘し、同賞からその名を外す大きな力になったスピーチである。

長編映像部門はドラマ『グッド・オーメンズ』に、短編映像部門はドラマ『グッド・プレイス』シーズン4第9話の「答え」に贈られた。

半商業誌が対象となるセミプロジン部門では、『Uncanny Magazine』が五連覇を達成。プロアーティスト部門は、イラストレーターの清水裕子が2年連続のノミネートとなったが、2012年にも同部門を受賞したジョン・ピカシオが選ばれた。

ヤングアダルト向けのSFファンタジー小説を対象にしたロードスター賞には、ナオミ・クリッツァーの『Cat Fishing on CatNet』が、アスタウンディング新人賞にはR・F・クァンが選ばれている。

また、毎年行われるSF関係者の追悼セレモニーでは、京都アニメーションにおける放火事件の被害者にも追悼が捧げられた。

2020年のヒューゴー賞受賞者および受賞作品は以下の通り。

長編小説部門

アーカディ・マーティーン
『A Memory Called Empire』

中長編小説部門

アマル・エル=モータル&マックス・グラッドストーン
「This Is How You Lose the Time War」

中編小説部門

N・K・ジェミシン
「Emergency Skin」

短編小説部門

S・L・ファン
「As the Last I May Know」

シリーズ部門

ジェームズ・S・A・コーリイ
「The Expanse」

関連作品部門

ジャネット・ン
「“2019 John W. Campbell Award Acceptance Speech”」

グラフィックストーリー部門

ネディ・オコラフォ、タナ・フォード、ジェームズ・デヴリン
『LaGuardia』

¥1,954 (2020/11/24 04:56:23時点 Amazon調べ-詳細)

長編映像部門

ニール・ゲイマン、ダグラス・マッキノン
『グッド・オーメンズ』

短編映像部門 (90分以内)

ダニエル・スコフィールド、ヴァレリア・ミリャッシ・コリンズ
『グッド・プレイス』シーズン4第9話「答え」

短編編集者部門

エレン・ダトロウ

新紀元社
¥2,750 (2020/11/23 13:22:51時点 Amazon調べ-詳細)

長編編集者部門

ナーヴァ・ウォルフ

プロアーティスト部門

ジョン・ピカシオ

セミプロジン部門 (半商業誌)

リン・M・トーマス、マイケル・ダミアン・トーマス、ミチ・トロタ、エリカ・エンサイン、スティーブン・スチャパンスキー、エルサ・スジャネソン=ヘンリー、ドミニク・パリシャン
『Uncanny Magazine』

ファンジン部門(非商業誌)

アナ・グリロ、テア・ジェームス
「The Book Smugglers」

ファンキャスト部門(非商業オーディオ・ビデオ部門)

アナリー・ニューイッツ、チャーリー・ジェーン・アンダーズ
『Our Opinions Are Correct』

ファンライター部門(非商業ライター)

ボギー・タカーチ

ファンアーティスト部門(非商業アーティスト)

エリーサ・メテセン

ロードスター賞

ナオミ・クリッツァー
『Cat Fishing on CatNet』

アスタウンディング新人賞

R・F・クァン

 

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。
お問い合わせ

関連記事

  1. ハリウッドで広がる”5050×2020″ムーブメント「2020年までに性差別撤廃を」——ベネチア映画祭でギレルモ・デル・トロ監督が改めて提言

  2. “京都SFフェスティバル2018”開催 豪華出演者登場で立ち見も出る大盛況

  3. マズ・カナタ役のルピタ・ニョンゴ「スター・ウォーズ」のすごさを知らなかった「ケニアでは休日の映画」【スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け】

  4. 【あらすじ】ロバート・ダウニー・Jr.主演の『ドクター・ドリトル』は原作小説を踏襲、ドリトル先生と動物たちの大冒険描く【予告編・みどころ】