【コミコン2018】マーベルの発表まとめ その1【スパイダーマン、アイアン・フィスト、10周年記念グッズ】 | VG+ (バゴプラ)

【コミコン2018】マーベルの発表まとめ その1【スパイダーマン、アイアン・フィスト、10周年記念グッズ】

via: ©2018 Marvel All Rights Reserved.

今年もサンディエゴ・コミコンが開催!

気になるマーベルの発表は?

米時間の7月19日から22日にかけ、サンディエゴで毎年恒例の「コミコン」が開催された。大物クリエイターやアーティスト、ハリウッド俳優、そして世界中のポップカルチャー・サブカルチャーファンが集結し、今年も大いに盛り上がりを見せた。そんな中でも、今やアメコミ界の王様の地位を確固たるものにしたマーベルは、今年はどんな発表を行ったのだろうか。動画を交えて振り返ってみよう。

ドラマ『アイアン・フィスト』シーズン2のトレーラーを公開

マーベルが手がける同名コミックが原作のドラマ『アイアン・フィスト』について、シーズン2のトレーラーが公開された。Netflixでの公開日も、9月7日と発表されている。

PS4『Marvel’s Spider-Man』のストーリー・トレーラーを公開

PS4用ソフト、『Marvel’s Spider-Man』のストーリー・トレーラーが公開された。映画さながらの重厚な世界観を思わせる一方で、複数の名ヴィランが登場するゲームならではの贅沢なシナリオの作品に仕上がったようだ。『Marvel’s Spider-Man』は、『アイアン・フィスト』シーズン2と同じく、9月7日のリリースを予定している。

マーベルが手がけるゲームでは、スーパーヒーローの視点での戦いを体験できるVRゲーム『MARVEL Powers United VR』や、200種類以上のキャラクターが登場するカードゲームアプリ『MARVEL Battle Lines』のトレーラーも公開された。マーベルが、映画やコミック、ドラマだけでなく、ゲーム界でも広範な展開を見せていることを印象付けた。

マーベル映画10年の歴史を辿る『Marvel Studios: The First Ten Years』の表紙を公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)映画第一号作品『アイアンマン』(2008)の公開から10周年を記念して発売される、『Marvel Studios: The First Ten Years』の表紙が公開された。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)や『ブラックパンサー』(2018)のビジュアルを手がけた、ライアン・メイナーディングによるデザインだ。同書では、マーベル映画10年の舞台裏が描かれるという。

限定レプリカグッズ「マーベル・マスターワークス・コレクション」を公開

マーベルの小道具担当の責任者であるラッセル・ボビット監修の下、マーベル映画10周年を記念したレプリカグッズの発売が発表された。「キャプテン・アメリカの盾」、「アイアンマン マーク1の頭部」、「(ティ・チャラの父)ティ・チャカの指輪」など、マーベル映画ファンにとっては思い入れの深いものばかり。いずれも限定生産で販売される。


サンディエゴ・コミコン2018でマーベルから発表された内容のごく一部をご覧頂いた。マーベルスタジオの第一作目、『アイアンマン』の公開から10年という節目とあって、10周年記念関連の発表が目立っている印象だ。コミコンでのマーベルの発表は、まだまだ盛り沢山。引き続き、サンディエゴ・コミコンでのマーベルによる発表内容をまとめてお届けしていく。

Source
Marvel.com

VG+編集部

映画から漫画、ゲームに至るまで、最新SF情報と特集をお届け。 お問い合わせ

    関連記事

    1. 2020年のヒューゴー賞発表! 長編部門はアーカディ・マーティーン、中編部門にN・K・ジェミシン、『モンストレス』は四連覇ならず(受賞リスト掲載)

    2. 『ブラックサッド』8年ぶりのシリーズ新作が2021年10月に刊行! ハードボイルド・バンドデシネの傑作!

    3. “ワニロキ”がNFTで登場! ドラマ『ロキ』よりVeVeがデジタルアイテムをリリース 最高クラスは800体限定

    4. スティーヴ・アオキのSFアート「Neon Future」がNFTで発売 「攻殻機動隊」に影響受けた世界観